石川県の市町村章一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

石川県の市町村章一覧(いしかわけんのしちょうそんしょういちらん)は、石川県内の市町村に制定されている、あるいは制定されていた市町村章の一覧である。なお、一覧の順序は全国地方公共団体コード順による。廃止された市町村章は廃止日から順に掲載している。

市部[編集]

市章 由来 制定日 備考
金沢市 Kanazawa Ishikawa chapter.JPG の花の形に「金」を配したもの[1] 1891年3月7日[1]
七尾市 Symbol of Nanao Ishikawa.svg 「N」を表している[2] 2004年10月1日[2] 色は青色と水色が指定されている[3]
2代目の市章である
小松市 Symbol of Komatsu Ishikawa.svg 「小松」を図案化したもの[1] 1941年3月20日[1] 色は緑色が指定されている[4]
輪島市 Wajima Ishikawa chapter.JPG 「ワジマ」を図案化したもの[2] 2006年2月1日[2] 色は緑色と青色が指定されている[5]
2代目の市章である
珠洲市 Suzu Ishikawa chapter.JPG 「スズ」を組み合わせたもの[1] 1954年9月16日[1]
加賀市 Kaga Ishikawa chapter.JPG 「K」を図案化したもの[1] 2005年7月28日[1] 2005年7月18日に公表され、[6]色は青色・緑色・黄色が指定されている[7]
2代目の市章である
羽咋市 Symbol of Hakui, Ishikawa.svg 「はくい」を図案化したもの[2] 1958年9月30日[2]
かほく市 (著作権存続) 「か」を図案化したもの[1] 2004年3月1日[1] 色は緑色と青色が指定されている[8]
白山市 Hakusan Ishikawa chapter.JPG 中央に白山を配し、三本の潮の流れは上の1本が手取川・下の2本は日本海を表したもの[2] 2005年2月1日[2] 色は白色・黄緑色・青色・水色が指定されている[9]
能美市 Nomi Ishikawa chapter.JPG 三つの「の」を渦巻き状に配しかつ意匠化し、図案化したもの[2] 2005年2月1日[2] 色は橙色・青色・緑色が指定されている[10]
野々市市 Symbol of Nonoichi, Ishikawa.svg 「のの」を組み合わせ、分銅を形成したもの[2] 1960年6月15日[2] 野々市町章として制定され、市制施行後に継承される

町村部[編集]

町村 町村章 由来 制定日 備考
能美郡 川北町 Kawakita Ishikawa chapter.JPG 「川北」を図案化したもの[1] 1947年[1] 川北村章として制定され、町制施行後に継承される
河北郡 津幡町 Tsubata Ishikawa chapter.JPG 「ツバ」を図案化したもの[2] 1966年1月11日[2]
内灘町 Uchinada Ishikawa chapter.JPG 「う」を図案化したもの[1] 1962年1月1日[1] 色は緑色が指定されている[11]
羽咋郡 志賀町 Shika Ishikawa chapter.JPG 「S」と円を表したもの[1] 2005年9月1日[1] 2代目の町章である
色は青色・緑色・橙色が指定されている[12]
宝達志水町 Hodatsushimizu Ishikawa chapter.JPG 「宝」を意匠化し、図案化したもの[2] 2005年7月1日[2] 色は「う」冠は緑色・「玉」は青色が指定されている[13]
鹿島郡 中能登町 Symbol of Nakanoto Ishikawa.svg 「中」を図案化したもの[2] 2005年3月1日[2] 色は緑色・青色・橙色が指定されている[14]
2004年12月6日に公表され、翌年3月1日に制定される[14]
鳳珠郡 穴水町 Anamizu Ishikawa chapter 1.svg 「穴」を鳩にあしらい図案化したもの[1] 1959年1月10日[1]
能登町 (著作権存続) 「N」の形から、人と人とが手を取り合って見えるように表したもの[2] 2005年3月1日[2] 色は緑色・水色・橙色が指定されている[15]

廃止された市町村章[編集]

