岡山県の市町村章一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

岡山県の市町村章一覧(おかやまけんのしちょうそんしょういちらん)は、岡山県内の市町村に制定されている、あるいは制定されていた市町村章の一覧である。なお、一覧の順序は全国地方公共団体コード順による。廃止された市町村章は廃止日から順に掲載している。

市部[編集]

市章 由来 制定日 備考
岡山市 Okayama Okayama seal.svg 「岡」を図案化したもの[1] 1900年2月20日[1]
倉敷市 Kurashiki Okayama chapter.JPG 「クラ」を図案化したもの[1] 1967年10月1日[1] 2代目の市章である
津山市 Tsuyama Okayama seal.svg 津山藩の槍印を表したもの[2] 1932年3月4日[2]
玉野市 Tamano Okayama seal.svg 「玉の」を図案化したもの[2] 1941年5月13日[2]
笠岡市 Kasaoka Okayama seal.svg 「カサ」と「傘」を組み合わせたもの[1] 1952年4月1日[1]
井原市 Ibara Okayama seal.svg 「井」を四角につなげ、「原」を図案化したもの[1] 1953年12月11日[1][3]
総社市 Souja Okayama seal.svg 「そ」を模様化したもの[2] 2005年3月22日[2] 旧・総社市制時の1954年10月23日に制定され、新制後も継承される[4]
高梁市 Takahashi Okayama seal.svg 「高」と松山城を表している[2] 2005年3月24日[2] 旧・高梁市制時の1955年4月14日に制定され、新制後も継承される[5]
新見市 Nimi Okayama seal.svg 「に」を意匠化したもの[2] 2005年6月30日[2] 旧・新見市制時の1954年12月25日に制定され、新制後も継承される[6]
備前市 Bizen Okayama seal.svg 「び」を図案化したもの[7] 2005年6月16日[7] 2代目の市章である
瀬戸内市 (著作権存続) 「S」を図案化したもの[2] 2004年11月1日[2] 2004年8月26日に公表され、本年11月1日に制定された。[8]
赤磐市 Akaiwa Okayama seal.svg 「ア」を図案化し、円を表している[1] 2005年7月31日[1] 「ア」は緑色、円は赤色が指定されている[9]


町村部[編集]

町村 町村章 由来 制定日 備考
和気郡 和気郡 Wake Okayama chapter.svg 「ワケ」を図案化したもの[7] 2006年3月1日[7] 2代目の町章である
都窪郡 早島町 Hayashima Okayama chapter.svg 「早」を図案化したもの[7] 1987年3月9日[7] 1949年11月に制定され、1987年3月9日に議決された[10]
浅口郡 里庄町 (著作権存続) 「さ」を図案化したもの[7] 1968年11月[7]
小田郡 矢掛町 Yakage Okayama chapter.JPG 「ヤ」を図案化したもの[7] 1964年5月1日[7]
真庭郡 新庄村 Shinjo Okayama chapter.JPG 昔、「中山」と呼ばれており、それを図案化したもの[2] 1927年[2]

廃止された市町村章[編集]

