福島県の市町村章一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

福島県の市町村章一覧(ふくしまけんのしちょうそんしょういちらん)は、福島県内の市町村に制定されている、あるいは制定されていた市町村章の一覧である。なお、一覧の順序は全国地方公共団体コード順による。廃止された市町村章は廃止日から順に掲載している。

市部[編集]

市章 由来 制定日 備考
福島市 Fukushima Fukushima chapter.JPG 9つの「フ」と4つの「マ」を表している[1] 1924年6月4日[1]
会津若松市 Symbol of Aizuwakamatsu Fukushima.svg 「会」の旧字体である「會」を図案化したもの[2][1] 1927年4月26日[1] 制定前から使用されていたものを1927年4月26日に正式に制定される[3]
郡山市 Symbol of Koriyama Fukushima.svg 「山」の字である小篆を図案化したもの[4][5] 1967年4月1日[6] 江戸時代から使用されてきたが、旧郡山市制時の1930年6月5日に制定された[4][5]
いわき市 Symbol of Iwaki Fukushima.svg 「い」を図案化したもの[7] 1967年10月1日
白河市 Shirakawa Fukushima chapter.JPG 「白」を図案化したもの[5] 2005年11月7日[5] 2代目の市章である
色は青色・水色・赤色が指定されている[8]
須賀川市 Symbol of Sukagawa, Fukushima.svg 「す」を末広がりにして図案化したもの[9][5] 1954年6月10日[5]
喜多方市 Symbol of Kitakata Fukushima.svg 「喜」の異体字を図案化したもの[7] 2006年7月4日[5] 色は円は赤色・それ以外は緑色が指定されている[10]
3代目の市章である
相馬市 Symbol of Soma Fukushima.svg 「そ」を図案化したもの[5] 1962年12月28日[5]
二本松市 Nihonmatsu Fukushima chapter.JPG 「N」を図案化したもの[11] 2005年12月1日[11] 色は中央の線は青色に上下の線は緑色に指定されている[12]
2代目の市章である
田村市 Tamura Fukushima chapter.JPG 「田」を図案化したもの[11] 2005年8月25日[11] 色は緑色が指定されている[13]
南相馬市 Minamisoma Fukushima chapter.JPG 合併前の原町市鹿島町小高町を表している[14] 2006年1月1日[14] 色は左下円は青色・右下円は緑色・中央上部円は橙色である[15]
伊達市 Symbol of Date Fukushima chapter.svg 弦月を表している[11] 2006年3月16日[11] 色は青色・黄色が指定されている[16]
本宮市 Symbol of Motomiya Fukushima.svg 「も」を図案化したもの[17] 2007年1月1日[18] 色は緑色と青色が指定されている[18]

町村部[編集]

