とどヶ埼灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「魹ヶ埼灯台」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
魹ヶ埼灯台
Todogasaki Lighthouse.jpg
とどヶ埼灯台の位置(日本内)
とどヶ埼灯台
位置 北緯39度32分54秒
東経142度04分19秒
座標: 北緯39度32分54秒 東経142度04分19秒
所在地 岩手県宮古市
レンズ 三等大型フレネルレンズ
灯質 単閃白光 毎15秒に1閃光
実効光度 530,000カンデラ cd
光達距離 20.5海里(約 38 km
塔高 34 m (地上 - 塔頂)
初点灯 1902年(明治35年)3月1日
管轄 海上保安庁第二管区海上保安本部(釜石海上保安部)

魹ヶ埼灯台(とどがさきとうだい)は、本州最東端の地として知られる岩手県宮古市魹ヶ崎北緯39度32分 東経142度04分)に位置する灯台である。「魹」の字が難しいことから、「とどヶ埼灯台」と表記されることもある。

特徴[編集]

北海道に向かう船舶にとって、大きな目印になる灯台であり、三陸海岸にある灯台の中でも一際明るい。南から魹ヶ埼灯台を過ぎると、間もなく宮古湾が大きく口を開け、夜になると、湾奥に美しい宮古市の夜景を見ることができる。

1957年(昭和32年)に発表された映画『喜びも悲しみも幾歳月』(木下惠介監督)は、魹ヶ埼灯台で7年間を過ごした灯台守の妻である田中キヨの手記をもとに製作された。

日本の灯台50選の認定を受けている。また、灯台放送(船舶気象通報)を行っている灯台の1つ。

歴史[編集]

  • 1902年(明治35年)3月1日初点灯[1]
  • 太平洋戦争で焼失
  • 1950年(昭和25年)再建された。
  • 1966年(昭和41年)3月 宮古市の職員が宿直により管理するようになる
  • 1996年(平成8年)3月 無人化。宮古市小山田の岩手航路標識事務所から職員が時々見回りに来るのみとなる
  • 2016年(平成28年)9月 灯台に設置されていた船舶気象通報施設が廃止になる予定[2]

交通アクセス[編集]

魹ヶ埼灯台入り口

灯台までは徒歩でしか通行できず、入口より 3.8 km 、徒歩でおよそ1時間10分程度の道のりである。入口付近のみ舗装されているが、その先は傾斜のある無舗装の道が続くため、灯台を目指す際は、底の厚い靴、長袖長ズボンを着用することが望まれる。

脚注[編集]

  1. ^ 明治35年逓信省告示第126号(『官報』第5598号、明治35年3月6日、p.97
  2. ^ 海上保安庁が実施する情報提供業務の一部終了について(PDF) - 海上保安庁交通部 (2016年5月) ※茨城県水産試験場漁業無線局ホームページでの掲載(2016年7月12日閲覧) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]