REDUCE (数式処理システム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
REDUCE
開発元 Sourceforge
最新版 20101007 / 2010年10月7日(3年前) (2010-10-07
プログラミング言語 LISP
対応OS クロスプラットフォーム
種別 計算機代数
ライセンス 修正BSDライセンス
公式サイト [1]
テンプレートを表示

REDUCE は汎用の計算機代数アプリケーションであり、主に物理学における利用を想定して開発された。

1960年代にアンソニー・C・ハーンによって開発が始められ、以来彼の主導の元、多くの国から様々な研究者が開発に関わっている。

REDUCEは、REDUCE用に実装されたLISP方言で書かれており、そのLISP方言はStandard LISPと呼ばれている。またRLISPと呼ばれるALGOLに似た構文で記述される。後者は、REDUCEのユーザレベルの言語のベースとして使われている。

REDUCE は多くの UNIXLinuxMicrosoft WindowsApple Macintosh システム上に実装されている。この移植性の高さは Portable Standard LISP (PSL) または Codemist Standard LISP (CSL) を用いることで実現されている。

REDUCE はかつては $695 で販売されていたが、2008年12月にオープンソース化され、現在は修正BSDライセンスにしたがった利用、配布が認められている。また Sourceforge において開発が続けられている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]