町村 町村章 由来 制定日 備考
伊達郡 桑折町 Kori Fukushima chapter.JPG 上方のかっこが「コ」・下方のかっこが「オ」・中央の白い空間が「リ」を図案化したもの[19][5] 1965年1月1日[5][20]
国見町 Kunimi Fukushima chapter.JPG 三つの「国」を合わせたものを表している[7] 1955年9月19日[7]
川俣町 Symbol of Kawamata Fukushima.svg 「カ」を飛鳥の様に図案化したもの[21][7] 1965年10月10日[7]
安積郡 大玉村 Symbol of Otama Fukushima.svg O」と「T」を組み合わせたもの[7] 1972年6月26日[7]
岩瀬郡 鏡石町 (著作権存続) 「カ」を図案化し、「石」を表している[7] 1969年1月20日[7]
天栄村 (著作権存続) 「て」・「ん」を図案化したもの[11] 1972年9月1日[11]
南会津郡 下郷町 Symbol of Shimogo Fukushima.svg 「しも」を図案化したもの[5] 1980年4月29日[5]
檜枝岐村 (著作権存続) 「ひ」・「の」を合成し、図案化したもの[14] 1972年11月[14]
只見町 Symbol of Tadami Fukushima.svg 「只」を三つに図案化したもの[5] 1968年10月[5]
南会津町 Symbol of Minamiaizu Fukushima.svg 「み」を図案化したもの[14] 2006年7月20日[14] 色は橙色・青色・緑色が指定されている。[22]
耶麻郡 北塩原村 (著作権存続) 「北」を円形に図案化したもの[23][7] 1974年3月[7]
西会津町 Symbol of Nishiaizu Fukushima.svg 「西」を円形とV字型に近い形に図案化したもの[24][11] 1954年9月20日[11]
磐梯町 Bandai Fukushima chapter.JPG 「バン」・磐梯山を図案化したもの[25][14] 1964年10月2日[14] 色は黒色が指定されている[26]
他には文字が金色に指定されている[26]
猪苗代町 Symbol of Inawashiro Fukushima.svg 「い」を図案化し、中央部は磐梯山・下部は猪苗代湖を表したもの[27][1] 1975年12月12日[1] 1963年に制定されたものを告示したものである[28]
耶麻郡 会津坂下町 Aizubange Fukushima chapter.JPG 「ば」を大きな円と小さい円に合体して図案化したもの[29][1] 1965年3月16日[1]
湯川村 Yugawa Fukushima chapter.JPG 「ユ」を配し、「川」を表している[30] 1976年10月20日[30]
柳津町 Yanaizu Fukushima chapter.JPG 「ヤナイヅ」を図案化したもの[14] 1962年10月1日[14][31]
大沼郡 三島町 Mishima Fukushima chapter.jpg 「ミシマ」を組み合わせて図案化したもの[32][14] 1965年11月3日[14]
金山町 Symbol of Kaneyama Fukushima.svg 天は「カ」・地は「山」を図案化したもの[33][7] 1966年3月1日[7]
昭和村 (著作権存続) 羽根に「ショウワ」を配し、表したもの[7] 1967年3月20日[7]
会津美里町 Symbol of Aizumisato Fukushima.svg 「A」と「ミ」を表したもの[1] 1967年3月20日[1] 色は緑色と青色が指定されている[34]
西白河郡 西郷村 Symbol of Nishigo Fukushima.svg 「に」をスクリューの形に図案化したもの[35][14] 1967年11月3日[14]
泉崎村 (著作権存続) 「い」を意匠化したもの[1] 1968年11月1日[1] 地色は橙色であり、紋章は白色が指定されている[36]
