広島県の市町村章一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

広島県の市町村章一覧(ひろしまけんのしちょうそんしょうのいちらん)は、広島県内の市町村に制定されている、あるいは制定されていた市町村章の一覧である。なお、一覧の順序は全国地方公共団体コード順による。廃止された市町村章は廃止日から順に掲載している。

市部[編集]

市章 由来 制定日 備考
広島市 Alex K Hiroshima-shi shisho.svg 広島藩の紋章を参考にカーブを付けて表している[1] 1896年5月19日[1]
福山市 Fukuyama Hiroshima chapter.JPG コウモリを山に象とったもの[2] 1917年7月1日[2][3]
呉市 Kure Hiroshima chapter.JPG
正章

Kure Hiroshima chapter (Ryakusho).jpg
略章
正章は「呉」を表し、九つの「レ」で象っている[2]
略章は上部は「呉」を表し、九つの「レ」で象り、下部は灰ヶ峰を表している[4]
1903年3月26日[2] 正章とは別デザインの紋章がある[5][4]
東広島市 (著作権存続) 「ひ」を表している[6] 1974年7月17日[6]
尾道市 Onomichi Hiroshima chapter.JPG 向島本州、その間に尾道水道を表している[1] 1898年10月4日[1]
廿日市市 Symbol of Hatsukaichi Hiroshima chapter.svg 「廿日」を図案化したもの[2] 1988年4月1日[7] 1969年7月25日に廿日市町章として制定され、市制施行後に継承された[2]
三原市 Mihara Hiroshima chapter.JPG 「三」を表している[6] 2005年10月1日[6] 色は水色・緑色・青色が指定されている[8]
2代目の市章である
三次市 (著作権存続) 「M」と「人」を表している[6] 2004年4月1日[6] 2代目の市章である
府中市 Fuchu Hiroshima chapter.svg 「フ中」を変形したもの[6] 1954年6月28日[6]
庄原市 (著作権存続) 「庄」を表している[2] 2005年3月31日[2] 色は黄色と若葉色が指定されている[9]
2代目の市章である
安芸高田市 Symbol of Akitakata Hiroshima chapter.svg 「高」を図案化したもの[1] 2004年3月1日[1] 2003年12月10日に公表される[10]
色は青色と緑色が指定されている[10]
竹原市 Takehara Hiroshima chapter.JPG 「竹」を表したもの[2] 1963年9月30日[2]
大竹市 Otake Hiroshima chapter.JPG 「オオ竹」を表したもの[1] 1954年12月27日[1]
江田島市 Symbol of Etajima Hiroshima chapter.svg 「E」と「波」を図案化したもの[1] 2004年11月1日[1] 色は青色と水色が指定されている[11]

町村部[編集]

町村 町村章 由来 制定日 備考
安芸郡 府中町 Fuchutown Hiroshima chapter.JPG 「ふ」を図案化したもの[6] 1970年5月8日[6] 1962年に制定されていたのを1970年5月8日に再制定される[6]
海田町 (著作権存続) 「K」を図案化したもの[6] 1968年7月[6] 色は黒色が指定されている[12]
熊野町 Kumano Hiroshima chapter.JPG 九つの「ク」と「ノ」を表している[1] 1948年10月1日[1]
坂町 Saka Hiroshima chapter.JPG 「S」と「」を表している[1] 1980年12月20日[6]
山県郡 北広島町 Kitahiroshima Hiroshima chapter.JPG 「K」・「ヒ」を図案化したもの[2] 2005年10月20日[2] 色は緑色と青色が指定されている[13]
安芸太田町 Akiota Hiroshima chapter.svg 「AKIOTA」を図案化したもの[1] 2004年10月1日[1] 色は緑色と赤色が指定されている[14]
豊田郡 大崎上島町 Osakikamijima Hiroshima chapter.JPG 大崎上島を表している[1] 2003年8月5日[1] 色は緑色と水色が指定されている[15]
世羅郡 世羅町 (著作権存続) 「S」を表したもの[2] 2004年10月1日[2] 色は赤色と白色が指定されている[16]
2代目の町章である
神石郡 神石高原町 Jinsekikogen Hiroshima chapter.JPG 「じ」を図案化したもの[2] 2004年11月5日[2]

