福岡県の市町村章一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

福岡県の市町村章一覧(ふくおかけんのしちょうそんしょういちらん)は、福岡県内の市町村に制定されている、あるいは制定されていた市町村章の一覧である。なお、一覧の順序は全国地方公共団体コード順による。廃止された市町村章は廃止日から順に掲載している。

市部[編集]

市章 由来 制定日 備考
北九州市 Symbol of Kitakyushu, Fukuoka.svg 「星」を図案化したもの[1] 1963年3月14日[1]
福岡市 Fukuoka Fukuoka chapter.svg 「フ」を図案化したもの[2] 1909年10月1日[2] 「フ」を九つ組み合わせることで「福」を表す[3]
大牟田市 Omuta Fukuoka chapter.svg 外郭は大の字六つを以て囲み「大牟」を表し、
内部は円に十をもって「田」を表している[2]
1956年4月[4] 制定はされていないが、便宜上の制定はされている[4]
久留米市 Kurume Fukuoka chapter.svg 「ル」と「米」を図案化したもの[1] 1911年9月13日[1]
直方市 Emblem of Nogata, Fukuoka.svg 「直」を図案化したもの[5] 1932年7月26日[5] 2代目の市章である
初代の市章を修正して指定色を継承。
飯塚市 Iitzuka fukuoka chapter.JPG 「イイヅカ」を図案化したもの[2] 2006年3月26日[2] 旧飯塚市章として1932年1月20日に制定され、新飯塚市に継承される[6]
田川市 Tagawa Fukuoka chapter.svg 「田川」を図案化したもの[7] 1944年10月[7]
柳川市 Yanagawa Fukuoka chapter.JPG 「Y」を図案化したもの[8] 2005年3月21日[8] 2代目の市章である
八女市 Yame Fukuoka chapter.JPG 「八女」を表したもの[8] 1955年10月20日[8]
筑後市 Chikugo Fukuoka chapter.JPG 「ち」を図案化したもの[7] 1954年10月1日[7] 市民の協調を象徴したもの[9]
大川市 Okawa Fukuoka chapter.JPG 「大川」を三角形に図案化したもの[2] 1954年6月15日[2]
行橋市 Yukuhashi Fukuoka chapter.JPG 「行」を図案化したもの[8] 1954年10月10日[8] 円満な市政を表すと同時に伸びゆく大樹と燃ゆる炎をも表し、
熱意のある市民の市として躍進と繁栄を象徴したもの[10]
豊前市 Buzen Fukuoka chapter.JPG 「ぶ」を図案化したもの[5] 1955年11月3日[5]
中間市 Nakama Fukuoka chapter.JPG 「ナカマ」の3文字を組み合わせて図案化したもの[5] 1958年11月1日[5]
小郡市 Ogori Fukuoka chapter.svg 「小」を図案化したもの[11] 1959年10月15日[11] 小郡町章として制定されて、市制施行後に継承される
筑紫野市 Symbol of Chikushino Fukushima chapter.svg 「ち」を図案化したもの[7] 1958年10月[7][12] 筑紫野町章として制定されて、市制施行後に継承される
春日市 Kasuga Fukuoka chapter.JPG 「春」と「かめ棺」を図案化したもの[11] 1963年1月20日[11] 春日町章として制定されて、市制施行後に継承される
大野城市 Onojo Fukuoka chapter.JPG 「大」を図案化したもの[11] 1970年10月1日[11] 全体を「大」の字で表して中心の三角形が「躍進」、両側の三角形が「協調」を表す[13]
大野町章として制定されて、市制施行後に継承される
宗像市 Symbol of Munakata Fukuoka.svg 「m」と「g」を図案化したもの[8] 2003年4月1日[8] 赤色・緑色・青色が指定されている[14]
2代目の市章である
太宰府市 Dazaifu Fukuoka chapter.JPG 「梅」を図案化したもの[7] 1982年4月1日[7]
古賀市 (著作権存続) 「こ」を図案化したもの[1] 1971年7月8日[1] 古賀町章として制定され、市制施行に継承される
福津市 Symbol of Fukutsu Fukuoka chapter.svg 「F」を図案化したもの[5] 2005年1月24日[5] 橙色・青色・緑色が指定されている[15]
うきは市 Ukiha Fukuoka chapter.JPG 「う」を図案化したもの[2] 2005年3月20日[2]
宮若市 Miyawaka Fukuoka chapter.JPG 「み」を図案化したもの[8] 2006年2月11日[8] 緑色と橙色が指定されている[16]
朝倉市 Asakura Fukuoka chapter of Japan.svg 「A」と「S」を図案化したもの[2] 2006年3月20日[2] 青色と緑色が指定されている[17]
嘉麻市 Kama Fukuoka chapter.JPG 「か」を図案化したもの[11] 2006年3月27日[11] 赤色・緑色・青色が指定されている[18]
みやま市 Miyama Fukuoka chapter.JPG 「M」を図案化したもの[19] 2007年1月29日[19] 花開くまちを表している[19]
緑色が指定されている[19]
糸島市 Itoshima Fukuoka chapter.JPG 「いと」を図案化したもの[20] 2010年1月1日[21] 青い海、美しい山並と自然、そこで生活する人々をモチーフにしている[20]
緑色・赤色・青色が指定されている[20]

