熊本県の市町村章一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

熊本県の市町村章一覧(くまもとけんのしちょうそんしょういちらん)は、熊本県内の市町村に制定されている、あるいは制定されていた市町村章の一覧である。なお、一覧の順序は全国地方公共団体コード順による。廃止された市町村章は廃止日から順に掲載している。

市部[編集]

市章 由来 制定日 備考
熊本市 Symbol of Kumamoto Kumamoto.svg 「く」を図案化したもの[1] 1969年8月1日[1] 2代目の市章である
八代市 Symbol of Yatsushiro Kumamoto.svg 「6」と「八」を図案化したもの[2] 2005年8月1日[2] 3代目の市章である
色は「6」は青色、「八」は左側は緑色・右側は赤色が指定されている[3]
人吉市 Hitoyoshi Kumamoto chapter.JPG 「ヒ」を飛鳥を想像する形で図案化したもの[4][2] 1972年10月7日[2] 3代目の市章である
荒尾市 Symbol of Arao Kumamoto.svg 「ア」を図案化したもの[1] 1962年4月1日[1] 2代目の市章である
水俣市 Minamata Kumamoto chapter.JPG 「水」を図案化し、「M」に変形したもの[5][2] 1949年4月1日[2] 色は薄水色・金色・紺色が指定されている[6]
玉名市 Symbol of Tamana Kumamoto.svg 「タ」を図案化したもの[7] 2005年10月3日[7] 2代目の市章である
色は左側の丸は青色・右側の丸は緑色、中心は橙色が指定されている[8]
山鹿市 Yamaga Kumamoto chapter.JPG 「山」と山鹿灯篭を図案化したもの[9] 2005年1月15日[9] 2代目の市章である
菊池市 Kikuchi Kumamoto chapter.JPG 「キ」を図案化したもの[10] 2005年3月22日[10] 2代目の市章である
宇土市 Uto Kumamoto chapter.JPG 「う」・「と」を図案化したもの[10] 1956年5月16日[10] 2001年3月13日に告示される[11]
上天草市 Symbol of Kamiamakusa Kumamoto.svg 「天」を図案化したもの[10] 2004年3月31日[10] 色は緑色・青色・橙色が指定されている[12]
宇城市 Symbol of Uki Kumamoto.svg 「U」を図案化したもの[10] 2005年1月15日[10] 色は橙色・緑色・青色が指定されている[13]
阿蘇市 Emblem of Aso, Kumamoto.svg 「A」・「S」を図案化したもの[1] 2004年11月22日[1] 橙色・緑色・青色が指定されている[14]
天草市 Emblem of Amakusa Kumamoto chapter.svg 「ア」を図案化したもの[1] 2006年3月27日[1] 色は左から緑色・青色・水色が指定されている。[15]
合志市 Symbol of Koshi Kumamoto.svg 「K」を図案化したもの[7] 2006年2月27日[7] 色は円は赤色・右上部は緑色・下部は青色に指定されている[16]

町村部[編集]

町村 町村章 由来 制定日 備考
下益城郡 美里町 Symbol of Misato Kumamoto.svg 「M」を図案化したもの[2] 2004年11月1日[2] 「M」は緑色で中心円は橙色が指定されている[17]
玉名郡 玉東町 Gyokuto Kumamoto chapter.JPG 全体は「東」を図案化し、中央から右部分は「玉」を意味たもの[18][10] 1967年4月1日[18] 1967年2月に玉東村章として制定されていたもを再制定する[10]
南関町 Nankan Kumamoto chapter.JPG 「ナンカン」を図案化し、「南」を象ったもの[19][10] 1956年1月12日[10]
長洲町 Symbol of Nagasu Kumamoto.svg 「ナ」を図案化し、「千鳥ヶ浜」と呼ばれていたことから、「千鳥」を表したもの[20][10] 1974年10月1日[10]
和水町 Symbol of Nagomi Kumamoto.svg 「和水」を図案化したもの[10] 2006年3月1日[10] 水色・黄緑色が指定されている[21]