廃止された市町村章[編集]

2004年以前[編集]

市郡 町村 市町村章 由来 制定日 廃止日 備考
松永市 Symbols of Matsunaga Hiroshima.png 「M」を円形にし、瀬戸内海の波と陸地から見える海の視界を近代的に図案化したもの[17] 1954年9月[17] 1966年5月10日
安佐郡 安佐町 (著作権存続) 「ア」を雄飛する鳥の型に図案化したもの[18] 1967年9月25日[18] 1971年5月20日
安芸郡 矢野町 (著作権不明) 「ヤノ」を図案化したもの[19] 不明 1975年3月20日
船越町 (著作権不明) 不明 不明
深安郡 駅家町 資料喪失の為不明 1975年2月1日
芦品郡 加茂町 資料喪失の為不明
佐伯郡 五日市町 (著作権存続) 「五」を二つの円形(半円ずつ)にしたもの[20] 1968年10月[20] 1985年3月20日
沼隈郡 内海町 Uchinomi Hiroshima chapter.jpg 「内」・「波」を図案化したもの[21] 1985年3月25日[22] 2003年2月3日 1956年に制定されていたのを再制定した[21]
芦品郡 新市町 Shinichi Hiroshima chapter.jpg 「しん市」を表している[23] 1958年[23]
佐伯郡 佐伯町 Saiki Hiroshima chapter.jpg 津田町浅原村玖島村友和村四和村を一つの輪として図案化したもの[24] 1955年4月1日[25] 2003年3月1日
吉和村 (著作権存続) 「よ」を基として人体を表したもの[26] 1971年10月1日[27]
豊田郡 大崎町 (著作権存続) 「大」を図案化したもの[28] 1981年6月26日[29] 2003年4月1日 色はコバルトブルーが指定されている[28]
東野町 (著作権存続) 外枠はミカンを象りかつ「ひ」を表し、内枠は「の」を表したもの[30] 1974年10月3日[31]
木江町 Kinoe Hiroshima chapter.jpg 「木江」を図案化したもの[32] 1955年1月[33]
豊田郡 下蒲刈町 (著作権存続) 「S」を図案化したもの[34] 1971年12月25日[35]
高田郡 吉田町 (著作権存続) 毛利元就の遺訓である三子教訓状の矢羽根を図案化したもの[36] 1988年10月28日[37] 2004年3月1日
八千代町 (著作権存続) 「森と湖の活き活きタウン」を図案化したもの[38][39] 1978年4月1日[40]
美土里町 (著作権存続) 「ミ」を図案化したもの[41] 1975年4月1日[42]
高宮町 (著作権存続) 「た」を図案化したもの[43] 1976年9月29日[44]
甲田町 Koda Hiroshima chapter.jpg 五龍城の城主であった宍戸氏の紋章の中に「甲田」を組み合わせて図案化したもの[45] 1956年4月1日[45][46]
向原町 (著作権存続) 町名の由来となった「日向かい」を図案化したもの[47] 1983年8月6日[48]
豊田郡 川尻町 (著作権存続) 町内に流れる三本の河川と「尻」を配したもの[49] 1969年10月1日[50] 2004年4月1日
甲奴郡 上下町 Joge Hiroshima chapter.jpg 「上下」を図案化したもの[51] 1956年[52]
