経済思想史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
経済学史から転送)
移動: 案内検索

経済思想史(けいざいしそうし、: history of economic thought)は、経済思想、すなわち経済現象をとらえる基盤となる思想や、その歴史を研究する学問分野である。日本においては経済学史(history of economics)の名も使われる。

経済思想は重視する価値によって重商主義重農主義などに顕現されており、哲学倫理学古典派以降の経済学は、倫理学から分化したとされる)との隣接分野となっている。

主要な経済思想[編集]

以下は経済思想史で取り上げられる主なトピックをほぼ年代順に並べたもの。詳しくはそれぞれの項目を参照のこと。

古典派以前の西欧
非ヨーロッパ圏
近代以降

参考文献[編集]

  • 八木紀一郎 『経済学入門シリーズ 経済思想』〈第2版〉日経文庫 2011年