菊池郡 大津町 Symbol of Ozu Kumamoto.svg 「つ」を円形にし、ツツジの花びらに「大」を表し、図案化したもの[22][10] 1987年8月24日[10] 1970年1月1日の広報おおづまちには現在、使用されている町章が掲載されている[23]
菊陽町 Symbol of Kikuyo Kumamoto.svg 「キ」を図案化したもの[10] 1972年4月1日[24] 1986年3月31日に告示される[10][25]
阿蘇郡 南小国町 (著作権存続) 志賀瀬川小国杉・「和」を表している[26][2] 1972年4月1日[2]
小国町 (著作権存続) 太陽の中に小国杉がある山を配し、「小」を表している[27][2] 1980年6月10日[2]
産山村 (著作権存続) 「う」を図案化したもの[10] 1974年[28]
高森町 Symbol of Takamori Kumamoto.svg 「タ」を図案化したもの[7] 1969年9月26日[7]
西原村 Symbol of Nishihara Kumamoto.svg 「二」を図案化したもの[7] 1977年8月20日[7]
南阿蘇村 (著作権存続) 「A」を表したもの[2] 2005年2月13日[2] 色は深緑色と橙色が指定されている[29]
2004年10月23日に公表され、2005年2月13日に制定された[29]
上益城郡 御船町 Mifune Kumamoto chapter.JPG 「ミ」と周囲の船の形が「御船」を表したもの[30][2] 1960年4月1日[2]
嘉島町 (著作権存続) 「嘉島」を図案化したもの[10] 1968年12月1日[10] 嘉島村章として制定され、町制施行後に継承される
益城町 Mashiki Kumamoto chapter.JPG 「益」を図案化したもの[2] 1989年6月22日[2] 制定前から使用されていた[31]
甲佐町 Symbol of Kosa, Kumamoto.svg 「甲」を基にし、ハトの両翼を配しているもの[32][10] 1958年3月14日[10] 1984年10月9日に告示される[33]
山都町 Symbol of Yamato Kumamoto.svg 「山」を意匠化したもの[9] 2005年2月11日[9] 色は橙色と緑色が指定されている[34]
八代郡 氷川町 Hikawa Kumamoto chapter.JPG 「ひ川」を一体化したもの[2] 2005年12月1日[2]
葦北郡 芦北町 Symbol of Ashikita Kumamoto.svg 「タ」・「ア」を意匠化したもの[1] 2005年1月1日[1] 2代目の町章である
色は青色と赤色が指定されている[35]
津奈木町 Tsunagi Kumamoto chapter.JPG 「ツ」を図案化したもの[36][7] 1969年4月1日[7]
球磨郡 錦町 Nishiki Kumamoto chapter.JPG 「二」を図案化したもの[7] 1955年8月1日[7] 錦村章として制定され、町制施行後に継承される
多良木町 Symbol of Taragi Kumamoto.svg 「タ」図案化したもの[7] 1986年6月1日[7] 1973年に制定されていたのを再制定したもの[37]
湯前町 (著作権存続) 「ユ」を図案化したもの[9] 1970年2月10日[2]
水上村 (著作権存続) 「ミ」を球磨川の波模様と急流に図案化したもの[38][2] 1969年10月1日[2]
相良村 Symbol of Sagara Kumamoto.svg 「さ」を図案化したもの[7] 1971年9月21日[7]
五木村 Symbol of Itsuki Kumamoto.svg 「五」をと「円」を表したもの[39][1] 1971年9月21日[1]
山江村 Symbol of Yamae Kumamoto.svg 「山」を図案化したもの[9] 1979年5月17日[9]
球磨村 Kuma Kumamoto chapter.JPG 「くま」を左右に組み合わせたもの[10] 1954年4月1日[10] 1968年1月12日に告示される[40]
あさぎり町 Symbol of Asagiri Kumamoto.svg 「a」を表したもの[1] 2003年4月1日[1] 色は緑色と紺色が指定されている[41]
天草郡 苓北町 Reihoku Kumamoto chapter.JPG 「レイ」を組み合わせて近代的に図案化し、さらに上部の両端を切り離して、「北」を表したもの[42][9] 1962年10月25日[43] 1962年11月に再制定される[9]

