湿布

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

湿布(しっぷ)はある程度の水分を含んだ布を意味し、主に物に効果を与えるために貼って用いる。

液体の薬品を布に塗布されている医薬品を指すことが多いが、湿布本来の意味はそれだけではない。濡れたタオルを体に貼ることも湿布であるし、食品に湿度を与えるために貼ることも湿布である。壁紙を剥がす際に糊を溶かすために、薬品を含んだ布を貼ることも湿布である。

医薬品としての湿布[編集]

大別すると、温湿布と冷湿布の2種類に分けられる。主に筋肉の緊張を和らげる目的で用いられる他、打ち身・ねんざや皮膚病などの治療のために使用されるものもある。水分が多いため肌への密着度が高く、薬効成分が効率的に浸透する。布の部分はその薬部分を保護して貼ったままでの活動を容易にし、長時間の保持にも役立つ。

古くには、馬肉のスライスが打ち身などに効く湿布として用いられたり、練った生薬を布に塗布して肌に貼ったりしている。現代でもそれは行われているが、市販品としては腰痛肩こり筋肉痛の緩和のための湿布薬が普及している。

素材面からみると「パップ剤」と「テープ剤(さらに薄いものをプラスター剤と呼ぶ)」に分けられる。詳細は外用薬#貼付(ちょうふ)剤を参照のこと。

冷湿布と温湿布[編集]

  • 冷湿布(: Cold Patch):主に炎症・痛みの抑制・治療を狙ったもの。筋肉痛や肩こりなど、急性の痛みの緩和に効果的。冷却成分はカンフルメントールハッカ油など。皮膚の冷感点を刺激する。受容体レベルでは、TRPM(transient receptor potential ion channels(Mはメラスタチン反応性より)受容体が関与しているものと思われる。
  • 温湿布(: Thermal Patch: Heat Patch):主に血行の改善を狙ったもの。単純に温度を高くしたものから、トウガラシエキス(カプサイシン)、ノニル酸ワニリルアミドなどを含んだものもある。皮膚の温感点を刺激することから、慢性疾患あるいは腫脹緩解後の炎症性疾患に用いられる。温度もカプサイシンも、TRPV受容体(transient receptor potential protein vanilloid receptor)を刺激し、効果を発揮しているものと思われる。カプサイシンを用いたものによる除痛作用は、受容体への反復刺激によるダウンレギュレーションが関与しているとも言われる。

第二世代の湿布[編集]

第二世代の湿布とはイブプロフェン(ブルフェン®、エスタックイブ)、ジクロフェナク(ボルタレン®)、インドメタシンフェルビナクケトプロフェンなど、強力な消炎鎮痛剤(NSAIDs)を配合したもの。炎症の四徴の内、発赤熱感は、ヒスタミンセロトニンによって引き起こされるので、NSAIDsは、著効しない。 適切な時に使用すれば、強い鎮痛作用がある。痛みの原因が筋肉疲労でない場合は、原因疾患の治療が必要である。

副作用[編集]

関連項目[編集]