町村部[編集]

町村 町村章 由来 制定日 備考
筑紫郡 那珂川町 (著作権存続) 那珂川と「ナ」を表している[5] 1973年8月10日[5]
糟屋郡 宇美町 Umi Fukuoka chapter.JPG 「ウミ」を図案化したもの[2] 1975年11月1日[2]
篠栗町 (著作権存続) 「さ」を図案化したもの[1] 1975年11月[1]

廃止された市町村章[編集]

市郡 町村 市町村章 由来 制定日 廃止日 備考
直方市 Nogatatown Fukuoka chapter.JPG 不明 1925年6月[22] 1932年7月26日[22] 初代の市章である
宗像市 (著作権存続) 「宗」を意匠化したもの[23] 1966年2月[12][23] 2003年4月1日 宗像町章として制定され、市制施行後に継承された
初代の市章である
宗像郡 玄海町 (著作権存続) 「玄」を「カ」の装飾文字五つ(い)で囲み、「げんかい」を読み、図案化したもの[24] 1966年[24]
宗像郡 福間町 (著作権存続) 全体は「フク」を図案化し、九つの「フ」が組み合わされ、その内三つの「フ」は旧・福間町・神興村上西郷村の合併を象徴したもの[25] 1968年7月1日[25] 2005年1月24日 2代目の町章である
津屋崎町 (著作権不明) 「つ」を八つ組み合わせたもの[26] 不明
嘉穂郡 筑穂町 Chikuho Fukuoka chapter.jpg 「チクホ」を配列して図案化したもの[27][28] 1955年3月31日[28] 2006年3月26日
穂波町 Honami Fukuoka chapter.jpg 「ホナミ」を図案化したもの[29] 1921年[29] 穂波村章として制定され、町制施行後に継承された
庄内町 (著作権不明) 「庄内」を図案化したもの[30] 不明[30] 作者は不明である
頴田町 (著作権不明) 円の中に「カイタ」を入れ、「イ」は上を向き全身を表し、図案化したもの[31] 不明
山田市 Yamada Fukuoka chapter.svg 「山田」を図案化したもの[32] 1954年4月1日[4] 2006年3月27日 1938年4月に山田町章として制定され、市制施行後に継承され、1973年12月28日に再制定された[33]
嘉穂郡 稲築町 Inachiku Fukuoka chapter.JPG 「イネツキ」を全円形にして表したもの[29][32] 1937年[29][32] 稲築村章として制定されていたものを町制施行後に継承された
碓井町 Usui Fukuoka chapter.JPG 「ウ」を象ったもの[32] 1958年12月[32] 色は黄金色が指定されている[32]
嘉穂町 (著作権存続) 「カ」を力強く図案化したもの[34][32] 1968年6月1日[32]
八女郡 上陽町 (著作権存続) 「上」を図案化したもの[35] 1968年4月1日[36] 2006年10月1日
山門郡 瀬高町 Setaka Fukuoka chapter.jpg 「セ」を図案化したもの[7] 1966年9月30日[7][37] 2007年1月29日
山川町 (著作権存続) 「山川」を蜜柑の形に表したもの[38][8] 1972年8月[8][38] 色は蔕部分は緑色・果肉部分は橙色が指定されている[8]
三池郡 高田町 (著作権存続) 「た」を図案化したもの[7] 1970年4月[7]
前原市 Maebaru Fukuoka chapter.JPG 「マ」を表したもの[5] 1957年3月29日[5] 2010年1月1日 前原町章として制定され、市制施行後に継承された
糸島郡 二丈町 Nijo Fukuoka chapter.jpg 「2」を表し、三角形と三本の筋を配したもの[39][5] 1955年11月[5] 二丈村章として制定され、町制施行後に継承された
志摩町 Shima Fukuoka chapter.gif 「志」を便化し、図案化したもの<[40][1] 1955年6月[40] 1965年3月12日に再制定された[1]
志摩村章として制定され、町制施行後に継承された
