音止めの滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
音止滝
Otodomenotaki.JPG
位置 北緯35度18分44秒
東経138度35分21秒
所在地 静岡県富士宮市
落差 25m
滝幅 5m
水系 富士川水系芝川
テンプレートを表示

音止めの滝(おとどめのたき)は静岡県富士宮市にある。すぐ近くの白糸の滝とともに日本の滝百選の一つ。

概要[編集]

芝川本流の落差約25メートルの名瀑である。豪快で雄雄しい滝であり、白糸の滝とは対照的である。付近には曽我兄弟の隠れ岩、工藤祐経の墓、源頼朝が鬢の乱れを直したという泉がある。滝への交通機関は、白糸の滝 (静岡県)の項を参照。

由来[編集]

音止めの滝の名前の由来は、かつて源頼朝が挙行した富士の巻狩りの際に、曾我祐成時致兄弟が父の仇である工藤祐経を討とうとした、その密議をしていたが滝の轟音で話が聞き取れない、そこで神に念じたところ、たちどころに滝の音が止んだという伝説による。曾我兄弟は見事に本懐を遂げた。

曾我の隠れ岩[編集]

音止の滝の東側に、曾我兄弟が工藤祐経を討つ時に隠れていたという言い伝えが残る「曾我の隠れ岩」がある。

関連項目[編集]