廃止された市町村章[編集]

市郡 町村 市町村章 由来 制定日 廃止日 備考
熊本市 Former Kumamoto Kumamoto chapter.png 外輪は9つの「マ」と「本」を図案化したもの[44] 1906年3月3日[44] 1969年8月1日 初代の市章である
八代市 Former Former Yatsushiro Kumamto chapter.png 「八代」を円形に図案化したもの[45] 1940年9月1日[45] 1970年8月17日 初代の市章である
人吉市 Former Hitoyoshi Kumamoto chapter.png 「人吉」を図案化したもの[46] 1950年6月[46] 1972年10月7日 初代の市章である
天草郡 新和町 Former Shinwa Kumamoto chapter.png 不明 不明 1985年11月3日 初代の町章である
飽託郡 北部町 Hokubu Ibaraki chapter.png 「北」を図案化し、左右対称は旧二村(西里村川上村)を表したもの[47] 1968年4月1日[47] 1991年2月1日 北部村制時に募集され、町制施行後に継承された[47]
河内町 (著作権存続) 「か」を近代感覚に図案化し、ミカンとその葉っぱを表したもの[48] 1976年11月1日[48]
飽田町 (著作権存続) 「ア」を斜めに図案化したもの[49] 1980年4月1日[49]
天明町 Tenmei Kumamoto chapter.png 「て」を図案化したもの[50] 1975年9月16日[50][51]
球磨郡 上村 Kami Kumamoto chapter.png 「ウエ」を円型に図案化し、雄和と発展を表したもの[52][53] 1973年7月4日[53] 2003年4月1日
免田町 Menda Kumamoto chapter.png 「め」を図案化し、「O」=「発展」・「V」=「Victory(勝利)」を表し、連体を表していることを意味したもの[54][55] 1982年1月25日[54] 制定前は作成されていなかった[56]
岡原村 (著作権不明) 「オ」を図案化したもの[57] 不明[58]
須恵村 (著作権不明) 「ス」を飛翔する鳥を想像しかつ白抜きの円を配し、意匠化したもの[59] 不明[60]
深田村 (著作権存続) 「フ」を円形にし、図案化したもの[61] 1972年[62]
天草郡 大矢野町 (著作権存続) 「大」を人間の形に図案化し、健康を表したもの[63][64] 1982年3月31日[64] 2004年3月31日
松島町 Matsushima Kumamoto chapter.jpg 「マツシマ」を円形に図案化したもの[65][65] 1955年4月1日[65][65] 松島村章として制定され、町制施行後に継承された
姫戸町 (著作権存続) 「ひ」を飛翔する鳥の形に図案化したもの[66][67][68] 1975年4月1日[66] 1979年11月に再制定される[69]
龍ヶ岳町 (著作権存続) 「り」を意匠化し、中央を龍ヶ岳(山)と表したもの[70][71] 1975年5月[72][70]
下益城郡 中央町 (著作権存続) 「和」を表している[73] 1975年9月1日[74] 2004年11月1日 色は緑色が指定されている[73]
砥用町 Tomochi Kumamoto chapter.jpg 「と」を円形に図案化したもの[75][73] 1955年4月1日[76] 1958年に再制定される[73]
葦北郡 芦北町 Former Ashikita Kumamoto chapter.jpg 「ア」を円形に図案化したもの[77][78] 1957年9月[78] 2005年1月1日 初代の町章である
田浦町 (著作権存続) 「タ」を図案化したもの[78] 1969年4月[78]
宇土郡 三角町 Misumi Kumamoto chapter.jpg 「M」を円形にし、中側に三角を抱いたもの[79][80] 1962年1月[80] 2005年1月15日
不知火町 (著作権存続) 「シ」を不知火の炎の様に図案化したもの[81][80] 1973年[80]
下益城郡 松橋町 Matsuhashi Kumamoto chapter.jpg 全体は「」を意匠化し、松葉の模様に「せ」を組み合わせたもの[80] 1959年[80]
小川町 Ogawa Kumamoto chapter.jpg 「小川」を図案化したもの[80] 1959年8月[80]
