AbiWord

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AbiWord
AbiWord icon
Abiword 2.4.png
AbiWord 2.4.2
開発元 The AbiWord Team
初版 1998年12月01日 (1998-12-01)
最新版 2.8.6 - 2010年06月13日(4年前) (2010-06-13[±]
最新評価版 2.9.4 - 2012年11月25日(21か月前) (2012-11-25[±]
プログラミング言語 C++
対応OS クロスプラットフォーム
対応言語 多言語
サポート状況 開発中
種別 ワープロソフト
ライセンス GNU General Public License[1]
公式サイト AbiWord Home
テンプレートを表示

AbiWord(アビーワード)は、フリーでオープンソースワードプロセッサGNOME Officeに含まれる。ライセンスはGPL[1]。"AbiWord"の"Abi"は、スペイン語の"abierto"に由来し、“オープン”を意味する[2]

対応OSは、LinuxWindowsMac OS X (PowerPC)、ReactOSBeOSAmigaOS 4.0 (Cygnix X11エンジン経由)である。

特徴[編集]

AbiWordは、文書フォーマット、表、脚注の表示やインデックスの自動作成等の基本的な機能を備える。ユーザインタフェースはMicrosoft Wordに倣っている。ソフトウェアはクロスプラットフォームに対応している。機能の拡張はプラグインによって可能であり、また、他のオフィススイートと簡単にデータを交換することができる。多言語で利用でき、30の言語の辞書が用意されている。MathMLをサポートしており、数式の挿入が可能。また、Wikipediaのプラグインが含まれており、記事を受信することができる。

インポート・エクスポート可能なファイル形式は、Rich Text Format (.rtf)、Microsoft Word (.doc)、 OpenDocument Text (.odt)、Office Open XML (.docx)、HTMLLaTeXである。このアプリケーション固有のフォーマットはXML形式である。

Windows用にポータブルアプリケーションが用意されており、このバージョンでは、アプリケーションをインストールすることなく、ハードディスクまたはUSBメモリから起動できるように設計されている。バージョン2.4.2からはNokia 770 Internet Tabletをサポートする。

歴史[編集]

AbiWordは本来、SourceGear Corporationフリーソフトウェアとして公開する予定であったオフィススイート“AbiSuite”の1つのコンポーネントとなる予定であったが、SourceGearは次第に経営を利益追求モデルへと移行したため、現在AbiWordプロジェクトはボランティアにより運営されている。

マサチューセッツ工科大学で行われているOne laptop per childプロジェクトにおいて、AbiWordが標準のワードプロセッサとして100ドルパソコン($100 Laptop)にインストールされる予定である[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b AbiWord License” (英語). The AbiSource community (2010年). 2010年7月10日閲覧。
  2. ^ Project Mascot Abi the Ant. Page explains Abi is pronounced just like "Abby"
  3. ^ プロジェクトのホームページ:Abiword on OLPC

関連項目[編集]

外部リンク[編集]