三次市 Former Miyoshi Hiroshima chapter.jpg 「み」・「巴」・「人」を表したもの[53] 1954年9月10日[54] 初代の市章である
双三郡 三和町 Miwa Hiroshima chapter (Futami).jpg 「さ」を図案化し、三つの「輪」と「人」を表している[55][56] 1955年3月31日[56] 色は緑色が指定されている[57]
三良坂町 (著作権存続) 「輪」は平和を意味し、「三」は末広がり、即ち町の発展を表したもの[58] 1971年3月25日[59]
吉舎町 Kisa Hiroshima chapter.jpg 「キ」を大樹に見立てて図案化したもの[60] 1957年1月[60]
君田村 (著作権存続) 四つの「木」で森林を表しかつ円形は住民の融和と団結を意味し、「田」を配したもの[61] 1984年12月1日[62]
布野村 (著作権存続) 二つの「フノ」を円に構成したもの[63] 1967年10月1日[64]
作木村 (著作権存続) 「サ」を変形したもの[65] 1965年10月1日[66]
甲奴郡 甲奴町 (著作権存続) 「コーヌ」を図案化したもの[67] 1975年4月8日[68]
世羅郡 世羅町 Former Sera Hiroshima chapter.jpg 「セラ」を象ったもの[69][70] 1963年[71] 2004年10月1日 初代の町章である
世羅西町 (著作権存続) 「世」を円形に図案化し、周囲は四角を二つ重ねて、それを二四で「西」を表したもの[72] 1979年5月30日[73]
甲山町 Kozan Hiroshima chapter.jpg 「コ」を図案化したもの[74] 1955年4月1日[75] 1983年10月1日に再制定された[76]
山県郡 加計町 (著作権存続) 「カケ」を図案化したもの[77] 1970年8月20日[78]
筒賀村 (著作権存続) 緑濃い山と三本の樹木を図案化したもの[79] 1990年11月10日[79][80]
戸河内町 (著作権存続) 「と」・三段峡を図案化したもの[81] 1972年3月14日[82]
安芸郡 江田島町 Etajima-town Hiroshima chapter.jpg 上部の三角は古鷹山、下部の三本の筋は海、全体で「E」を表したもの[83] 1976年9月29日[84] 2004年11月1日
佐伯郡 能美町 (著作権存続) 「の」を図案化し、を表している[85] 1982年2月5日[86]
沖美町 (著作権存続) 「おきみ」を図案化したもの[87] 1979年3月15日[87]
大柿町 Okaki Hiroshima chapter.jpg 「大」をの形に図案化したもの[88] 1974年11月3日[89] 1974年11月2日に告示されている[88]
神石郡 三和町 (著作権存続) 「さ」を図案化したもの[90] 1979年7月1日[91] 2004年11月5日 1965年4月1日に制定されていたのを再制定した[90]
神石町 (著作権存続) 「石」を図案化し、「C」は・「○」は蒟蒻・小円の「○」は愛情を表したもの[92] 1981年12月1日[93]
油木町 (著作権存続) 「Y」と「円満」と油木・小野・新坂・仙養の1町3村の合併を表したもの[94] 1967年10月28日[95]
豊松村 (著作権存続) 「と」を太陽で図案化したもの[96] 1978年11月30日[97]

