nano (テキストエディタ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GNU nano
nano テキストエディタ バージョン 1.3
nano 1.3
開発元 Previously Chris Allegretta and currently David Lawrence Ramsey
最新版 2.2.6 / 2010年11月22日(3年前) (2010-11-22
プラットフォーム クロスプラットフォーム
種別 テキストエディタ
ライセンス GNU General Public License
公式サイト nano-editor.org
テンプレートを表示

nanoは、UNIXを中心としたシステムで使われる、cursesを使ったテキストエディタの一種である。

スクリーンエディタの一種でありながら、CUIを用いて編集を行なうことが可能である。スクリーンエディタとして有名なものは既に多数存在するが、このエディタの特色は、その操作方法がWYSIWYGに慣れたユーザにとって分かりやすいため、初心者でも比較的容易に扱うことが可能という点にある。

開発の経緯[編集]

nano は、改変再配布に制限のあったと解釈された pico (メーラーpineに付属するテキストエディタ) をひな型として開発されたフリーなソフトウェアである。現在、GNUの公式なプロジェクトの1つに含まれるようになっている。

ライセンス[編集]

nano は、GPLのもとで配布されている。

使用上の特徴[編集]

nano は、vi と異なって、起動すれば即キーボードより文字入力が可能であり、直感的な操作が可能である。入力位置はカーソルキーを使って自由に指定が可能である。 ファイルの読み書きや検索のようなコマンドはコントロールキーまたはメタキーの組み合わせによって実行するが、常に画面の下部に主要なキー割り当てが表示されているため、操作方法を知らないユーザでも扱う事が出来る。それ以外のキー割り当てについては、^G(ヘルプ)を押すことで知ることができる。 最近の主要なLinuxディストリビューションやOS Xでは標準で同梱されているが、Emacsvimといった高機能なエディタに比べて、機能面では制約がある。

nanoの元になったpicoは、1ファイルのみが編集できる単純なエディタであったが、nanoでは大きく拡張されており、バッファを切り替えて複数のファイルが編集できたり、検索に正規表現が使えたり、シンタックスハイライトに対応するなど、必ずしも単純とは言えないエディタになっている。

外部リンク[編集]