GNU TeXmacs

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GNU TeXmacs
開発元 GNU project
最新版 1.99.1 / 2014年04月14日(4か月前) (2014-04-14
対応OS LinuxWindowsMacUnix系のOS[1]
種別 ワープロ
ライセンス GPL [2]
公式サイト http://www.texmacs.org
テンプレートを表示

GNU TeXmacsGNUプロジェクトで開発されている科学技術に特化したワープロまたは組版フリーソフトウェアである。TeXmacsはその機能にTeXGNU Emacsの長所を取り入れており、ソースコードはどちらからも独立して書かれているが、TeXのフォントを利用する[3]。TeXmacsはJoris van der Hoevenが開発、メンテナンスを行っている。TeXmacsを使うことで、WYSIWYGなGUIで構造化された文書を作成できる。また文書スタイルを新しく定義することもできる。TeXmacsは高品質な組版アルゴリズムとTeXフォントにより、商用に耐えうる品質の文書を生成することができる。

特徴[編集]

TeXmacsは数式を扱うことができ、MaximaSageなどの多数の計算機代数システムのフロント・エンドとして利用することができる。またScheme言語インタープリタGNU Guileを使った拡張機能が可能で、カスタマイズや機能の追加をすることができる。

Microsoft Wordなどの他のWYSIWYGなワープロソフトと同様、TeXmacsを使って印刷されるイメージをディスプレイ上で見ながら作業ができる。TeXmacsの開発方針は、美しく組版できる文書構造の正しい文書を書くことができるようにすることである。TeXmacsはLaTeXのフロント・エンドではないが、TeXmacs文書をLaTeXまたはTeXに変換することができる。一方、HTMLMathMLXML のサポートは現在開発中である。

TeXmacsは現時点で、LinuxFreeBSDCygwinMac OS Xなど多くのUnix系オペレーティングシステムで実行できる。Cygwin 版では、Windows で使えるネイティブ版のベータ版が利用できる。

TeXmacsはまたプレゼンテーション・ソフトウェアとしての機能も持っており、将来はスプレッド・シートや描画機能を持つオフィス・スイートとして統合する構想もある。

サポートするソフトウェア[編集]

Yacas の利用例

以下のソフトウェアを、TeXmacsのバックエンドとして利用することができる。

プログラミング言語: CLISPCMUCLPythonQclRシェル

計算機代数ソフトウェア: AxiomGiacMacaulay 2MathematicaMaximaMuPADPARI/GPREDUCEYacas

行列計算: MATLABGNU OctaveScilab

プロット描画プログラム: gnuplotGraphvizXYpicMathemagix

その他: DraTeXEukleidesGTybaltLush

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.texmacs.org/tmweb/download/download.en.html
  2. ^ http://www.texmacs.org/tmweb/about/authors.en.html
  3. ^ FSF GNU projectのFAQ(英語)

外部リンク[編集]