中島村 (著作権存続) 「中」を現代的に図案化したもの[11] 1971年6月3日[11][37]
矢吹町 (著作権存続) 「矢」を図案化したもの[30] 1968年5月1日[30]
東白川郡 棚倉町 Tanakagura Fukushima chapter.JPG 「た」を図案化したもの[11] 1973年11月3日[11] 2代目の町章である
矢祭町 (著作権存続) 「や」を図案化したもの[30] 1973年4月15日[30]
塙町 Symbol of Hanawa Fukushima.svg 「はなわ」を大きい円と小さい円を合わせて図案化したもの[27][14] 1968年10月1日[14] 1968年11月13日に告示される[38]
鮫川村 (著作権存続) 「さ」を図案化したもの[5] 1972年11月21日[5]
石川郡 石川町 Ishikawa Fukushima chapter.JPG 「イシ」を組み合わせて図案化したもの[1] 1966年1月1日[39] 1966年1月12日に告示され、[39]7月1日に再制定される[1]
玉川村 Tamagawa Fukushima chapter.JPG 「た」を円形に図案化したもの[11] 1974年4月1日[40] 1974年6月27日に条例化される[11]
2代目の村章である
平田村 Symbol of Hirata Fukushima.svg 「ひ」を円形に図案化したもの[41][14] 1979年3月16日[14] 1984年6月22日に告示される[42]
浅川町 Symbol of Asakawa Fukushima.svg 「A」と鋭角は城山を表したもの[1] 1968年11月1日[1] 1968年10月15日に公表されたものを同年11月1日に制定される[43]
古殿町 Furudono Fukushima chapter.JPG 「ふ」を図案化し、中央には「」を配したもの[44][14] 1957年12月24日[14]
田村郡 三春町 Symbol of Miharu Fukushima.svg 全体は「みはる」を図案化し、「み」を円形にしたもの[30] 1958年11月3日[30]
小野町 Ono Fukushima chapter.JPG 「小」を円形に図案化したもの[7] 1960年5月[7]
双葉郡 広野町 (著作権存続) 「ひ」を円形と翼型に図案化したもの[45][14] 1972年9月1日[14]
楢葉町 Naraha Fukushima chapter.JPG 「N」とナラの葉を組み合わせて図案化したもの[11] 1976年4月1日[11] 1977年4月18日に規定される[46]
富岡町 (著作権不明) 三つの「ト」を図案化したもの[11] 不明[11]
川内村 Kawauchi Fukushima chapter.JPG 「カワ」を図案化したもの[7] 1978年4月1日[7] 1977年8月11日に条例化される[47]
2代目の村章である
大熊町 (著作権存続) 中央部には「大」・上部に「ク」・下部に「マ」を図案化したもの[48][7] 1969年11月1日[7]
双葉町 Symbol of Futaba Fukushima.svg 「双」を図案化したもの[14] 1972年10月1日[14]
浪江町 Symbol of Namie Fukushima.svg 「なミエ」を図案化(全体は「な」・翼の三枚は「ミ」・白地「エ」である)したもの[11] 1962年7月1日[11]
葛尾村 Symbol of Katsurao Fukushima.svg 「K」を図案化したもの[7] 1977年2月4日[7] 2代目の村章である
相馬郡 新地町 Symbol of Shinchi Fukushima.svg 「しん」を太平洋の波の形・鳥が飛ぶ姿に図案化したもの[49][5] 1971年11月1日[5]
飯館村 (著作権存続) 外円は村民の和を、半円は広大な村土を表したもの[1] 1966年7月[1]

