SheepShaver

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SheepShaver
SheepShaver icon
開発元 クリスチャン・バウアー
Gwenole Beauchesne
最新版 2.3pre / 2006年5月14日
対応OS Linux, Windows, Mac OS X
種別 エミュレータ
ライセンス GPL
公式サイト Official SheepShaver Homepage
テンプレートを表示

SheepShaver(シープシェイバー)はオープンソースPower Macintoshエミュレータである。最初はBeOSLinux用に設計された。この名前は(Basilisk IIによって時代遅れとなった)Macintosh IIエミュレータのShapeShifter(同名のサードパーティー製Mac OS X用環境設定パネルとは別)に掛けたものである。SheepShaver(およびShapeShifter)プロジェクトは当初クリスチャン・バウアーが発案してプログラムを作成した。しかしその後は、SheepShaverの主要な開発者は、グウェノレ・ボーシェヌ (Gwenolé Beauchesne) となっている。

SheepShaverは当初1998年に初めてリリースされたときは商用ソフトウェアであったが、BeOSのメーカーであるBe社の消滅後、2002年にオープンソースとなった。PowerPCとx86の両方のシステム上で動作する。しかし、x86システムでの動作はPowerPCシステムより低速である。

SheepShaverはWindowsにも移植された。Mac OS XPowerPC版およびIntel Mac版も公開された。Intel Mac用の完全なインストールはここにある。

Mac OS 7.5.2から9.0.4までが動作し(ただしMac OS 8.1かそれ以下を走らせるにはOld World ROMイメージが必要)、利用者がクラシックMac OSのアプリケーションをBeOSやLinuxやWindowsのアプリケーションと同時に動かせるように、ウィンドウ内で動かすことができる。

SheepShaverにはイーサネットサポートとCD音質の音声出力があるが、SheepShaverはBasilisk IIの場合と同様、メモリ管理ユニット (MMU) をエミュレートせず、そのためMac OS 9のより新しいバージョンやMac OS Xのいかなるバージョンも動かない。これらのOSに対する最善のエミュレータはPearPCである。現時点でSheepShaverの開発者にMMUのエミュレーションを追加する予定はない。MMUのエミュレーションはエミュレータの性能改善にとって邪魔だからである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]