西ノ島町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
にしのしまちょう
西ノ島町
日本の旗 日本
地方 中国地方山陰地方
中国・四国地方
都道府県 島根県
隠岐郡
団体コード 32526-1
面積 56.05 km²
総人口 2,937
推計人口、2014年10月1日)
人口密度 52.4人/km²
西ノ島町役場
所在地 684-0211
島根県隠岐郡西ノ島町大字浦郷534番地
北緯36度5分35.4秒東経132度59分39.6秒
GazouBoshu.png
外部リンク 西ノ島町公式サイト

西ノ島町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
西ノ島町(手前)。2008年7月
国賀海岸・摩天崖

西ノ島町(にしのしまちょう)は島根県隠岐郡隠岐諸島西ノ島に所在する。面積56.05平方キロメートル、人口3,161人(平成24年5月1日現在)。隠岐郡内では隠岐の島町に次ぐ2番目に大きな町である。

地理[編集]

島は山がちで耕地は少ない。島の南部は島前3島に囲まれ、穏やかな良港が多い。北部は荒海であるが、良漁場である。

1915年(大正4年)島中央部に船引運河が開削され、島南部の港から北部の漁場へ簡単に行けるようになった。浦郷港は隠岐最大の漁業基地となっている。

歴史[編集]

古代の隠岐国知夫(ちぶり)郡三田(みた)郷の地である。延喜式神名帳の名神大社である由良比女神社をはじめ式内社が多い。

1957年2月11日、浦郷村と黒木村が合併して西ノ島町が成立した。

承久3年(1221年)に後鳥羽上皇が海士郡に流され、19年間配所で過ごした。

元弘2年(1332年)には後醍醐天皇が配流される(しかし、天皇の配流地は西ノ島町にある黒木御所説と隠岐島後の国分寺説があり、決着が付いていないが、天皇はやがて脱出する)。

隠岐の歴史を参照

人口[編集]

Demography32526.svg
西ノ島町と全国の年齢別人口分布(2005年) 西ノ島町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 西ノ島町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
西ノ島町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 5,210人
1975年 5,089人
1980年 4,830人
1985年 4,886人
1990年 4,429人
1995年 4,048人
2000年 3,804人
2005年 3,486人
2010年 3,135人
総務省統計局 国勢調査より

姉妹都市[編集]

教育[編集]

  • 西ノ島小学校
  • 西ノ島中学校

交通[編集]

隠岐・西ノ島 別府港(2012年3月20日)

航路[編集]

バス[編集]

名所[編集]

出身者[編集]

外部リンク[編集]