ヴァリック・ストリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Varick Street
Village Sta 10014 PO 201 Varick.JPG
ヴァリック・ストリート 201のフェデラル・ビル (en)。環境計測研究所 (en) および郵便局ヴィレッジ局が入居している。
所在地 ニューヨーク市マンハッタン
北端 7番街
南端 ウエスト・ブロードウェイ (en)

ヴァリック・ストリート (Varick Street) はニューヨーク市マンハッタンを南北に走る通りである。車線は南行きの一方通行である。ヴァリック・ストリートの北端はウエスト・ヴィレッジ (en) のクラークソン・ストリート (Clarkson Street) であり、それより北は南7番街となる。その南端はトライベッカ (en) のレオナード・ストリート (en) のすぐ南のウエスト・ブロードウェイ (en) と合流する地点である。途中でハドソン・スクエア (en) を通る。途中で横切る主な東西方向の通りはハウストン・ストリートおよびキャナル・ストリートなどである。 ヴァリック・ストリートの右二車線はブルーム・ストリートとの交差点からはホランド・トンネルに入る車専用の車線となる。この地点はラッシュアワーには渋滞ポイントとなっている。

ヴァリック・ストリートは初期のニューヨーク州議会議員かつ1789年から1801年までニューヨーク市長を務めたリチャード・ヴァリック (en) から取られている。彼はこの辺りの不動産を所有していた[1]

ヴァリック・ストリートの道幅は1917年の7番街の延伸の期間に拡張された。この拡張プロジェクトによってセント・ジョンズ教会 (en) などの多くの古い建物が解体された。こうして、ミッドタウンロウワー・マンハッタンを結ぶ新しい自動車道が開通することとなった[2]。このプロジェクトにより、IRTブロードウェイー7番街線 (en) の建設につながった。

交通機関[編集]

ダウンタウンM20 (en) バス路線はヴァリック・ストリートの全区間にまたがっている。また、クロスタウンM21 (en) バスは、西行きではハウストン・ストリートとの交差点で、東行きではスプリング・ストリート (en) との交差点でヴァリック・ストリートを横切る。

地下鉄IRTブロードウェイー7番街線 (en) (1 2線) のハウストン・ストリート (en)、キャナル・ストリート (en) およびフランクリン・ストリート (en) 駅はヴァリック・ストリート上に位置している。

ランドマーク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Downtown Street Names and the Stories They Tell”. Lower Manhattan Construction Command Center (2004年12月27日). 2007年8月22日閲覧。 “7番街をクラークソン・ストリート以南へ拡張する際、その通りの名前は1791年から1801年までニューヨーク市長を務めたリチャード・ヴァリックから取られた。”
  2. ^ “Seventh Avenue Extension Will Create Great Business Revival in Old Greenwich”. The New York Times: p. X9. (1911年9月24日). http://query.nytimes.com/gst/abstract.html?res=9D06EFDB163CE633A25757C2A96F9C946096D6CF 2010年5月29日閲覧。 
  3. ^ Panchyk, Richard (2008). German New York City. Arcadia Publishing. p. 50. ISBN 978-0-7385-5680-2. 
  4. ^ Goldenberg, Susan (1996). Steinway: From glory to controversy; the family, the business, the piano. Oakville, Ontario: Mosaic Press. p. 20. ISBN 978-0-88962-607-2. 

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度43分25秒 西経74度00分22秒 / 北緯40.72361度 西経74.00611度 / 40.72361; -74.00611