WordPerfect

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Corel WordPerfect
開発元 コーレル
最新版 X6 / 2012年04月26日(2年前) (2012-04-26
プラットフォーム クロスプラットフォーム
種別 ワードプロセッサ
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト WordPerfect Website
テンプレートを表示

WordPerfect は、プロプライエタリワードプロセッサソフトウェア。1980年代末から1990年代初めにかけて、デファクトスタンダードの地位に登りつめたが、その後 Microsoft Word の台頭によって売り上げを減らしている。MS-DOS版と Microsoft Windows 版がよく知られているが、非常に様々のプラットフォームやオペレーティングシステム上に移植されており、Mac OSLinuxApple IIe版、Apple IIgs 版、各種UNIX版、VMSSystem/370版、AmigaOSAtari ST 版、OS/2NeXTSTEP などで動作した。

現在も開発が続けられているのは、Windows 版のみで、Corel WordPerfect Office の一部として販売されている。

WordPerfect for DOS[編集]

WordPerfect を最初に開発したのは、Satellite Software International, Inc. をユタ州に創設した Bruce Bastian と Alan Ashton であった。同社は後に社名を WordPerfect Corporation に改称している。最初のバージョンはデータゼネラルミニコンピュータ向けで、それを1982年に IBM PC に移植した WordPerfect 2.20 が登場した。バージョン番号はデータゼネラル版と連続している。

人気を得るようになったのは、1986年の WordPerfect 4.2 からであった。このバージョンでは、段落の自動番号付け機能や脚注の自動的な配分(多い場合に次のページに一部をまわす)といった機能を持っていた。WordPerfect 4.2 は当時最も人気のあった WordStar からトップの座を奪い取った。

1989年、最も成功した WordPerfect 5.1 for DOS がリリースされた。このバージョンではMacintosh風のプルダウンメニューを採用し、表計算ソフトのような作表機能も備えていた。WordPerfect 6.0 for DOS では、従来型のテキストモードとグラフィックスを使ったWYSIWYGモードを備え、ボールド体、アンダーライン、イタリック体といったテキスト効果が表示可能であった。

主な特徴[編集]

  • ストリーミング・コード・アーキテクチャ - HTMLCSSのようなフォーマットを採用。HTMLのように入れ子になったタグで文書の設定を保持する。
  • スタイルとスタイルライブラリ - ストリーミング・コード・アーキテクチャに対応したスタイルシートに相当する部分。WP 5.0 から。
  • Reveal Code - タグなどを表示する補助エディタ画面。この画面で表示される各種トークンをクリックすることで、スタイルエディタなどが起動でき、非常に細かい編集が可能。
  • 高機能なマクロ言語。後に PerfectScript となる。
  • 各種プリンタドライバを同梱し、プリンタドライバエディタ PTR でユーザーが独自のプリンタドライバを開発可能。なお、WordPerfect は独自の文字コードを内部で使用していた。

WordPerfect Library/Office[編集]

WordPerfect Corporation は、付随するスピンオフ製品として1986年に WordPerfect Library をリリースし、後に WordPerfect Office と改称した。これは、WordPerfect と共に使えるネットワークユーティティやスタンドアロンユーティリティの集まりであり、NetWare を使っているオフィスでの利用を想定していた。以下のようなユーティリティが含まれる。

  • Shell - タスクスイッチャー。Windows 3.x にほぼ匹敵し、しかもWindowsよりも安定していた。
  • Calculator - 電卓機能
  • Notebook - フラットファイル型データベース
  • DataPerfect - 関係データベース

なお、後にコーレルがWordPerfectを取得し、WordPerfect Office の名称をオフィススイートの名称として再利用している。

WordPerfect for Windows[編集]

WordPerfect の Windows 版の登場は遅かった。1991年には WordPerfect 5.1 for Windows がリリースされたが、DOSからインストールする必要がある上、安定性に重大な問題があった。1992年には、安定動作する 5.2 がリリースされたが、すでに Microsoft Word for Windows version 2 がリリースされてから1年が経過していた。WordPerfect のファンクションキーを中心としたインタフェースは Windows に馴染まず、各種キーの組み合わせも Windows 自身のキーボードショートカットと非互換を生じていた(例えば、Alt-F4 は「プログラム終了」だが、WordPerfect では 「ブロックテキスト」)。力を入れていたプリンタドライバも Windows では不要となってしまった。

Windows 版でも WordPerfect は独自の文字コードを内部的に使用していた。このため、中国語など Windows が対応した言語に対応できない事態が発生した。

WordPerfect Corporation は1993年、ボーランドとの相互ライセンス契約を締結し、WordPerfect はオフィススイート Borland Office の一部となった。これには、他に Quattro ProBorland Paradox、WordPerfect Office が含まれていた。その後、この製品ラインは1994年6月にノベルに売却され、1996年1月にコーレルに売却された。ただし、ノベルは WordPerfect Office を売却せず、その技術を GroupWise に流用した。

その後も WordPerfect はトラブルに見舞われた。Windows 95のリリースから9カ月後の1996年5月、32ビット版の WordPerfect 7 がリリースされた。これは安定動作せず、マイクロソフトから "Designed for Windows 95" のロゴも取得できなかった。さらに、最初の WordPerfect 7 は Windows NT で動作しなかった。NT 対応の WordPerfect 7 は遅れ、1997年にリリースされたときには NT 4.0 がリリースされて6カ月が経過していた。

