110丁目 (マンハッタン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯40度47分57秒 西経73度57分17秒 / 北緯40.799261度 西経73.954602度 / 40.799261; -73.954602

エリントン・サークル円形劇場とセントラルパーク・ノース
セントラルパーク・ノースと5番街
リンカーン矯正施設
フレデリック・ダグラス・サークル
ブロードウェイからリバーサイド・パーク (en) に向かって西110丁目沿いに西を見た眺め

110丁目 (110th Street) はニューヨーク市マンハッタンを走る通りである。この通りは一般にハーレムセントラル・パークの境界として知られ、このセントラル・パークと接する区間はセントラル・パーク・ノース (Central Park North) とも呼ばれる。セントラル・パークより西の区間はカセドラル・パークウェイ (Cathedral Parkway) とも呼ばれる。

概要[編集]

110丁目は1番街マディソン・アベニューの区間では東行きの一方通行であり、マディソン・アベニューから5番街の短い区間では西行きの一方通行である。5番街より西の区間では両方向通行となり、道幅もその東の区間よりも広くなっている。

110丁目と5番街の交差点(セントラル・パークの北東の角)は浅い円形劇場風のデューク・エリントン・サークル (en) となっており、デューク・エリントン像が建てられている。1997年の公表によると、この像は彫刻家のRobert Grahamによる作品で、高さ25フィート (7.6 m)、ミューズ — 9体の裸像カリアティード— がグランドピアノとデューク・エリントンを頭で支えているようになっている[1]。デューク・エリントン・サークル沿いには将来アフリカン・アート美術館 (en) が立地することになっている。

セントラル・パーク・ノースの区間には、数ブロック周りの新しい高級コンドミニアムとは著しく不釣り合いなリンカーン矯正施設が位置している。

110丁目とセントラル・パーク・ウエストおよびフレデリック・ダグラス・ブールバードとの交差点(セントラル・パークの北西の角)はフレデリック・ダグラス・サークル (en) となっている。

モーニングサイド・パーク (en) の南端は西110丁目のマンハッタン・アベニュー (en) とモーニングサイド・ドライブ (en) の間の区間と接している[2]

セント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂の中庭の南端は西110丁目と接しており、この区間を含むモーニングサイド・ドライブからアムステルダム・アベニューの間はカセドラル・パークウェイと呼ばれている。110丁目の西端はリバーサイド・パーク (en) 手前のリバーサイド・ドライブ (en) である。

5番街より東の96丁目 (en) 、モーニングサイド・パークより西の125丁目 (en) 、およびその間の区間の110丁目はマンハッタン内の住人の貧富、階級、人種を分ける境界線であったが、近年ではこれより北のエリアでも高級化現象が進んでいる。

セントラルパーク・ノース[編集]

サド・ジョーンズ / メル・ルイス・ジャズ・オーケストラのアルバムについては「セントラル・パーク・ノース」をご覧ください。

セントラルパーク・ノースは西110丁目のセントラルパークの北端に接する区間である。この区間の西端はセントラルパーク・ウエスト、東端は5番街(セントラルパーク・イーストと呼ばれることもある)である。

セントラルパーク・ノースは、レノックス・アベニュー (en, マルコムXブールバード) およびアダム・クレイトン・パウエル・ジュニア・ブールバード(7番街)の南端となっている。

21世紀の最初の10年間で、セントラルパークの眺めを売りにした不動産開発が大規模に行われた。2003年、マンハッタンを拠点とするデベロッパーAthenaはこの通り沿いの不動産物件を買収した[3][4][5]。そのビルには「セントラルパーク・サウスのおよそ半値でセントラルパーク沿いに住める、ニューヨーカーのためのチャンス」の売り文句がつけられた[6]。セントラルパーク・ノース沿いの生まれ変わったハーレムは、マーシャ・ゲイ・ハーデンen:Maya Angelouカリーム・アブドゥル=ジャバーのようなセレブたちを惹きつけた[7]。新しく竣工したそのビルは20階建てで、48の居住ユニット、9,500の1階の小売りスペース、および48の駐車スペースを備え、各ユニットにはセントラルパークの眺め付きであった[8]

有名な住人[編集]

ジョージ・ガーシュウィンは110丁目とアムステルダム・アベニューの北西の交差点のアパートに住んでいた。この場所で、有名なラプソディ・イン・ブルーは生み出された。また、アーサー・ミラーが子供時代にそこに住んでいた。

ランドマーク[編集]

交通機関[編集]

かつて存在した高架IRT9番街線 (en) の110丁目駅 (en) は、その高架の高さから有名な飛び降り自殺スポットであった[9]

現在、ニューヨーク市地下鉄の駅が四つ110丁目沿いに位置している:

110丁目を走るMTAバスは、M2M3、およびM4路線である。

ポピュラーカルチャーにおける110丁目[編集]

参考文献[編集]

脚注
  1. ^ Duke Ellington Memorial Dedicated in Harlem, artnet. Accessed September 16, 2007.
  2. ^ Morningside Park, en:New York City Department of Parks and Recreation. Accessed August 3, 2008.
  3. ^ Gross, Max (2007年6月14日). “Across 110th–Central Park North Is Breaking Real-Estate Records”. New York Post. http://www.nypost.com/p/across_th_yl1UnaTul5sykVpskNRYVP 2009年11月2日閲覧。 
  4. ^ Taylor, Candace (2008年7月10日). “Gourmet Market's Opening Signals Shift in East Harlem”. The New York Sun. http://www.nysun.com/real-estate/gourmet-markets-opening-signals-shift-in-east/81576/ 2009年11月2日閲覧。 
  5. ^ Padalka, Alex; Stabile, Tom (2007年2月). “Keeping Up with the New York Region’s Leading Developers”. New York Construction. http://newyork.construction.com/features/archive/2007/02_feature2A.asp 2009年11月2日閲覧。 
  6. ^ Keil, Braden (2004年7月16日). “Harlem High-Rise Planned”. Wired New York. http://wirednewyork.com/forum/showthread.php?t=5144 2009年11月2日閲覧。 
  7. ^ Schoeneman, Deborah (2005年5月21日). “Above It All–Central Park North always had great views—and few takers. But the secret is finally getting out.”. New York. http://nymag.com/nymetro/realestate/columns/realestate/10414/ 2009年11月3日閲覧。 
  8. ^ Stoler, Michael (2006年12月4日). “The Tale of Three Harlems”. The New York Sun. http://www.nysun.com/new-york/tale-of-three-harlems/44549/ 2009年11月2日閲覧。 
  9. ^ 1927年のThe New York Timesの記事: "the number of suicides from the 110th Street Station of the Sixth Avenue elevated is ruining the business of the merchants with shops below, according to [the merchants].... According to [a spokesperson] there were eleven suicides from that station in the past year, and the effect has been such that potential customers prefer to walk a little farther rather than risk seeing a person hurtle from above."
文献
  • Douglas, George H. (2004): Skyscrapers: A Social History of the Very Tall Building in America. McFarland & Company, ISBN 0-7864-2030-8. (110th St station popular for suicides: p. 170).
  • "Merchants Complain Suicides Hurt Business; Seek Way to Guard 110th St. Elevated Station" - New York Times, January 31, 1927, p. 19
  • "Mixed-Income High Rise Takes Condominium Form" - New York Times, June 30, 1985[1]
  • "A Housing Renaissance Sweeps Central Harlem" - New York Times, August 27, 1989 [2]
  • "In Frederick Douglass Tribute, Slave Folklore and Fact Collide" - New York Times, January 23, 2007 [3]

外部リンク[編集]