廃止された市町村章[編集]

市郡 町村 市町村章 由来 制定日 廃止日 備考
石城郡 平町 Taira-town Fukushima chapter.jpg 「平」を図案化したもの[50] 1911年1月[50] 1937年6月1日
岩瀬郡 須賀川町 Sukagawa-town Fukushima chapter.JPG 「す」の図案化とを表している[51] 1912年[51] 1954年3月31日
平市 Taira Fukushima chapter.png 「平」を図案化したもの[52] 1937年6月1日[52] 1966年10月1日
磐城市 Former Iwaki Fukushima chapter.jpg 「イワキ」を図案化したもの[53] 1960年[53]
勿来市 Nakoso Fukushima chapter.jpg 「ナコソ」を図案化したもの[54] 1955年4月29日[54]
常磐市 Joban Fukushima chapter.jpg 「ジ」を図案化し、の耳を表しているもの[55] 不明
内郷市 Uchigo Fukushima chapter.jpg 「内」を図案化したもの[56] 不明
東白川郡 棚倉町 Symbol of Former Tanagura Fukushima.png 不明 1955年1月1日[57] 1973年11月3日 旧・棚倉町制時に初代の町章と制定される
大沼郡 本郷町 (著作権不明) 「ホン」を図案化したもの[58] 不明 1992年3月31日
北会津郡 北会津村 Kitaaizu Fukushima chapter.gif 「北」を図案化したもの[59] 1971年10月1日[59] 2004年11月1日
田村郡 滝根町 (著作権存続) 「た」を図案化したもの[60] 1969年11月3日[60] 2005年3月1日
大越町 Ogoe Fukushima chapter.gif 「大越」を図案化し、「大」を大きい両翼にし、「コエ」を二重の輪で囲んだもの[61][60] 1968年3月21日[60]
常葉町 Tokiwa Fukushima chapter.gif 「と」を合体して図案化したもの[62][60] 1963年12月20日[60]
船引町 Funehiki Fukushima chapter.gif 中央部は「船」を図案化し、外周に星を描いたもの[63][60] 1958年11月7日[60]
都路村 (著作権存続) 「み」を三角形に準えたもの[64][60] 1971年4月1日[60]
岩瀬郡 長沼町 (著作権存続) 「な」を円形にして図案化したもの[65][66] 1972年[66] 2005年4月1日
岩瀬村 (著作権存続) 「い」を変形し、大きな円と小さい円を描いたもの[67][68] 1968年11月3日[68]
大沼郡 会津高田町 Symbol of Aizutaka Fukushima chapter.svg 「た」を図案化したもの[59] 1965年10月26日[59] 2005年10月1日 1965年9月10日に公開された[69]
会津本郷町 (著作権存続) 「A」と「H」を合わせて図案化したもの[59] 1992年3月31日[59] 本郷町章として制定された
新鶴村 (著作権存続) 「に」をの姿に図案化したもの[70][59] 1973年12月[70] 1979年に再制定された[59]
河沼郡 河東町 (著作権存続) 「河」を円形にして図案化したもの[71][59] 1972年12月23日[59] 2005年11月1日 河東村章として制定され、町制施行後に継承される
緑色が指定されている[72]
白河市 Former Shirakawa Fukushima chapter.JPG 梅鉢と「白」を丸く浮かして表している[73][74] 1956年10月1日[74][75] 2005年11月7日
西白河郡 表郷村 (著作権存続) 「オモテ」を表している[74] 1972年4月[74]
大信村 Taishin Fukushima chapter.gif 融和と発展を山で表している[74] 1963年9月[74] 色は緑色が指定されている[76]
