苗名滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
苗名滝
Naena Falls 1.jpg
位置 北緯36度50分43.9秒
東経138度8分16.3.秒
所在地 新潟県妙高市杉野沢
落差 55m
水系 関川
テンプレートを表示

苗名滝(なえなたき)は、新潟県長野県の境にある滝で、新潟県妙高市側に駐車場やアクセスルートがある。苗江滝南井滝とも表記される。関川上流に位置し、4連の滝が連なっていて、二の滝、三の滝、四の滝へは通行困難である。日本の滝百選の一つ。

概要[編集]

黒姫山からの安山岩溶岩が関川をせき止めたことでつくられた。落ち口に岩があり、滝は左右に分かれていたが、高田藩が伐採した木を流した(1813年)ことによって岩が欠け、今日の姿となった。

轟音を響かせながら落ちる様が「地震=なゐ」のようであるとされ、口語体に転化して「ないの滝」が「なえな滝」となり、「苗名滝」と名付けられた。また、下流の高田平野水田に水を供給する事から苗名となったともいう。

妙高山形の雪形とともに、地元で田植えを始める目安とされてきた。また、19世紀の文人画家・東洋越陳人によって多くの作品が描かれた。

1995年7月、梅雨によって地震滝橋などが流出した。対策として関川1号砂防えん堤が苗名滝の下流に造られている。

アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 日本歴史地名大系(オンライン版) 小学館 (『日本歴史地名大系』 平凡社、1979年~2002年 を基にしたデータベース)
  • 北中康文『日本の滝1 東日本661滝』山と渓谷社

外部リンク[編集]