MuPAD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

MuPADミューバッド)とは、ドイツのPaderborn大学で開発された数式処理システムである。販売元のSciFace等よりダウンロードで入手することができ、WindowsLinuxMacOSSolaris などのプラットフォームで動作する。
数式処理以外に、充実した2次元および3次元のグラフィック表示や、数値計算なども行うことができる。

現在は商用のシステムのみであるが、以前はバージョンによっては学生、教育関係者、非営利での個人などが無料で利用できた。ほとんどのバージョンは、英語またはドイツ語版でのみであるが、2004年6月よりSciFaceの国内販売代理店ライトストーンより日本語版を入手できるようになった。

なお、MuPADは、Multi Processing Algebra Data Toolの略である。

2008年10月現在(正式な日付わかりません)MathWorks社が買い取ったため,MuPADとしての単独製品はなくなり,Matlab上のtoolboxのひとつSymbolic Math Toolboxとなった模様. ただ,サポートはMathWorks社で受け付けているとのこと.

参考図書[編集]

日本語での参考図書は極めて少ない。

  • 『はじめてのMuPAD MuPAD Pro2.0 for Windows』(赤間世紀 著、ISBN 4431709460)
  • 『MuPADで学ぶ基礎数学』(赤間世紀, 山口喜博 著、ISBN 4621074652
  • 『基礎からのMuPAD―安価で人気の「数式処理システム」を使いこなす! 』(生越 茂樹 著、ISBN 4777510840

外部サイト[編集]