Sound Juicer

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sound Juicer
Sound juicer logo.svg
Sound juicer-cdplaying-ja.png
スクリーンショット: Sound Juicer 2.14.6
開発元 Ross Burton
最新版 2.32.0 / 2010年9月28日
最新評価版 2.31.6 / 2010年8月4日
対応OS Linux, Solaris, BSD, other Unix-like
種別 CD リッパー
ライセンス GPL
公式サイト burtonini.com/blog/computers/sound-juicer
テンプレートを表示

Sound Juicer(サウンド・ジューサー)は、CD リッパーである Cdparanoia ライブラリを使用するグラフィカルなフロントエンドである。このアプリケーションは、音楽CDの取り込みや、コンピューターあるいはデジタル・プレーヤー用にオーディオ・ファイルを変換することを可能とする。mp3 (via LAME), Ogg VorbisFLAC、非圧縮の PCM フォーマットといった、GStreamer プラグインがサポートするオーディオ・コーデックへとリッピングが行える。

Sound Juicer は、ユーザーが余分な操作をしなくても気軽に使用できるように工夫されている。例えば、利用中のコンピューターがインターネットに接続されているときは、楽曲情報を無料サービスの MusicBrainz から自動的に取得するようになっている。Sound Juicer はフリーソフトウェアであり、かつオープンソースなソフトウェアである。バージョン 2.10 以降、GNOMEに含まれる公式なプロジェクトの一部となった。

バージョン 2.12 以降の Sound Juicer には、CD再生機能が実装されている(掲載のスクリーンショット参照のこと)。

関連項目[編集]