市郡 町村 市町村章 由来 制定日 廃止日 備考
倉敷市 Former Kurashiki Okayama chapter.jpg 「倉」を図案化したもの[11] 1895年[11] 1967年10月1日 倉敷町章として制定され、市制施行後に初代の市章として継承された
上房郡 有漢町 Ukan Okayama chapter.JPG 「う」を力強く表したもの[12] 1967年9月21日[12] 2004年10月1日
川上郡 成羽町 Nariwa Okayama chapter.svg 「成羽」を図案化したもの[12] 1929年5月23日[12]
川上町 Kawakami Okayama chapter.JPG 「川上」を図案化したもの[12] 1954年8月2日[12]
備中町 Bicchu Okayama chapter.svg 「び」と「中」を図案化したもの[12] 1961年6月20日[12]
御津郡 加茂川町 Kamogawa Okayama chapter.JPG 「カモ川」を図案化したもの[13] 1955年6月2日
川上郡 賀陽町 Kayo Okayama chapter.JPG 「か」を力強く表し、図案化したもの[13] 1957年2月1日
邑久郡 牛窓町 (著作権不明) 「ウシ」を円形に図案化したもの[14] 不明 2004年11月1日
邑久町 (著作権不明) 「邑」を図案化したもの[14] 不明
長船町 (著作権存続) 備前長船兼光の鍔を図案化し、三つの円は合併前の美和村・国府村・行幸村を表したもの[14][15] 1975年1月29日[15]
苫田郡 加茂町 Kamo Okayama chapter.JPG 「か」を図案化したもの[16] 1957年12月9日[16] 2005年2月28日
阿波村 (著作権存続) 「あ」を図案化したもの[16] 1972年11月15日[16]
勝田郡 勝北町 Shoboku Okayama chapter.JPG 「S」を外円にして、「北」を配したもの[16] 1958年11月[16]
久米郡 久米町 Kume Okayama chapter.JPG 「久」を円形にして「町民の和」と「米」を「芽」になぞらえて「Λ」とし、「生々発展」を象徴したもの[16] 1956年8月11日[16]
小田郡 美星町 Bisei Okayama chapter.gif 「美」を飛び立つ鳥に象ったもの[17] 1960年1月[17][18] 2005年3月1日
後月郡 芳井町 (著作権存続) 「よしい」を図案化したもの[17] 1968年10月1日[17]
苫田郡 鏡野町 (著作権不明) 「鏡野」を図案化し、銅鏡を表したもの[19] 不明
奥津町 Okutsu Okayama chapter.svg 「O」の中に、三線を結合している[19] 1960年[20]
上齋原村 Kamisaibara Okayama chapter.png 中心の三角形は、「山に生きる村」を表し、周囲の円形は、「村の平和」を象徴したもの[19][21] 1961年9月1日[21]
富村 (著作権不明) 「ト」の字を三つ組合せ「トミ」を表したもの[19] 不明
赤磐郡 山陽町 (著作権存続) 「山」を図案化したもの[22] 1975年1月[22] 2005年3月7日
赤坂町 (著作権存続) 「赤」を図案化したもの[22] 1969年11月[22]
熊山町 (著作権存続) 円満融和を表したもの[22] 1971年2月[22]
吉井町 Yoshii Okayama chapter (Akaiwa).gif 「吉井」を組み合わせたもの[22] 1961年10月[22]
御津郡 御津町 (著作権存続) 初代の町章の由来である「三つの輪」を象徴し、「MITSU」を配したもの[23] 1990年1月[23] 2005年3月22日 2代目の町章である[23]
色は白色と青色が指定されている[23]
灘崎町 Nadasaki Okayama chapter.gif 「ナ」を図案化したもの[23] 1959年9月[23]
都窪郡 山手村 (著作権不明) 「山て」を図案化したもの[24] 不明
清音村 (著作権不明) 「き」というかな文字を象ったもので、「き」の第一と第二画を鋭角的なV字形としたもの[24] 不明
備前市 Former Bizen Okayama chapter.gif 「ビ」を図案化したもの[25] 1971年9月4日[26] 初代の市章である
1971年11月3日に再制定された[25]
和気郡 日生町 (著作権存続) 中央は波間から力強く昇る日輪を表し、右の波は男波、左の波は女波を表したもの[25] 1972年4月1日[25]