市郡 町村 市町村章 由来 制定日 廃止日 備考
鹿島郡 七尾町 Nanao-town Ishikawa chapter.gif クローブを表したもの[16] 天保時代[16] 1939年7月20日 町村制施行前から制定され、制定後に継承される
河北郡 高松町 Takamatsu Ishikawa chapter.jpg 「タカ」を図案化し、円と両側の翼で表したもの[17][18] 1959年12月21日[18][17] 2004年3月1日
宇ノ気町 Unoke Ishikawa chapter.jpg 「う」を図案化し、宇ノ気の「宇」で宇宙のように広い発展を意味したもの[17][19] 1962年4月5日[19][17]
七塚町 Namatsuka Ishikawa chapter.jpg 「な」を図案化したもの[17][20] 1962年8月8日[17]
七尾市 Flag of Old Nanao, Ishikawa.gif クローブを表し、その中に畠山氏の紋章を配したもの[21] 1940年2月22日[21] 2004年10月1日 初代の市章である
鹿島郡 田鶴浜町 (著作権存続) 「た」を図案化したもの[21] 1965年6月19日[21]
中島町 Nakajima Ishikawa chapter.JPG 「な」を図案化したもの[21] 1956年6月23日[21]
能登島町 Notojima Ishikawa chapter.JPG 太い線は「のと」・中央は三本線を表している[21] 1965年3月2日[21] 色は青色が指定されている[21]
松任市 Matto Ishikawa chapter.JPG 「マ」を組み合わせたもの[22] 1970年4月1日[22] 2005年2月1日 松任町制時の1957年に松任町章として制定され、市制施行後に再制定された[23]
石川郡 美川町 Mikawa Ishikawa chapter.svg 「力」を丸く、三つ輪にしたもの[22] 1964年9月21日[22]
鶴来町 Tsururai Ishikawa chapter.JPG 「ツ」を円形と菱形にし、図案化したもの[22] 1955年9月30日[22]
河内村 Kawachi Ishikawa chapter.JPG 「か」を図案化したもの[22] 1971年4月1日[22]
吉野谷村 Yoshinodani Ishikawa chapter.JPG 三つの山は中宮地区・中部地区・吉野地区を意味し「吉」を配し、三地区が囲んだものを表したもの[22] 1971年4月1日[22]
鳥越村 Torigoe Ishikawa chapter.JPG 「と」を飛鳥に想像し、図案化したもの[22] 1971年4月1日[22]
尾口村 Oguchi Ishikawa chapter.JPG 「オ」を図案化したもの[22] 1971年4月1日[22]
白峰村 Shiramine Ishikawa chapter.JPG 「シ」を図案化したもの[22] 1971年4月1日[22]
能美郡 辰口町 Tatsunokuchi Ishikawa chapter.JPG 「タ」を円形に図案化したもの[24] 1956年1月20日[24]
寺井町 Terai Ishikawa chapter.JPG 「テライ」を組合せて図案化したもの[24] 1956年10月1日[24]
根上町 Neagari Ishikawa chapter.JPG 「ネ」を図案化したもの[24] 1956年10月1日[24]
鳳至郡 能都町 Foremer Noto Ishikawa chapter.jpg 「のと」と「和(○)」を図案化したもの[25] 1975年6月10日[25] 2005年3月1日
柳田村 Yanagida Ishikawa chapter.png 「や」を平仮名の太字に図案化したもの[25] 1969年7月1日[25]
珠洲郡 内浦町 Uchiura Ishikawa chapter.jpg 「う」を基にし、を組み合わせたもの[25] 1961年10月1日[25]
鹿島郡 鳥屋町 (著作権存続) 「と」を水鳥の形に図案化したもの[26] 1975年8月16日[26]
鹿島町 Kashima Ishikawa chapter.png 外側は「和(○)」を表し、中側に「カシマ」を図案化したもの[26] 1974年9月28日[26]
鹿西町 Rokusei Ishikawa chapter.png 「6」・織機歯車農業の稲穂・鹿の角をシンポライズし、図案化したもの[26] 1962年7月1日[26]
羽咋郡 志雄町 (著作権存続) 「志」を六角と三つの菱形に形どり、二つの三角形を上下の位置方向に組み合わせたもの[27] 1969年12月8日[27]
押水町 (著作権存続) 「水」を樹木で図案化したもの[27] 1965年11月3日[27]
羽咋郡 志賀町 (著作権存続) 「シ」をハトにかたどったもの[28] 1971年6月15日[28] 2005年9月1日 初代の町章である
富来町 (著作権存続) 「と」を意匠化したもの[28] 1971年9月28日[28]
加賀市 Former Kaga Ishikawa chapter.JPG 「カ」を二つ円形に組み合せたもの[29] 1958年1月1日[29] 2005年10月1日 初代の市章である
江沼郡 山中町 Yamanaka Ishikawa chapter.JPG 「山中」を図案化したもの[29] 1959年10月10日[29]
輪島市 Former Wajima Ishikawa chapter.JPG 中心の輪を「マ」が四つで囲み、「輪四マ」から「輪じま」を表したもの[30] 1957年10月2日[30] 2006年2月1日 初代の市章である
前大峰の作品である[30]
鳳珠郡 門前町 Monzen Ishikawa chapter.JPG 「モン」をモノグラム化したもの[30] 1963年8月26日[30]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

