ウィリアム・ストリート (マンハッタン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯40度42分29.47秒 西経74度0分28.28秒 / 北緯40.7081861度 西経74.0078556度 / 40.7081861; -74.0078556

サウス・ウィリアム・ストリート 13-15

ウィリアム・ストリート (William Street) は、ニューヨーク市ロウアーマンハッタンフィナンシャル・ディストリクトを走る通りである。この通りはマンハッタンで最も古い通りの一つであり、1660年のニューアムステルダムカステッロ地図にも描かれている。この通りは、基本的に南西から北東への一方通行であり、途中でウォール・ストリートと交差する。南端はブロード・ストリート (en) と突き当たる地点で、北端はスプルース・ストリート (Spruce Street) と突き当たる地点である。ビーバー・ストリート (Beaver Street) とブロード・ストリートの間の区間はサウス・ウィリアム・ストリート (South William Street) と呼ばれている。ビークマン・ストリート (Beekman Street) とスプルース・ストリートの間のニューヨーク・ダウンタウン病院 (en) の前の区間は歩行者専用となっている。

歴史[編集]

この通りの名前は、ピーター・ストイフェサントの同乗者として1647年にニューアムステルダムにやって来たWillem Beekmanから付けられている。Beekmanはオランダ西インド会社の事務官としてキャリアを始め、後に市長を9期務めた[1]。 ウィリアム・ストリートおよびサウス・ウィリアム・ストリートは、オランダ統治時代はそれぞれSmee StraetおよびSlyck Straetと呼ばれていた。また1800年代半ばまでは、それぞれSmith StreetおよびMill Streetと呼ばれていた[2]

建築物[編集]

この通り沿いの建物はこの地域の財政基盤となっている。それらの用途は、高級コンドミニアム、オフィス、そして少なくとも一つのカンファレンス・センターなどである。主な建物を以下に示す:

交通機関[編集]

IRTブロードウェイ - 7番街線 (en)(2 3 トレイン)はウィリアム・ストリートの地下を走っており、ウォール・ストリート駅 (en) とフルトン・ストリート駅 (en) がこの通り沿いにある。

脚注[編集]

出典

  1. ^ The Street Book: An encyclopedia of Manhattan's Street Names and Their Origins. Fordham University Press, 1979. p. 113. 
  2. ^ The Historic Atlas of New York City - A Visual Celebration of 400 Years of New York City's History -

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ウィリアム・ストリート (マンハッタン)に関連するメディアがあります。