豊野町 Toyono Kumamoto chapter.jpg 「と」を図案化し、点を町(制定当時は村であった)としたもの[82][80] 1968年9月[80][83] 豊野村章として制定され、町制施行後に継承された
山鹿市 Former Yanaga Kumamoto chapter.gif 「山」を中央に配しかつ図案化し、円で和を表したもの[84][85] 1954年7月9日[85]
鹿本郡 鹿北町 Kahoku Kumamoto chapter.jpg 鹿の角で北を表している[86] 1963年9月21日[87] 鹿北村章として制定されていたもを町制施行後に継承された
菊鹿町 (著作権存続) 「き」を図案化したもの[88] 1975年[88]
鹿本町 Kamoto Kumamoto chapter.jpg 「カモト」を結合して表したもの[89] 1955年4月1日[89]
鹿央町 (著作権存続) 「カ」を円く置き、中に「央」を入れたもの[90] 1966年[91]
阿蘇郡 一の宮町 Ichinomiya Kumamoto chapter.gif 「宮」を図案化し、「一の宮」を象ったもの[92][93][94] 1981年11月15日[93] 2005年2月11日
阿蘇町 Symbol of Aso-town Kumamoto chapter.svg 「アソ」を図案化したもの[95] 1998年3月2日[96] 制定前から使用されていた[97][95][98]
波野村 Namino Kumamoto chapter.gif 「波」を外側に略し、中央に「野」を平仮名で表したもの[99] 1955年10月3日[100]
蘇陽町 Soyo Kumamoto chapter.gif 「ソ」・「ヨ」を図案化したもの[101] 1972年12月7日[102]
上益城郡 矢部町 Yabe Kumamoto chapter.gif 「矢べ」を同時に表したもの[103] 1955年2月1日[104]
清和村 Seiwa Kumamoto chapter.gif 円は「和」を表し、「セ」を図案化したもの[105] 1956年7月1日[105] 色は臙脂色が指定されている[106]
阿蘇郡 白水村 (著作権存続) 「ハク」を図案化したもの[107] 1972年8月1日[107] 2005年2月13日
久木野村 Kugino Kumamto chapter.png 「ク」で阿蘇を表し、中央に白川の流れを配したもの[108] 1973年4月5日[109][110]
長陽村 (著作権存続) 「チ」を図案化したもの[111] 1972年11月30日[112]
菊池市 Former Kikuchi Kumamoto chapter.gif 「キクチ」の文字をハトの羽ばたきを表し、図案化したもの[113][114] 1957年8月10日[115][116] 2005年3月22日 色は黒色と金色が指定されている[116]
菊池町章として制定され、初代の市章として継承された
菊池郡 七城町 (著作権存続) 「七」を図案化したもの[114] 1989年3月22日[117] 制定前から使用されていた[118]
旭志村 (著作権存続) 「旭」の写しを図案化したもの[119][114] 1971年[114]
泗水町 (著作権存続) 「し」を変形し、合志川の流れと北側と東西に伸びる泗水町の地形を針型に象徴たもの[120][114] 1970年10月[121]
八代市 Former Yatsuhsiro Kumamoto chapter.JPG 「八」を工業地域を象徴する歯車と海鳥の翼を表している[122][123] 1970年8月17日[123][124][125] 2005年8月1日 初代の市章である
八代郡 鏡町 Kagami Kumamoto chapter.png 「カ」を象り、図案化したもの[126][123] 1957年2月1日[123][126]
東陽村 (著作権存続) 「と」をハトの形にあしらったもの[127][123] 1971年11月[123]
千丁町 (著作権存続) 「千丁」を図案化したもの[123] 1968年3月[123] 千丁村章として制定された
坂本村 (著作権存続) 「サ」を円形に図案化し、全体は「サカモト」と読めるもの[128][123] 1967年6月[123]
泉村 (著作権存続) 「い」を図案化したもの[123] 1969年4月[123]
竜北町 (著作権存続) 「り」を図案化したもの[123][129] 1974年4月1日[123][129] 2005年10月1日
