1番街 (マンハッタン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
First Avenue
1st Avenue - Manhattan.jpg
北端 ウィリス・アベニュー橋 (en)/125丁目 (en)
南端 ハウストン・ストリートアレン・ストリート (en)
アベニューA
西 2番街
10丁目から1番街沿いを北に見た風景。

1番街(いちばんがい、: First Avenueファースト・アヴェニュー1st Avenueとも表記)はアメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンイースト・サイドを南北に縦断する「アヴェニュー」と呼ばれる通り。ハウストン・ストリートを起点にウィリス・アベニュー橋 (en) まで北へ125ブロック以上を経由し、ハーレム川沿いの東127丁目でブロンクスのウィリス・アベニューに接続する。ハウストン・ストリート以南は、アレン・ストリート (en) に名を変えキャナル・ストリートに接続している。1951年6月4日から、北行きの一方通行となった[1]

2011年、50丁目より南の区間には車道の左側に自転車道が整備された。

ほとんどが住宅地を通り、また42丁目45丁目 (en) の間は国連本部ビルに接しているため4車線の地下道になっている。

マンハッタン島内の通りは南北を縦貫する通りを「アヴェニュー」といい、東西を横断する通りを「ストリート」という。1番街はマンハッタン内の主要なアヴェニューと同様に、1811年委員会計画の一貫で、島を縦貫する12本のアヴェニュー(1番街から12番街)の一つとして設計された。

かつてハウストン・ストリートから23丁目まではIRT (en) の2番街線 (en) の高架があった。2番街線は1番街23丁目交差点から西へ折れ、2番街23丁目交差点を北進していたが、1942年に廃止された。

脚注[編集]

  1. ^ Ingraham, Joseph (1951年6月5日). “Autos Speeded 15% on 1st And 2nd Aves”. The New York Times. http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F40C13F8395D147B93C7A9178DD85F458585F9 2012年8月28日閲覧。 

外部リンク[編集]