吉永町 (著作権存続) 「よ」を三つ組み合わせて図案化したもの[25] 1965年10月1日[25]
久米郡 中央町 Chuo Okayama chapter.JPG 「中央」を図案化したもの[16] 1968年6月[16]
旭町 (著作権不明) 「旭」を図案化したもの[27] 不明
柵原町 Yanahara Okayama chapter.gif 「ヤナ」を図案化したもの[28] 1962年[28]
阿哲郡 大佐町 (著作権存続) 「大」を図案化したもの[6] 1967年3月[6] 2005年3月31日
神郷町 Shingo Okayama chapter.png 「神」は「示」・「郷」は「巴」で表し、図案化したもの[6] 1960年3月17日[6]
哲多町 Tettta Okayama chapter.png 逆三角形を表したもの[6] 1956年5月[6]
哲西町 (著作権存続) 「てっせい」を図案化したもの[6] 1974年4月[6]
上房郡 北房町 (著作権不明) 外側は「北」・内側は「房」を図案化したもの[29] 不明
真庭郡 勝山町 (著作権存続) 「カツ山」を図案化したもの[30] 1969年5月[30]
落合町 Ochiai Okayama chapter.gif 「お」を飛躍的に図案化したもの[31] 1960年4月1日[31]
湯原町 Yubara Okayama chapter.png 「ゆ」を基とし、円満と向上発展を図案化したもの[30] 1961年12月[30]
久世町 Kuse Okayama chapter.png 「くせ」を図案化したもの[30] 1960年10月[30] 色は金色が指定されている[32]
美甘村 (著作権存続) 「美甘」を図案化したもの[30] 1979年3月[30]
川上村 (著作権存続) 「か」を図案化したもの[30] 1976年3月[30]
八束村 (著作権存続) 「八」を図案化したもの[30] 1976年12月[30]
中和村 (著作権存続) 「中」を図案化し、円は「和」を表したもの[30] 1974年8月1日[30][33]
勝田郡 勝田町 (著作権存続) 「かつ」を図案化したもの[34] 1965年4月[35]
英田郡 大原町 (著作権存続) 「大」・「山」・「和」を象徴したもの[36] 1964年8月[35]
美作町 Mimasaka-town Okayama chapter.png 「ミマ」を描いたもの[37] 1961年12月[35]
作東町 Sakuto Okayama chapter.jpg 「ST」を図案化したもの[38] 1958年5月[35]
英田町 Aida Okayama chapter.png 「アイ田」で融和と団結を象徴したもの[39] 1958年12月[40]
東粟倉村 (著作権存続) 「東」を簡略化し、図案化し、後山日名倉山を表したもの[41][42] 1969年10月[35]
浅口郡 船穂町 (著作権存続) 「フナホ」を組み合わせたもの[38][43] 1968年9月20日[43] 2005年8月1日
吉備郡 真備町 (著作権存続) 天平文化の象徴である八角堂と「マビ」を意匠化したもの[44][43] 1977年10月1日[43]
和気郡 和気町 (著作権存続) 「ワケ」を「和」で意味をし、それを表したもの[45] 1964年11月[45] 2006年3月1日 初代の町章である
佐伯町 (著作権存続) 「さ」を図案化したもの[45] 1969年7月[45]
浅口郡 金光町 Konko Okayama chapter.gif 三つの「和」を連結させ、図案化したもの[46][47] 1967年[47] 2006年3月21日 1913年に三和村役場を新築した際にその玄関に掲げられていたのを使用し、1967年に新町章募集をした際に最終的に三和村役場新築の際に玄関に掲げられていたこの紋章にした[47]
鴨方町 Kamogata Okayama chapter.jpg 「か(鴨)方」を図案化し、鴨の飛翔を表したもの[48] 1957年[47]
寄島町 (著作権不明) 「よりしま」を図案化したもの[49] 不明
御津郡 建部町 Takebe Okayama chapter.JPG 「タケベ」を図案化したもの[2][50] 1968年8月31日[2][50] 2007年1月24日
赤磐郡 瀬戸町 Seto Okayama chapter.JPG 「セト」を図案化したもの[2][50] 1967年12月26日[2][50] 1968年1月1日に正式に決定した[50]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