宮原町 (著作権存続) 「み」を図案化したもの[123] 1970年8月[123]
玉名市 Former Tanana Kumamoto chapter.png 「タ」を円形に図案化したもの[130] 1954年7月18日[130][131] 2005年10月3日
玉名郡 岱明町 Taimei Kumamoto chapter.png 「タ」を円形に図案化したもの[130] 1970年4月1日[130][132]
横島町 (著作権存続) 「ヨ」を有明海干拓新地を抱含している形に変形したもの[133][130] 1968年11月[130]
天水町 (著作権存続) 全体的にミカンを基幹とし、「テ」を変形して図案化したもの[134][130] 1975年9月[130]
菊池郡 合志町 Goshi Kumamoto chapter.JPG 「こ」を図案化したもの[135] 1967年4月1日[135][136] 2006年2月27日
西合志町 Nishigoshi Kumamoto chapter.JPG 「に」を円形に図案化したもの[137][138] 1967年10月1日[139][140]
玉名郡 菊水町 (著作権存続) 「キ」と「水」を基にして図案化したもの[130] 1994年10月[130] 2006年3月1日 制定前から使用されていた[141][142]
三加和町 Mikawa Kumamoto chapter.gif 三本の川と合併前の三村を表している[143][130] 1960年4月1日[144] 三加和村章として制定され、1969年1月に再制定された。[130]
本渡市 Hondo Kumoto chapter.gif 「本」を有明海の波頭の形に図案化したもの[145][146][147] 1954年12月22日[145][115][148][147] 2006年3月27日
牛深市 Ushibuka Kumamoto chapter.gif 「う」を四つ組み合わせて、牛深港漁港)を表し、図案化したもの[149][150] 1954年7月1日[115][116] 1954年10月20日に告示される[149]
天草郡 有明町 (著作権存続) 「有」を円形(丸く)に図案化したもの[151][152][153] 1966年11月15日[151]
御所浦町 (著作権存続) 「御」を図案化し、黒い部分は御所浦島横浦島牧島天皇の象徴である勾玉であり、白い部分はを表したもの[154][155][156] 1973年11月[155] 色は黒色と白色が指定されている[154]
倉岳町 Kratake Kumaoto chaptrer.gif 三つの「ク」を巴形に図案化し、それは合併前の三村(宮田村棚底村浦村)を表したもの[157][158][159] 1965年6月[157]
栖本町 Sumoto Kumamoto chapter.png 「す」を平仮名に、「本」を図案化したもの[160][161] 1962年12月1日[160]
新和町 (著作権存続) 「シ」を円形にし、図案化したもの、それは合併前の四村(宮地村中田村碇石村大多尾村)を表したもの[162][163][164] 1985年11月3日[162] 2代目の町章である
五和町 Itsuwa Kumamoto chapter.gif 「五」を図案化したもの[165] 1965年5月1日[166]
天草町 Amakusa-town Kumamoto chapter.png 「ア」と「マ」を組み合わせて図案化したもの[167][168] 1965年8月20日[169]
河浦町 Kawaura Kumamoto chapter.gif 「河」を図案化したもの[170] 1957年11月[171]
下益城郡 富合町 Tomiai Kumaoto chapter.gif 「と」を円形に図案化したもの[172][7] 1974年7月1日[7][173] 2008年10月6日 熊本県章に類似しているが、類似しないように考慮したもの[172]
城南町 Jyonan Kumamoto chapter.JPG 「城南」を図案化し、底辺の三角は「山・川・平地」を表したもの[174][7] 1956年5月15日[7] 2010年3月23日
鹿本郡 植木町 Ueki Kumamoto chapter.jpg 「う」を図案化したもの[1] 1980年1月1日[1][175]


参考文献[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]