八女郡 黒木町 Kurogi Fukuoka chapter.JPG 「クロギ」を鳩が羽ばたく形に図案化したもの[41][1] 1963年12月10日[1] 2010年2月1日
立花町 Tachibana Fukuoka chapter.JPG 「立」と蜜柑を図案化したもの[7] 1955年4月1日[7]
矢部村 (著作権存続) 全体は翼を表し、「矢」の古文字でる「夫」を図案化し、「矢」を意味している[42][8] 1968年11月[8]
星野村 (著作権存続) 「ほ」を意匠化したもの[8] 1972年3月10日[8]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『図典 日本の市町村章』 小学館辞典編集部、小学館2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113
  • 近藤春夫 『都市の紋章 : 一名・自治体の徽章』 行水社、1915年NDLJP:955061
  • 中川幸也 『シリーズ人間とシンボル第2号「都市の旗と紋章」』 中川ケミカル、1987年10月11日
  • 丹羽基二 『日本の市章 (西日本)』 保育社、1984年5月5日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 図典 日本の市町村章 p207
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 図典 日本の市町村章 p205
  3. ^ 福岡市徽章
  4. ^ a b c シリーズ人間とシンボル2 都市の旗と紋章 p51
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n 図典 日本の市町村章 p209
  6. ^ 飯塚市徽章
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n 図典 日本の市町村章 p208
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 図典 日本の市町村章 p210
  9. ^ 筑後市章
  10. ^ 行橋市徽章
  11. ^ a b c d e f g h 図典 日本の市町村章 p206
  12. ^ a b シリーズ人間とシンボル2 都市の旗と紋章 p52
  13. ^ 大野城市章
  14. ^ 宗像市章
  15. ^ 福津市章について
  16. ^ 宮若市章
  17. ^ 朝倉市のプロフィール
  18. ^ 嘉麻市市章の制定について
  19. ^ a b c d みやま市の市章の制定について
  20. ^ a b c 糸島市の市章の紹介
  21. ^ 糸島市章
  22. ^ a b 直方市の市章・市旗
  23. ^ a b NHkふるさとデータブック p63
  24. ^ a b NHKふるさとデータブック p86
  25. ^ a b NHKふるさとデータブック p81
  26. ^ NHKふるさとデータブック p83
  27. ^ NHKふるさとデータブック p109
  28. ^ a b 筑穂町章
  29. ^ a b c d NHKふるさとデータブック p104
  30. ^ a b NHKふるさとデータブック p112
  31. ^ NHKふるさとデータブック p113
  32. ^ a b c d e f g h 嘉穂南部1市3町合併協議会 慣行の取り扱い
  33. ^ 山田市き章の制定について
  34. ^ NHKふるさとデータブック p106
  35. ^ NHKふるさとデータブック p147
  36. ^ 2006年9月広報じょうよう(No.546)p2 上陽町の誕生から48年の歴史を振り返って①
  37. ^ 瀬高町の町章
  38. ^ a b NHKふるさとデータブック p163
  39. ^ NHKふるさとデータブック p127
  40. ^ a b NHKふるさとデータブック p128
  41. ^ NHKふるさとデータブック p146
  42. ^ NHKふるさとデータブック p154