Kh-25 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kh-25ML/MLT/MR
(NATO識別名称 : AS-10 'Karen')
Kh-25MP (AS-12 'Kegler')
Kh-25ML.jpg
Kh-25ML
種類 戦術空対地ミサイル
対レーダーミサイル (Kh-25MP)
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
運用史
配備期間 1975年-現在
配備先 ロシアの旗 ロシア
開発史
開発期間 1971年-1975年
製造業者 Zvezda-Strela
諸元
重量 Kh-25ML :299 kg (659 lb)[1]
Kh-25MP :315 kg (694 lb)[2]
全長 Kh-25ML :370.5 cm (12 ft 2 in)[1]
Kh-25MP 1VP :425.5 cm (167.5 in)[2]
Kh-25MP 2VP :435.5 cm (171.5 in)[2]
翼幅 75.5 cm (29.7 in)[1]
弾体直径 27.5 cm (10.8 in)[1]

弾頭 高性能爆薬、シェル形
炸薬量 Kh-25MP :86 kg (190 lb)[2]

行動距離 Kh-25ML :10 km (5.4 nmi)[1]
Kh-25MP :up to 40 km (22 nmi)[2]
速度 Kh-25ML :1,370–2,410km/h (850–1,500mph)[1]
Kh-25MP :1,080–1,620km/h (670–1,000mph)[2]
誘導方式 派生機種によってレーザー, パッシブ レーダー, TV, IR, satnav, アクティブ レーダー
発射
プラットフォーム
MiG-21,[3] MiG-23/27,[3] MiG-29,[3] Su-17/20/22,[3] Su-24,[3] Su-25,[3] Su-27[3]
Kh-25MP : MiG-23/27,[4] Su-17/22,[4] Su-24,[4] Su-25[4]

Kh-25 lzbeliye(Х-25、NATOコードネーム AS-10 Karen)は、1960年代末から1970年代にかけて開発されたソビエト連邦ロシア)の第2世代戦術空対地ミサイル。Kh-23/66Grom(NATOコードネーム AS-7 Kerry)の改良版と思われ非常に良く似ている。モジュラー式の誘導装置を備え、射程は10 km.[1]である。対レーダーミサイル仕様(Kh-25MP)の派生機種はNATOでAS-12 'Kegler'として知られ射程は最大40 km.[2] である。Zvezda-Strelaによって設計されたKh-25はレーザー誘導式仕様のKh-23 (AS-7 'Kerry')から派生した機種である。現在は後継機種のKh-38シリーズが受け継ぐがKh-25も幅広く使用される。

開発[編集]

1968年に運用が開始された空対空ミサイルを元に開発されたビームライディング誘導式のKh-66はソビエト連邦にとって初の戦術航空機用空対地ミサイルだった。[5]しかし発射時に航空機は急降下する必要があり運用には困難が伴った。電波指令誘導式の派生機種であるKh-23は1968年に初めて試験されたが誘導装置に問題を抱えており、運用開始までに5年を要した。[6] その為、1971年にセミアクティブレーザーシーカーの派生機種の作業が開始されKh-25になった。[5]これは当初、西側諸国においてKh-23Lとして知られた。[7] 1974年11月24日に試験が開始され、Kh-25は1975年から量産に入った。[5] パッシブシーカーとSUR-73自動操縦装置を使用した[5]Kh-66からの対レーダーミサイル仕様の派生機種の作業は1972年に開始された。[4]

長射程のKh-31対レーダーミサイルも同じ計画から出来た。[5]Kh-27の試験はMig-27に搭載して1975年8月8日に開始[5]されたが運用開始は1980年9月2日だった。[5]NATO識別名称はAS-12 'Kegler'で効果的なので遥かに重いKh-28 (AS-9 'Kyle')を置き換えた。[4]

1973年に設計局の技師長であるVictor Bugaiskiiは費用そ削減して戦術の柔軟性を増やす為にKh-23M, Kh-25とKh-27を単一のモジュラーシステムへ統合する作業を開始した。[5]この作業は1978年末に完了し、[5]その結果Kh-25MP (対レーダー), Kh-25ML (レーザー誘導)とKh-25MR (電波誘導)シリーズが出来た。今やシーカーヘッドを簡単に交換できるにもかかわらずNATOは引き続きこれらをAS-12とAS-10として指定した。

設計[編集]

Kh-25はKh-23の後期型と十字型のカナードと翼がとてもよく似ている。

Kh-25MP対レーダーミサイルはホーミングヘッドが1VPと2VP2種類あり、異なる周波数を受信する。[2]

運用実績[編集]

原型のKh-25は1973年から1975年にソビエト空軍でMiG-23MiG-27Su-17Mに搭載されて運用が開始された。[3]

それ以来MiG-21、MiG-29、スホーイ Su-17/20/22 シリーズ, Su-24, Su-25Su-27で使用されている事が確認されている。[3]カモフKa-50のようなヘリコプターでも同様に搭載される。