2005年以降[編集]

市郡 町村 市町村章 由来 制定日 廃止日 備考
沼隈郡 沼隈町 Numakuma Hiroshima chapter.jpg 「ヌ」を絡ませたもの[98] 1955年8月[99] 2005年2月1日
山県郡 芸北町 Geihoku Hiroshima chapter.jpg 「芸」を図案化したもの[100] 1977年4月30日[100] 1964年6月に制定していたのを再制定した[101]
大朝町 (著作権存続) 「大」を三つの三角形で図案化したもの[100] 1974年12月24日[100]
千代田町 (著作権存続) 「千」をの形に図案化したもの[100] 1968年12月23日[100]
豊平町 (著作権存続) 「とよ」を三つの輪で図案化し、「栄」を配したもの[100] 1970年10月23日[100]
賀茂郡 黒瀬町 (著作権存続) 「く」を結んで、「瀬」を図案化したもの[102] 1984年6月28日[103] 2005年2月7日
福富町 Fukutomi Hiroshima chapter.jpg 正三角形は鷹ノ巣山・その間の溝は沼田川支流・外円と四つの波形は賀茂台地を表している[104] 1960年4月[104]
豊栄町 Toyosaka Hiroshima chapter.jpg 「ト」を丸く図案化したもの[102] 1949年4月1日[105]
河内町 Kochi Hiroshima chapter.jpg 椋梨川沼田川の間(内)にあるという意味を表したもの[106] 1955年3月31日 旧・河内町制時の1952年4月1日に制定され、新町制施行時に継承された[107]
安芸郡 安芸津町 Symbol of Akitsu Hiroshima chapter.svg 「安」を円形に意匠化したもの[108] 1953年5月3日[108][109]
蒲刈町 (著作権存続) 「K」を象ったもの[110] 1976年9月30日[110][111] 2005年3月20日
音戸町 (著作権存続) 「オ」を図案化し、太陽を表している[112] 1979年10月1日[113]
倉橋町 (著作権存続) 「く」を図案化したもの[114] 1977年[115]
豊田郡 豊町 (著作権存続) 蜜柑と「ユ」を表している[116] 1980年7月1日[117] 橙色と緑色が指定されている[116]
安浦町 Yasuura Hiroshima chapter.jpg 「安」を図案化したもの[118][119] 1948年6月[118][120]
豊浜町 (著作権存続) 「と」・ミカンを象ったもの[121] 1988年6月23日[122] 色は橙色と青色が指定されている[123]
豊浜町民の応募作品に河野通男(制定当時:広島大学教授[121]現在は退職している[124])によって意匠化したもの
三原市 Former Mihara Hiroshima chapter.svg 「ミハラ」を図案化したもの[125] 1937年3月9日[125] 2005年3月22日 初代の市章である
豊田郡 本郷町 (著作権存続) 中央部は沼田川・古高山と新高山は外周を表している[125] 1976年2月2日[125]
久井町 (著作権存続) 「久」を図案化したもの[125] 1974年11月3日[125]
賀茂郡 大和町 Daiwa Hiroshima chapter.svg 「た」を図案化したもの[126] 1955年3月31日[126][127]
御調郡 御調町 Mitsugi Hiroshima chapter.JPG 「み」を図案化かつ配している[128] 1958年10月1日[128] 2005年3月28日
向島町 Mukaijima Hiroshima chapter.JPG 本州を表したものと「M」を図案化したもの[129] 1961年[129]
庄原市 Former Shobara Hiroshima chapter.JPG 全体的に「庄」を表したもの[130] 1955年1月26日[131] 2005年3月31日 初代の市章である
1977年2月1日に告示された[130]
比婆郡 西城町 Saijo Hiroshima chapter.JPG 「サ」を表したもの[130] 1964年11月[130]
東城町 (著作権存続) 「TOJO」を図案化したもの[130] 1965年3月29日[132]
口和町 (著作権存続) 「口和」を図案化したもの[130] 1978年11月25日[133]
高野町 (著作権存続) 「タ」を表したもの[130] 1984年10月[130]
比和町 (著作権存続) 「比和」を図案化したもの[130] 1991年10月1日[130]
甲奴郡 総領町 (著作権存続) 「S」を表したもの[130] 1965年5月4日[130]
佐伯郡 湯来町 Yuki Hiroshima chapter.JPG 「ユキ」をの形に図案化したもの[134] 1987年9月[134] 2005年4月25日 1959年9月1日に制定されていたのを再制定した[135]
大野町 (著作権存続) 「大の」を図案化したもの[136] 1970年4月1日[137] 2005年11月3日
宮島町 (著作権存続) 厳島神社の紋章である亀甲を取り入れ、その中に「宮」を図案化したもの[138] 1971年5月[139] 色は濃緑色が指定されている[138]
因島市 Innoshima Hiroshima chapter.svg 造船を表している[140] 1954年5月1日[140] 2006年1月10日
豊田郡 瀬戸田町 Setoda Hiroshima chapter.svg 「田」を象り、「セトタ」を「和」で表している[141] 1937年4月1日[142]
深安郡 神辺町 (著作権存続) 「カンナベ」を図案化したもの[143] 1984年4月15日[144] 2006年3月1日

関連項目[編集]

参考文献[編集]

書籍[編集]