書籍[編集]

  • 『図典 日本の市町村章』 小学館辞典編集部、小学館2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113
  • 近藤春夫 『都市の紋章 : 一名・自治体の徽章』 行水社、1915年NDLJP:955061
  • 中川幸也 『シリーズ人間とシンボル第2号「都市の旗と紋章」』 中川ケミカル、1987年10月11日
  • 丹羽基二 『日本の市章 (西日本)』 保育社、1984年5月5日
  • 望月政治 『都章道章府章県章市章のすべて』 日本出版貿易株式会社、1973年7月7日
  • NHK情報ネットワーク 『NHKふるさとデータブック4 [北陸・甲信越]』 日本放送協会、1992年4月1日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 図典 日本の市町村章 p105
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 図典 日本の市町村章 p106
  3. ^ 七尾市の市章
  4. ^ 小松市章・市の木・市の花・市歌
  5. ^ 輪島市市章の制定について
  6. ^ 新・加賀市の市章
  7. ^ 加賀市市章取扱規程
  8. ^ かほく市の概要
  9. ^ 白山市章条例
  10. ^ 能美市章
  11. ^ NHKふるさとデータブック p402
  12. ^ 志賀町章
  13. ^ 宝達志水町章
  14. ^ a b ろくなん合併協議会だより 第25号
  15. ^ 能登町章・町民憲章
  16. ^ a b 都市の紋章 : 一名・自治体の徽章 p65
  17. ^ a b c d e f 高松町・七塚町・宇ノ気町合併協議会 慣行の取扱いについて
  18. ^ a b NHKふるさとデータブック p394
  19. ^ a b NHKふるさとデータブック p399
  20. ^ NHKふるさとデータブック p397
  21. ^ a b c d e f g h i 七尾・鹿北1市3町の市・町章
  22. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 松任・石川広域合併協議会 慣行の取り扱い
  23. ^ 松任市章条例
  24. ^ a b c d e f 根上町・寺井町・辰口町合併協議会 慣行の取り扱い
  25. ^ a b c d e f 能都町・柳田村・内浦町合併協議会 慣行の取り扱い
  26. ^ a b c d e f 鹿南合併協議会 慣行の取り扱いについて
  27. ^ a b c d 志雄・押水合併協議会の調整内容 慣行の取扱い
  28. ^ a b c d 志賀町・富来町合併協議会の調整方針 慣行の取扱いについて
  29. ^ a b c d 加賀市・山中町合併協議会 慣行の取り扱いについて
  30. ^ a b c d e 輪島市・門前町合併協議会 慣行の取扱いについて