東村 (著作権存続) 「東」を円で囲んだものを表している[74] 1965年5月[74]
二本松市 Former Nihonmatsu Fukushima chapter.gif 二本の松葉を組み合わせたもの[77] 1958年10月1日[78] 2005年12月1日 二本松町制時の1955年に制定され、市制施行後に継承された[79]
安積郡 安達町 Azumi Fukushima chapter.png 「安」を丸くして突出して羽ばたきを表しながら図案化したもの[80][77] 1965年1月20日[81]
岩代町 (著作権存続) 「イ」を斜線にして図案化したもの[82][77] 1971年4月[82][83]
東和町 Towa Fukushima chapter.gif 「東和(とうわ)」を図案化し、輪の中に「とう」を入れたもの[84][77] 1964年11月[85][84]
伊達郡 伊達町 (著作権存続) 「ダ」を表している[20] 1966年11月6日[20] 2006年1月1日
梁川町 Yanagawa Fukushima chapter.JPG 「ヤ」を図案化したもの[20] 1965年10月1日[20]
保原町 Hobara Fukushima chapter.JPG 「ホ」を円形と両翼にして図案化したもの[86][20] 1957年12月[20]
霊山町 Symbol of Ryozen Fukushima.svg 「り」を図案化し、「山」を表したもの[87][20] 1964年5月[20]
月舘町 Tsukidate Fukushima chapter.JPG 「月」を両翼にして図案化したもの[88][20] 1965年7月17日[20]
原町市 Haramachi Fukushima chapter.JPG 「原」を図案化したもの[89] 1958年3月17日[89] 2代目の市章である
相馬郡 鹿島町 Kashima Fukushima chapter.gif 「カ」を図案化したもの[89] 1963年3月30日[89]
小高町 (著作権存続) 「小」を大きい輪一つと小さい輪二つで図案化したもの[90][89] 1974年7月1日[89]
喜多方市 Former Kitakata Fukushima chapter.jpg 「き」を翼型にして図案化したもの[91][92] 1961年8月19日[92] 2006年1月4日 2代目の市章である
耶麻郡 熱塩加納村 (著作権存続) 「ア」を図案化したもの[92] 1974年3月15日[92]
塩川町 Shiokawa Fukushima chapter.gif 「し」を図案化したもの[92] 1964年10月24日[92]
山都町 Yamato Fukushima chapter.gif 「山ト」を歯車の形に図案化したもの[93][92] 1954年3月30日[92] 1952年8月に制定され、1954年3月30日に再制定された[93][92]
高郷村 (著作権存続) 「タ」を輪の形にして図案化したもの[94][92] 1975年10月9日[92]
南会津郡 田島町 Symbol of Tajima Fukushima.jpg 「田」をみなみじゅうじ座に象り、図案化したもの[95] 1958年1月[95] 2006年3月20日
舘岩村 (著作権存続) 「たてい」を円形に表し、そのうち、「い」を輪にしたもの[95] 1969年4月1日[96][95]
伊南村 (著作権存続) 「い」を円形と跳ねて図案化したもの[97][95] 1973年9月[95]
南郷村 (著作権存続) 「ナ」を上下を角型にして図案化したもの[98][95] 1973年3月[95]
安達郡 本宮町 Motomiya-town Fukushima chapter.png 「も」を図案化したもの[30] 1971年2月10日[30] 2007年1月1日
白沢村 Shirasawa Fukushima chapter.jpg 「しらさわ(白さ輪)」を末広がりに表したもの[5] 1968年12月12日[5]
伊達郡 飯野町 Iino Fukushima chapter.JPG 「いいの」を図案化して組み合わせたもの[1] 1959年4月[1] 2008年7月1日

