巻き簾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
巻き簾

巻き簾(まきす、まきすだれ)とは、日本料理の調理道具、すだれの一種のことである。巻き簀とも書く。

構造[編集]

素材は木綿であり、細長く切りそろえた竹が木綿糸によって編まれている[1]。面積は25cmから30cm四方のものが一般的で、種類は分厚い竹でできているものと薄い竹でできているものの2種類がある。近年では合成樹脂によってできているものもある。また、記事上の写真右下にある三角柱の並んだような鬼簾(おにすだれ)は伊達巻など巻く対象の表面を意図して凹凸にさせるために利用される。

利用方法[編集]

巻き寿司など海苔巻きの調理に使われることが多く、江戸前寿司に代表される早寿司の仕込み過程で、様々な素材を巻くために用いられるようになった[2]。また玉子焼きなど柔らかい食べ物を形付けるのにも使われ[3]、「目で楽しんで食べる」[4]と言われる日本料理の繊細な表現のためにも用いられる。

調理に使った後はカビ細菌の繁殖を防ぐために風通しのよいところで干すのがよいとされているが、使った後の手間を省くために食品用ラップフィルムで巻き簾を覆って使用する人もいる。特に、カリフォルニアロールなどでご飯が外側に巻かれる裏巻きを作る際には海苔が湿るのを防ぐため巻き簾をよく乾かした状態で用いる。

脚注[編集]

  1. ^ こういったつくりのものを簾、もしくは簀(す)と言う。
  2. ^ 山口昌伴、GK研究所 『図解 台所道具の歴史』 柴田書店1978年8月1日、188-190頁。2008年11月30日閲覧。
  3. ^ 奥村彪生 『料理をおいしくする仕掛け -日本の食べごと文化とフードデザイン-』 農山漁村文化協会2006年3月31日、223-224頁。ISBN 4-540-05287-X2008年11月30日閲覧。
  4. ^ 岡田哲 『食の文化を知る事典』 東京堂出版1998年11月30日、78頁。ISBN 4-490-10507-X2008年11月30日閲覧。

関連項目[編集]