書籍[編集]

  • 『図典 日本の市町村章』 小学館辞典編集部、小学館2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113
  • 近藤春夫 『都市の紋章 : 一名・自治体の徽章』 行水社、1915年NDLJP:955061
  • 中川幸也 『シリーズ人間とシンボル第2号「都市の旗と紋章」』 中川ケミカル、1987年10月11日
  • 丹羽基二 『日本の市章 (西日本)』 保育社、1984年5月5日
  • 望月政治 『都章道章府章県章市章のすべて』 日本出版貿易株式会社、1973年7月7日
  • NHK情報ネットワーク 『NHKふるさとデータブック7 [中国]』 日本放送協会、1992年5月1日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 図典 日本の市町村章 p178
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 図典 日本の市町村章 p179
  3. ^ 井原市章
  4. ^ 総社市章
  5. ^ 高梁地域合併協議会の調整内容 慣行の取り扱い
  6. ^ a b c d e f g h i 阿新地域合併協議会 慣行の取り扱い
  7. ^ a b c d e f g h i j 図典 日本の市町村章 p180
  8. ^ 邑久郡合併協議会 合併協議会だより最終号
  9. ^ 赤磐市の市章
  10. ^ 早島町章
  11. ^ a b 都市の紋章 : 一名・自治体の徽章 p70
  12. ^ a b c d e f g h 高梁地域合併協議会の調整内容 慣行の取り扱い
  13. ^ a b 吉備高原中央地域合併協議会 項目別調整方針 慣行の取り扱い
  14. ^ a b c 邑久郡合併協議会の調整方針 慣行の取り扱いについて
  15. ^ a b 長船町 - ようこそ長船町へ
  16. ^ a b c d e f g h i j 津山地域合併協議会 議案第21号 市町村の慣行の取扱いに関すること
  17. ^ a b c d 井原地域合併協議会 慣行の取り扱いについて
  18. ^ NHKふるさとデータブック p307
  19. ^ a b c d 苫田郡西部合併協議会 慣行の取り扱いについて
  20. ^ NHKふるさとデータブック p354
  21. ^ a b 上斎原村の概要
  22. ^ a b c d e f g h 赤磐地域合併協議会の調整内容 慣行の取り扱いについて
  23. ^ a b c d e f 岡山県南政令市構想(岡山市・御津町・灘崎町)合併協議会 慣行の取扱いについて
  24. ^ a b 総社市・山手村・清音村合併協議会 慣行の取扱い
  25. ^ a b c d e f 備前市・日生町・吉永町合併協議会 慣行の取扱いについて
  26. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p470
  27. ^ NHKふるさとデータブック p382
  28. ^ a b 柳原町について
  29. ^ NHKふるさとデータブック p314
  30. ^ a b c d e f g h i j k l m n 真庭地域合併協議会の調整内容 慣行の取扱い
  31. ^ a b NHKふるさとデータブック p333
  32. ^ NHKふるさとデータブック p338
  33. ^ NHKふるさとデータブック p349
  34. ^ NHKふるさとデータブック p362
  35. ^ a b c d e 勝英地域合併協議会 慣行の取扱いについて
  36. ^ NHKふるさとデータブック p370
  37. ^ NHKふるさとデータブック p375
  38. ^ a b NHKふるさとデータブック p377
  39. ^ NHKふるさとデータブック p379
  40. ^ 英田町のあゆみ
  41. ^ NHKふるさとデータブック p371
  42. ^ 東粟倉村長ごあいさつ
  43. ^ a b c d 倉敷地域合併協議会 議案第20号
  44. ^ NHKふるさとデータブック p311
  45. ^ a b c d 佐伯町・和気町合併協議会の調整内容 慣行の取り扱い
  46. ^ NHKふるさとデータブック p297
  47. ^ a b c d 金光町・鴨方町合併協議会 協議事項の調整内容 慣行の取り扱い
  48. ^ NHKふるさとデータブック p299
  49. ^ NHKふるさとデータブック p301
  50. ^ a b c d e 岡山市・建部町・瀬戸町合併協議会 慣行の取り扱い