関連項目[編集]

参考文献[編集]

書籍[編集]

  • 『図典 日本の市町村章』 小学館辞典編集部、小学館2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113
  • 近藤春夫 『都市の紋章 : 一名・自治体の徽章』 行水社、1915年NDLJP:955061
  • 中川幸也 『シリーズ人間とシンボル第2号「都市の旗と紋章」』 中川ケミカル、1987年10月11日
  • 丹羽基二 『日本の市章 (東日本)』 保育社、1984年4月5日
  • 望月政治 『都章道章府章県章市章のすべて』 日本出版貿易株式会社、1973年7月7日
  • NHK情報ネットワーク 『NHKふるさとデータブック2 [東北]』 日本放送協会、1992年4月1日

自治体書籍[編集]

  • 平市 『平市勢要覧』 平市、1964年
  • 磐城市 『市勢要覧いわき』 磐城市、1962年
  • 勿来市 『市勢要覧なこそ』 勿来市、1961年
  • 常磐市 『常磐市制要覧』 常磐市、1965年
  • 内郷市 『内郷市制要覧』 内郷市、1962年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 図典 日本の市区町村 p49
  2. ^ NHKふるさとデータブック p719
  3. ^ 会津若松市章とシンボルマーク、花・木・鳥、唱歌
  4. ^ a b NHKふるさとデータブック p722
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 図典 日本の市区町村 p51
  6. ^ 郡山市章
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 図典 日本の市区町村 p50
  8. ^ 白河市章
  9. ^ NHKふるさとデータブック p734
  10. ^ 喜多方市章を定める件
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 図典 日本の市区町村 p52
  12. ^ 二本松市の市章について
  13. ^ 田村市章及び田村市旗
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 図典 日本の市区町村 p53
  15. ^ 南相馬市章
  16. ^ イメージカラー、伊達市章作図規定、ホワイトスペース
  17. ^ 本宮市の市章、花・木・鳥
  18. ^ a b 第20回本宮町・白沢村合併協議会 報告第73号関係 本宮市「市章デザイン」応募結果
  19. ^ NHKふるさとデータブック p744
  20. ^ a b c d e f g h i j k 伊達7町合併協議会 慣行の取り扱いについて
  21. ^ NHKふるさとデータブック p757
  22. ^ 南会津町章
  23. ^ NHKふるさとデータブック p798
  24. ^ NHKふるさとデータブック p804
  25. ^ NHKふるさとデータブック p808
  26. ^ a b http://www1.town.bandai.fukushima.jp/data/reiki_int/reiki_honbun/c545RG00000002.html 磐梯町章制定条例]
  27. ^ a b NHKふるさとデータブック p810
  28. ^ 猪苗代町の歴史
  29. ^ NHKふるさとデータブック p813
  30. ^ a b c d e f g h i j 図典 日本の市町村章 p54
  31. ^ わたしたちの柳津町 p93
  32. ^ NHKふるさとデータブック p826
  33. ^ NHKふるさとデータブック p828
  34. ^ 会津美里町町章
  35. ^ NHKふるさとデータブック p832
  36. ^ NHKふるさとデータブック p837
  37. ^ 中島村の沿革
  38. ^ 塙町章
  39. ^ a b 石川町町章条例
  40. ^ 玉川村村章制定条例
  41. ^ NHKふるさとデータブック p858
  42. ^ 平田村章及び平田村旗条例
  43. ^ 浅川町町章制定条例
  44. ^ NHKふるさとデータブック p852
  45. ^ NHKふるさとデータブック p876
  46. ^ 楢葉町章及び楢葉町旗規程
  47. ^ 川内村章及び村旗に関する条例
  48. ^ NHKふるさとデータブック p883
  49. ^ NHKふるさとデータブック p890
  50. ^ a b 都市の紋章 p54
  51. ^ a b 都市の紋章 p55
  52. ^ a b 平市勢要覧1964年版
  53. ^ a b 市勢要覧いわき1962年版
  54. ^ a b 市勢要覧なこそ1961年版
  55. ^ 常磐市市勢要覧1965年版
  56. ^ 内郷市勢要覧1962年版
  57. ^ 棚倉町勢要覧 棚倉の流れ
  58. ^ NHKふるさとデータブック p822
  59. ^ a b c d e f g h i j 会津若松市・河東町合併協議会の調整内容 慣行の取扱い
  60. ^ a b c d e f g h i j 田村地方5町村合併協議会の調整内容 慣行の取り扱い
  61. ^ NHKふるさとデータブック p869
  62. ^ NHKふるさとデータブック p872
  63. ^ NHKふるさとデータブック p873
  64. ^ NHKふるさとデータブック p870
  65. ^ NHKふるさとデータブック p772
  66. ^ a b 須賀川市・長沼町合併協議会 慣行の取り扱いについて
  67. ^ NHKふるさとデータブック p776
  68. ^ a b 須賀川市・岩瀬村合併協議会 慣行の取り扱いについて
  69. ^ 会津高田町長あいさつ
  70. ^ a b NHKふるさとデータブック p824
  71. ^ NHKふるさとデータブック p819
  72. ^ 「みなづる号」について
  73. ^ NHKふるさとデータブック p728
  74. ^ a b c d e f g h 白河市・表郷村・大信村・東村合併協議会協定項目調整内容
  75. ^ 日本の市章 (東日本) p21
  76. ^ NHKふるさとデータブック p842
  77. ^ a b c d 二本松・東北達地方合併協議会の調整方針 慣行の取り扱いについて
  78. ^ 都市の旗と紋章 p21
  79. ^ 二本松市章
  80. ^ NHKふるさとデータブック p760
  81. ^ 安達町章
  82. ^ a b NHKふるさとデータブック p769
  83. ^ 岩代町のあゆみ
  84. ^ a b NHKふるさとデータブック p770
  85. ^ 東和町のうつりかわり
  86. ^ NHKふるさとデータブック p751
  87. ^ NHKふるさとデータブック p752
  88. ^ NHKふるさとデータブック p755
  89. ^ a b c d e f 南相馬合併協議会協定項目調整内容 慣行の取扱い
  90. ^ NHKふるさとデータブック p894
  91. ^ NHKふるさとデータブック p736
  92. ^ a b c d e f g h i j k 喜多方地方5市町村合併協議会の調整内容 慣行の取扱いについて
  93. ^ a b NHKふるさとデータブック p802
  94. ^ NHKふるさとデータブック p807
  95. ^ a b c d e f g h 田島町・舘岩村・伊南村・南郷村合併協議会慣行の取扱いについて
  96. ^ NHKふるさとデータブック p784
  97. ^ NHKふるさとデータブック p789
  98. ^ NHKふるさとデータブック p791