Linux Kongress

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Linux Kongressとは世界中のLinux開発者を集め年1回2日間開催されるカンファレンスである[1]。Linuxがまだ開発の初期段階であった1994年より行われている当カンファレンスは、2001年2007年を除き常にドイツで開催されてきた。Linux Kongressは全世界で開催されているLinux、オープンソース関連の3大草の根的国際カンファレンスの内の一つである。他2つはlinux.conf.auLinuxシンポジウムである。

概要[編集]

当カンファレンスは多くの様々なタイプの開発者のために会合の場所を確保している。リーナス・トーバルズアラン・コックスセオドア・ツォーラスティ・ラッセルJames Bottomley[要曖昧さ回避]のようなカーネル開発者、カッレ・ダールハイマー英語版ミゲル・デ・イカザのようなユーザー空間アプリケーション開発者、そしてエリック・S・レイモンドジョン・"maddog"・ホールのようなオープンソースの代弁者たちそれぞれにこのカンファレンスでの演説の席を設けている。

Linux Kongressはカーネル内またはユーザー空間いずれかに関する開発の話題に焦点を当てている。カンファレンスはすべて英語で行われる。近年カンファレンス本プログラムの開催に先立ちチュートリアル・セッションが2日開かれることがある。また通常カンファレンスはGUUG英語版により組織される。

1999年の本カンファレンスは"Storage Management Workshop"と共同で開催された。2000年2001年はカンファレンスの主催であるドイツ連邦科学教育省(現在のドイツ連邦教育研究省英語版ドイツ語版)による支援のもといくつかのワークショップが複数日開催された。また、NLUUG英語版(オランダ)と良き連帯関係を保っている。2009年にはOpenSolaris開発者のカンファレンス、OSDevConと共同で開催している。

開催履歴[編集]

日程 都市 場所 備考
1994年6月30日–7月1日 ドイツの旗 ドイツ ハイデルベルク
1995年5月21日–23日 ドイツの旗 ドイツ ベルリン
1996年5月23日–24日 ドイツの旗 ドイツ ベルリン ハウス・アム・ケールニッシェン・パークドイツ語版、ターグンクスツェントラム、ミッテ(Haus am Köllnischen Park, Tagungszentrum Berlin Mitte)
1997年5月21日–23日 ドイツの旗 ドイツ ヴュルツブルク マリエンベルク要塞近く
1998年6月3日–6日 ドイツの旗 ドイツ ケルン ケルン大学
1999年9月8日–10日 ドイツの旗 ドイツ アウクスブルク アウクスブルク大学ドイツ語版英語版
2000年9月7日–10日 ドイツの旗 ドイツ エアランゲン フリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲン=ニュルンベルク 工学部 NLUUGとの共催
2001年11月28日–30日 オランダの旗 オランダ トゥウェンテオランダ語版英語版 トゥウェンテ大学 NLUUGとの共催
2002年9月4日–6日 ドイツの旗 ドイツ ケルン ケルン大学物理研究所 NLUUGとの共催
2003年10月14日–17日 ドイツの旗 ドイツ ザールブリュッケン ザールラント大学
2004年9月7日–10日 ドイツの旗 ドイツ エアランゲン フリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲン=ニュルンベルク 工学部
2005年10月11日–14日 ドイツの旗 ドイツ ハンブルク ハンブルク大学
2006年9月5日–8日 ドイツの旗 ドイツ ニュルンベルク ゲオルク・ジーモン・オーム大学ニュルンベルク校(Georg Simon Ohm University Nuremberg)
2007年9月2日–5日 イギリスの旗 イギリス ケンブリッジ ユニヴァーシティ・アームズ・ホテル(University Arms Hotel) LinuxConf.euとの共催
2008年10月7日–10日 ドイツの旗 ドイツ ハンブルク ハンブルク大学
2009年10月27日–30日 ドイツの旗 ドイツ ドレスデン ドーリント・ホテル(Dorinth Hotel) OSDevConとの共催
2010年9月21日–24日 ドイツの旗 ドイツ ニュルンベルク ゲオルク・ジーモン・オーム大学ニュルンベルク校

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ About the Linux-Kongress”. www.linux-kongress.org. 2011年8月12日閲覧。

外部リンク[編集]