マイクロソフトは、Word をプリインストールするメーカーには Windows をディスカウントするという作戦でシェアを伸ばしていった。WordPerfect は主に司法関係と学術関係で生き延びている。例えば、2005年にもアメリカ合衆国司法省が WordPerfect を大量に購入した[1]。2004年11月、ノベルはマイクロソフトを反トラスト法違反で訴えた[2]

WordPerfect for Macintosh[編集]

Macintosh 向けの WordPerfect は他のオペレーティングシステム向けとはバージョン番号等も異なっていた。最初の1.0版はDOS版などのユーザー向けであり、それほど成功しなかった。2.0版は完全な書き換えがなされ、Mac OS の UI ガイドラインにより準拠するよう改良された。3.0版はその方向性をさらに推し進めていった。1995年にリリースされた3.5版と若干の改良を施した3.5e版(1997年)を最後として、Macintosh版は開発されていない。2004年、コーレルは改めて WordPerfect for Macintosh を開発する予定がないことを明らかにした。

数年間、コーレルは3.5e版をウェブサイト上で公開し、無料でダウンロード可能にしていた。ただし、PowerPC版Mac上のクラシック環境で動作するソフトウェアであるため、インテル版Macでは SheepShaver などのエミュレータを必要とする。最新のWindows版を使いたい場合は、Boot Camp を使って Windows をインストールするか、Darwineなどで Windows API をエミュレーションする方法がある。

WordPerfect for Linux[編集]

1996年、カルデラがインターネットオフィスパッケージの一部としてLinux版WordPerfectをリリースした。草創期の商用Linux市場に足場を作ろうとしたコーレルも、独自のLinuxディストリビューション(Corel Linux)を開発した。

Linuxディストリビューション自体は好意的に受け止められたが、WordPerfectへの反応は様々であった。有名なアプリケーションがLinuxに移植されたことを単純に喜ぶ向きもあったが、オープンソースコミュニティの反応は冷ややかであったし、OpenOffice.orgのようなフリーなソフトウェアが主流の市場で、プロプライエタリなワードプロセッサがどれだけ支持されるかが疑問視された。また、WordPerfect 9.0 はネイティブなLinuxアプリケーションではなく、Windows版をWine上で動作させるもので、安定性が批判の的となった。

結局、WordPerfect はLinux市場では受け入れられず、コーレルの方針転換もあって、9.0(2000年)を最後として開発が終了し、Linuxディストリビューションも Xandros に売却された。2004年4月、コーレルは最後のLinuxネイティブ版だった 8.1 を若干改良して、Linux市場の調査を兼ねてリリースした。2005年以降、WordPerfect for Linux は販売されていない。

バージョン[編集]

Data General DOS Apple II Amiga VAX/VMS Macintosh NeXT Windows Unix Linux Java
1980年 1.0
1981年
1982年 2.0 2.2
1983年 3.0
1984年 4.0
1985年 4.1 1.0
1986年 4.2 1.1 / 2.0
1987年 4.1 4.1
1988年 4.2 5.0 4.2, Office* 1.0 - 1.0.7 4.2
1989年  ?* 5.1 2.1e (final) 5.0
1990年 2.0
1991年 1.0.1 5.1
1992年 2.1 5.2 5.1
1993年 6.0 3.0 6.0
1994年 5.1+ 3.1 5.2+, 6.1 6.0
1995年 6.1 3.5
1996年 7.0 (32-bit) 6.0
1997年 6.2 3.5e 8.0, 7.0 (16-bit) WordPerfect for Java
1998年 7.0
1999年 9.0 * 8.1
2000年 9.0
2001年 10.0 *
2003年 11.0 *
2004年 12.0 *
2006年 X3 * (13.0)
2008年 X4 * (14.0)
2010年 X5 * (15.0)
2012年 X6 * (16.0)

(* - WordPerfect Office の一部)

  • VAX/VMS版には 5.3[3]と7.1[4]もあるが、リリース時期不明。
  • SunOSまたはSolaris版として 6.0 があったが、リリース時期不明。
  • IBM System/370 版として 4.2 が1988年にリリースされた。
  • OS/2 版として 5.0 が1989年にリリースされた。
  • DEC Rainbow 100 版が1983年11月にリリースされている。

上記以外のバージョンとして、Apricot、Atari ST、DEC Rainbow、Tandy 2000、TI Professional、Victor 9000、Zenith Z-100 向けがあった。また、30種類以上のUNIX向けも存在した(AT&T、NCR、SCO Xenix、Microsoft Unix、DEC Ultrix、Pyramid Tech Unix、Tru64、AIX、Motorola 8000、HP9000、SUN 3 など)。

最新版(X3以降)[編集]

2006年1月17日、コーレルは WordPerfect X3 を発表した。コーレルはOASISのオリジナルメンバーでもあり、OpenDocumentの仕様策定にも深く関わっている。しかし、OpenDocumentOffice Open XML のサポートはされず、ベータ版のリリースにとどまっていた[5]

2008年4月、コーレルはオフィススイート WordPerfect Office X4 をリリースした。これに含まれる新しい WordPerfect では、PDFOpenDocumentOffice Open XMLがサポートされている。

2010年3月、コーレルはオフィススイート WordPerfect Office X5 をリリースした。これに含まれる新しい WordPerfect では、PDFOpenDocumentOffice Open XML に対するサポートの強化のほか、Microsoft Windows 7への対応などがなされた。

2012年4月、コーレルはオフィススイート WordPerfect Office X6 をリリースした。これに含まれる新しい WordPerfect では、マルチ・ドキュメント/モニタ機能や新しいマクロ機能、Windows 8プレビュー版のサポート、eBookパブリッシャーが含まれる。[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]