讃岐白鳥駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
讃岐白鳥駅
駅舎
駅舎
さぬきしろとり - Sanuki-Shirotori
T12 三本松 (3.1km)
(4.4km) 引田 T10
所在地 香川県東かがわ市松原648-2
駅番号 T11
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 高徳線
キロ程 40.7km(高松起点)
電報略号 シロ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
216人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1928年(昭和3年)4月15日
備考 無人駅
構内 三本松方より
構内 引田方より

讃岐白鳥駅(さぬきしろとりえき)とは、香川県東かがわ市松原にある四国旅客鉄道(JR四国)高徳線の駅である。駅番号T11

東かがわ市役所に近く東かがわ市の代表駅ではあるが、無人駅であるためみどりの窓口などの機能は隣の三本松駅が担っている。東かがわ市は国内シェア9割を誇る日本最大の手袋生産地であり、とくに当駅周辺には大小の手袋工場が集中している。1975年(昭和50年)ごろまでは、当駅において鉄道貨物による原料移入や製品出荷が行われており、最盛期には10人を越す貨物要員が配置されていた。

駅の構造[編集]

相対式ホーム2面2線をもつ地上駅で、1番のりばが一線スルー。駅舎は片方のホームに接する。この駅舎は木造平屋、古くからのものであるがリニューアルがされている。国道11号に面しているため、駅舎の反対側のホームにも出入口が設けられている。駅舎内部に自立式の自動券売機が1台設置されている。一部の特急うずしおが停車する。

JR四国は2010年6月21日、経費節減のため同年9月1日より当駅を無人化すると発表したが無人化は1ヶ月延期され10月1日に無人化された。

利用状況[編集]

1日平均の乗車人員は以下の通り。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2008 247
2009 227
2010 236
2011 216


旧白鳥町内で唯一の駅であるにもかかわらず、より人口の少ない旧引田町の引田駅の3分の2程の利用者数にとどまっている。これは、同じ旧白鳥町内でも、西部や南部の地区の住民は、距離的に近い、あるいは列車の停車本数の多い旧大内町の三本松駅を利用するためである。


駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
高徳線
特急「うずしお」(一部)
三本松駅 (T12) - 讃岐白鳥駅 (T11) - (一部引田駅 (T10)) - 板野駅 (T07)
普通
三本松駅 (T12) - 讃岐白鳥駅 (T11) - 引田駅 (T10)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JR四国 駅業務体制の見直しについて”. 四国旅客鉄道 (2010年6月21日). 2010年6月22日閲覧。

関連項目[編集]