Linuxシンポジウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Linuxシンポジウム(Linux Symposium)は、カナダで年1回開催されるLinuxオープンソースに関するカンファレンスである。100以上の論文発表、チュートリアル、birds of a feather (BoF) セッション、そしてミニサミットが広範なトピックに渡り開催される。2008年には20以上の国から650名以上の参加者が集まった。

以前の開催地オタワに由来し、通常Ottawa Linux Symposium、略称OLSとも呼称されるが、常にオタワで開催されているわけではない。

2009年のシンポジウムは、ケベック州モントリオールで開催されている。

Linuxシンポジウムは、世界で開催されているLinux並びにオープンソースの国際的な主要カンファレンス3つのうちの一つである。残りの二つは、オーストラリアで開催されるlinux.conf.auヨーロッパで開催されるLinux Kongressである。

2011年[編集]

2011年のLinuxシンポジウムは、6月13日から15日までオタワにて開催される予定である。開会のプレゼンテーションは長年Linuxを支持するジョン・"Maddog"・ホールにより行われる。

参加募集(Call for Participation; CFP)は、同年2月1日から3月15日まで受け付けていた。

基調講演者[編集]

ミニサミット[編集]

シンポジウムは、カンファレンスの前にミニサミットを設けている。カンファレンス全ての参加者に開放されており、彼ら個別のプログラムセッションを開ける。2008年には、 VirtualizationSecurity-Enhanced Linux、Kernel Container開発者の為のプログラムセッション、Linux電源管理サブシステム開発そしてLinux無線LANについてという5つのミニサミットが開催された。2009年には、前年と同じくLinux電源管理そして、ログトレースについての2つのミニサミットが開催された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]