神庭の滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神庭の滝
Kanba Falls.JPG
位置 北緯35度7分7.0秒 東経133度40分43.6秒 / 北緯35.118611度 東経133.678778度 / 35.118611; 133.678778座標: 北緯35度7分7.0秒 東経133度40分43.6秒 / 北緯35.118611度 東経133.678778度 / 35.118611; 133.678778
所在地 岡山県真庭市
落差 110m
滝幅 20m
水系 旭川水系神庭川
テンプレートを表示

神庭の滝(かんばのたき)は岡山県真庭市神庭にある。国の名勝に指定されており(指定名称は「神庭瀑」)、日本百景日本の滝百選にも選定されている。また周囲は岡山県立自然公園に指定されている。

概要[編集]

旭川の支流で星山(1,030m)を源流とする神庭川水域にある。

落差は110メートルで西日本最大級。上部に落差の小さい滝がある段瀑である。しかし上段部は登らないと目にすることは出来ない。秋には紅葉が美しい。 周囲の地質は石灰岩で、近くに「鬼の穴」という鍾乳洞も見られる。

駐車場があり、遊歩道が整備されており徒歩約5分程度で滝下に着く。遊歩道脇には「玉垂の滝」があり苔の間より川に幾筋もの水が滴っている。駐車場下には「滔々の滝」もある。周辺には野生のニホンザルが生息しており遊歩道で目にすることが出来る。

入場料:大人300円、小中学生150円(2012年現在)

アクセス[編集]

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 現地案内板
  • 『日本の滝100選』 グリーンルネッサンス事務局/編、1991年、講談社

外部リンク[編集]