  • 『図典 日本の市町村章』 小学館辞典編集部、小学館2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113
  • 近藤春夫 『都市の紋章 : 一名・自治体の徽章』 行水社、1915年NDLJP:955061
  • 中川幸也 『シリーズ人間とシンボル第2号「都市の旗と紋章」』 中川ケミカル、1987年10月11日
  • 丹羽基二 『日本の市章 (西日本)』 保育社、1984年5月5日
  • 望月政治 『都章道章府章県章市章のすべて』 日本出版貿易株式会社、1973年7月7日
  • NHK情報ネットワーク 『NHKふるさとデータブック7 [中国]』 日本放送協会、1992年5月1日

都道府県書籍[編集]

  • 広島県総務部広報広聴課 『わがまちのシンボル』 広島県、1994年4月

自治体書籍[編集]

  • 五日市町 『いつかいち 1979』 広島県佐伯郡五日市町、1979年
  • 中国観光地誌社 『松永市の展望』 楠務、1964年

ホームページ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 図典 日本の市町村章 p182
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 図典 日本の市町村章 p183
  3. ^ 福山市の紹介
  4. ^ a b 都市 一名 p73
  5. ^ 呉市徽章
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n 図典 日本の市町村章 p184
  7. ^ 廿日市市市章及び市旗の制定
  8. ^ 三原市市章
  9. ^ 庄原市政情報
  10. ^ a b 安芸高田市 市章デザインガイド
  11. ^ 江田島市章と江田島市旗の制定
  12. ^ 海田町章
  13. ^ 北広島町章データ
  14. ^ 安芸太田町町章及び町旗の制定
  15. ^ 大崎上島町章、大崎上島町旗について
  16. ^ 世羅町の町章・町花・町木
  17. ^ a b 松永市の展望 p48
  18. ^ a b 銘菓「やままゆの里」 - 随筆「故郷 安佐町」 -
  19. ^ 矢野の地名考
  20. ^ a b いつかいち 1979 p2
  21. ^ a b 第4回内海町・参考資料・慣行 - ウェイバックマシン(2004年12月8日アーカイブ分)
  22. ^ 広島県内海町
  23. ^ a b 第4回新市町・参考資料・慣行 - ウェイバックマシン(2004年12月8日アーカイブ分)
  24. ^ NHKふるさとデータブック p452
  25. ^ 広島県佐伯町
  26. ^ NHKふるさとデータブック p453
  27. ^ 広島県吉和村
  28. ^ a b NHKふるさとデータブック p508
  29. ^ 広島県大崎町
  30. ^ NHKふるさとデータブック p509
  31. ^ 広島県東野町
  32. ^ NHKふるさとデータブック p511
  33. ^ 広島県木江町
  34. ^ NHKふるさとデータブック p444
  35. ^ 広島県下蒲刈町
  36. ^ NHKふるさとデータブック p478
  37. ^ 広島県吉田町
  38. ^ NHKふるさとデータブック p480
  39. ^ 八千代町の紹介
  40. ^ 広島県八千代町
  41. ^ NHKふるさとデータブック p482
  42. ^ 広島県美土里町
  43. ^ NHKふるさとデータブック p484
  44. ^ 広島県高宮町
  45. ^ a b NHKふるさとデータブック p485
  46. ^ 広島県甲田町
  47. ^ NHKふるさとデータブック p487
  48. ^ 広島県向原町
  49. ^ NHKふるさとデータブック p502
  50. ^ 広島県川尻町
  51. ^ NHKふるさとデータブック p541
  52. ^ まちのあゆみ(上下町)
  53. ^ 旧・三次市のシンボル
  54. ^ 旧・三次市章制定
  55. ^ NHKふるさとデータブック p539
  56. ^ a b 双三郡三和町のシンボル
  57. ^ NHKふるさとデータブック p557
  58. ^ NHKふるさとデータブック p554
  59. ^ 広島県三良坂町
  60. ^ a b 吉舎町の概要
  61. ^ NHKふるさとデータブック p546
