RT-2PM (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
名称
工場名 15Zh58
条約番号 RS-12M
米国名 SS-25 (PL-5)
RT-2PM Topol
任務 大陸間弾道ミサイル
開発国 ソ連
最初の試射 1982/10/27失敗、1983/2/8成功
配備 1988~
設計 MIT(モスクワ熱技術研究所=The Moscow Institute of Thermal Technology)
製造 ボトキンスクミサイル工場(Votkinsk Machine Building Plant)
性能・仕様
構成 3段式固体燃料ロケット(BUS付き)
全長 21.5m
直径 1段目1.8m、2段目1.55m、3段目1.34m
発射重量 45,100kg
射程 10,500km
命中精度 200m CEP
ペイロード 単弾頭,1000kg
弾頭 550kT 核弾頭
誘導装置 デジタルコンピュータ式慣性航法システム
RT-2PM Topol のTEL車両 2008年モスクワで行われた軍事パレードでの撮影

RT-2PM冷戦時代ソビエト連邦によって開発されたICBMである。通常、トーポリ(Топольポプラの意)と呼ばれる。RT-2PM「トーポリ」とその派生型ミサイルに付けられたDoD番号は、SS-25。SS-25はNATOコードでシックルと命名されている。

移動式ミサイルであり、TEL車両に搭載されて運用される。改良型にRT-2PM2 トーポリM(DoD番号SS-27、NATOコードネームは同じくスターリン)がある。

外部リンク[編集]