秋保大滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
秋保大滝
Akiu Falls 2008.jpg
位置
所在地 宮城県仙台市太白区秋保町馬場大滝
落差 55m
滝幅 6m
水系 名取川
テンプレートを表示

秋保大滝(あきうおおたき)は、宮城県仙台市太白区秋保町にある蔵王国定公園および県立自然公園二口峡谷の地域内を流れる名取川上流部において、落差55m、幅6mで流れ落ちる。

国の名勝に指定されており、日本の滝百選の1つにも数えられる。「日本三大瀑布(大滝)[1]」あるいは「日本三名瀑[2]」の1つに数えられている。

概要[編集]

平安時代初期、慈覚大師山形県立石寺へ向かう途中、この地に留まり不動明王を安置したといわれている。文政8年(1825年)、地元出身の知足上人が不動堂(地図)を建立し、本尊を再興した[3]。不動堂のある西光寺は、神仏習合が残る真言宗智山派の寺である。

秋保温泉に近く、観光客の来訪も多い。名取川右岸の秋保大滝駐車場から、滝見台(地図)および不動滝橋地図[4]を経由して、秋保大滝の滝壺を最も近くで見られる名取川左岸(地図)までの1.0kmは『新・奥の細道「秋保大滝パノラマのみち」』(秋保大滝遊歩道[5])として整備されている[2]。付近には仙台市秋保大滝植物公園がある。厳冬期の2月上旬頃には、秋保大滝が凍る場合がある。

ギャラリー[編集]

周辺観光地[編集]

地図上では仙台ハイランドが近くにあるが、秋保大滝方面とは自動車が通れる直達経路が無いため迂回が必要。

宮城県側
山形県側

アクセス[編集]

秋保大滝バス停
県道仙台山寺線の代替路である市道上の原森安線が通る秋保大橋(1989年平成元年)3月竣工)の遠景。
  • 無料駐車場
    • 秋保大滝駐車場:150台[6]
    • 不動滝橋北詰の駐車場:約10台

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 秋保大滝・秋保大滝植物園周辺(仙台市「杜の都 緑の名所100選」)
  2. ^ a b 秋保大滝パノラマのみち(宮城県「新・奥の細道 宮城の自然歩道」)
  3. ^ 秋保の社寺 - 秋保の歴史(秋保・里センター)
  4. ^ 仙台市道太白5051号・上の原森安線(西端東端。最小幅員7.37m、最大幅員64.60m、延長3278.7m)を通す。
  5. ^ 秋保大滝遊歩道の一部通行止めのお知らせ
  6. ^ a b c 秋保大滝 - 宮城まるごと探訪社団法人宮城県観光連盟)
  7. ^ 秋保大滝-新川(宮城県)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]