Kh-25MPはMiG-23/27, Su-17/22, Su-24やSu-25に搭載できる。[4]

データ[編集]

  • 全長:3.83m(MR)、4.255m(ML)
  • 直径:27.5cm
  • 翼幅:82cm
  • 弾頭:140kgHE(MR)、89.6kgHE(ML)
  • 誘導方式:ラジオ指令(MR)、セミアクティブレーザー(ML)
  • 射程:10km(MR)、20km(ML)
  • 設計:Zvezda設計局
  • 主な搭載機:MiG-27Su-17Su-20Su-22Su-24Su-25

バージョン[編集]

NATOは対レーダー用以外の全てのKh-25シリーズをAS-10 'Karen'として指定する。"M"は"Modulnaya" - モジュール(シーカー)の略である。

  • Kh-25 (Izdeliye 71, Kh-23L) - 原型となるレーザー誘導式
  • Kh-25ML - セミアクティブレーザー誘導、二重弾頭を備えることで1メートル (39 in)厚のコンクリート壁を貫通[8]
  • Kh-25MA - アクティブレーダー誘導、1999年に初めて輸出された。[3]
  • Kh-25MAE - Kh-25MA の更新版で2005年8月にKa-バンドのシーカーを搭載した仕様の輸出が発表された。Phazotron社のPSMは4,000 m (4,370 yd)彼方の戦車を捕らえられる能力を有し、Kh-25MAにも使用されていると推定される。[8]
  • Kh-25MS - (GPS または GLONASS)衛星誘導装置を搭載[3]
  • Kh-25MSE - Kh-25MSの輸出型で2005年8月に発表された。[8]
  • Kh-25MT - TV誘導[3]
  • Kh-25MTP - イメージングIR誘導[3]
  • Kh-25R/Kh-25MR - 電波誘導指令[3]

訓練弾は"U"が指定される。Kh-25MLでは以下の機種がある:

  • Kh-25MUL - 格闘戦訓練用Kh-25ML[1]
  • Kh-25ML-UD - 機能訓練用ミサイル[1]
  • Kh-25ML-UR - 部分的訓練用ミサイル[1]

類似のミサイル[編集]

  • Kh-23M英語版 (AS-7 'Kerry') - Kh-25の前の機種でいくつかの技術はKh-25から還元された。
  • Kh-29 (AS-14 'Kedge') - Kh-25レーザー誘導弾に大型の弾頭を装備した。
  • Kh-59 (AS-13 'Kingbolt') - 長射程のKh-25で大型の弾頭とTV誘導を装備した。
  • Kh-38ドイツ語版 - Kh-25の後継機種
  • AGM-65 マーベリック - アメリカで運用される類似の軽量ミサイルで複数の誘導装置と弾頭がある。
  • AGM-45 - アメリカが装備するKh-25MPと同等の対レーダーミサイル

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j Kh-25ML”. Tactical Missiles Corporation (2004年). 2010年閲覧。...
  2. ^ a b c d e f g h Kh-25MP”. Tactical Missiles Corporation (2004年). 2010年閲覧。...
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n “Kh-25 (AS-10 'Karen')”, Jane's Air-Launched Weapons, (2008-08-01), http://www.janes.com/extracts/extract/jalw/jalw2917.html 2009年2月7日閲覧。  [リンク切れ]
  4. ^ a b c d e f g h i “Kh-25MP, Kh-25MPU (AS-12 'Kegler')”, Jane's Air-Launched Weapons, (2008-08-01), http://www.janes.com/articles/Janes-Air-Launched-Weapons/Kh-25MP-Kh-25MPU-AS-12-Kegler-Russian-Federation.html 2009年2月7日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i (Word 97 DOC) History of JSC Tactical Missile Corporation, pp. 4–6, http://eng.ktrv.ru/docs/history_eng.doc 2009年2月26日閲覧。 
  6. ^ Friedman, Norman (1997), The Naval Institute Guide to World Naval Weapons Systems, Naval Institute Press, p. 235, ISBN 9781557502681, http://books.google.com/?id=l-DzknmTgDUC&pg=PA235&lpg=PA235 2010年閲覧。... 
  7. ^ “Kh-23, Kh-66 Grom (AS-7 'Kerry')”, Jane's Air-Launched Weapons, (2008-08-01), http://www.janes.com/extracts/extract/jalw/jalw2915.html 2009年2月7日閲覧。  [リンク切れ]
  8. ^ a b c Friedman, Norman (2006), The Naval Institute Guide to World Naval Weapon Systems (5 ed.), Naval Institute Press, p. 838, ISBN 9781557502629, http://books.google.com/?id=4S3h8j_NEmkC&pg=PA838 2010年閲覧。... 

出典[編集]

  • Gordon, Yefim (2004), Soviet/Russian Aircraft Weapons Since World War Two, Hinckley, England: Midland Publishing, ISBN 1-85780-188-1 

外部リンク[編集]