  62. ^ 広島県君田村
  63. ^ NHKふるさとデータブック p548
  64. ^ 広島県布野村
  65. ^ NHKふるさとデータブック p550
  66. ^ 広島県作木村
  67. ^ NHKふるさとデータブック p544
  68. ^ 広島県甲奴町
  69. ^ NHKふるさとデータブック p523
  70. ^ 世羅町の概要
  71. ^ 広島県(旧)世羅町
  72. ^ NHKふるさとデータブック p524
  73. ^ 広島県世羅西町
  74. ^ 町のすがた
  75. ^ 広島県甲山町
  76. ^ わがまちのシンボル p8
  77. ^ NHKふるさとデータブック p464
  78. ^ 広島県加計町
  79. ^ a b NHKふるさとデータブック p466
  80. ^ 広島県筒賀村
  81. ^ NHKふるさとデータブック p467
  82. ^ 広島県戸河内町
  83. ^ NHKふるさとデータブック p439
  84. ^ 広島県江田島町
  85. ^ 能美町のあらまし
  86. ^ 広島県能美町
  87. ^ a b 沖美町章
  88. ^ a b 大柿町章
  89. ^ 広島県大柿町
  90. ^ a b 三和町ホームページ 三和町について 町政要覧・資料 - 町章・町民憲章
  91. ^ 広島県神石郡三和町
  92. ^ NHKふるさとデータブック p535
  93. ^ 広島県神石町
  94. ^ 油木町概要
  95. ^ 広島県油木町
  96. ^ 豊松村の概要
  97. ^ 広島県豊松村
  98. ^ 第3回福山市・沼隈町合併協議会 慣行の取扱い - ウェイバックマシン(2004年11月26日アーカイブ分)
  99. ^ 広島県沼隈町
  100. ^ a b c d e f g h 山県東部合併協議会の調整内容 慣行の取扱い
  101. ^ 芸北町のあゆみ
  102. ^ a b 東広島圏域合併協議会 慣行の取扱いについて
  103. ^ 広島県黒瀬町
  104. ^ a b 福富町章・マスコット(県央くん)
  105. ^ 広島県豊栄町
  106. ^ NHKふるさとデータブック p496
  107. ^ 広島県河内町
  108. ^ a b NHKふるさとデータブック p498
  109. ^ 広島県安芸津町
  110. ^ a b NHKふるさとデータブック p446
  111. ^ 広島県蒲刈町
  112. ^ 音戸町の紹介
  113. ^ 広島県音戸町
  114. ^ NHKふるさとデータブック p441
  115. ^ 広島県倉橋町
  116. ^ a b 豊町のプロフィール
  117. ^ 広島県豊町
  118. ^ a b NHKふるさとデータブック p501
  119. ^ 安浦町の概要
  120. ^ 広島県安浦町
  121. ^ a b NHKふるさとデータブック p504
  122. ^ 広島県豊浜町
  123. ^ NHKふるさとデータブック p505
  124. ^ 2002.2.4号 広大フォーラム33期5号 退職者から広大へのメッセージ
  125. ^ a b c d e f 三原市・本郷町・久井町合併協議会項目別調整方針 慣行の取り扱い
  126. ^ a b NHKふるさとデータブック p494
  127. ^ 広島県大和町
  128. ^ a b 御調町ホームページ - 町の概要
  129. ^ a b 向島町ホームページ 町の概要
  130. ^ a b c d e f g h i j k l 庄原市・比婆郡5町・総領町 行財政現況調書 慣行の取扱い
  131. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p480
  132. ^ 広島県東城町
  133. ^ 広島県口和町
  134. ^ a b 広島市・湯来町合併協議会協議書 慣行の取扱い
  135. ^ 広島県湯来町
  136. ^ NHKふるさとデータブック p447
  137. ^ 広島県大野町
  138. ^ a b NHKふるさとデータブック p455
  139. ^ 広島県宮島町
  140. ^ a b 因島市ホームページ 市のプロフィール
  141. ^ 瀬戸田町ホームページ - 瀬戸田町の概要
  142. ^ 広島県瀬戸田町
  143. ^ 福山市・神辺町合併協議会 慣行の取扱い[リンク切れ]
  144. ^ 広島県神辺町