福岡県の市町村章一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

福岡県の市町村章一覧(ふくおかけんのしちょうそんしょういちらん)は、福岡県内の市町村に制定されている、あるいは制定されていた市町村章の一覧である。なお、一覧の順序は全国地方公共団体コード順による。廃止された市町村章は廃止日から順に掲載している。

市部[編集]

市章 由来 制定日 備考
北九州市 Symbol of Kitakyushu, Fukuoka.svg 全体をウメの花の歯車にして、中央部に「星」・「九」・「大」を図案化したもの[1][2] 1963年3月14日[2]
福岡市 Fukuoka Fukuoka chapter.svg 九つの「フ」を図案化し、福が来るようにしたもの[3][4] 1909年10月11日[4] 「フ」を九つ組み合わせることで「福」を表す[5][6]
大牟田市 Omuta Fukuoka chapter.svg 石炭を表し、外郭は大の字六つを以て囲み「大牟」を表し、
内部は円に十をもって「田」を表している[4][7]
1956年4月[8]
(月日は不明[9]
制定はされていないが、便宜上の制定はされている[8]
久留米市 Kurume Fukuoka chapter.svg 九つの「ル」と「米」を図案化したもの[2] 1911年9月13日[2]
直方市 Emblem of Nogata, Fukuoka.svg 「直」を図案化したもの[10] 1932年7月26日[10] 2代目の市章である
初代の市章を修正して指定色を継承。
飯塚市 Iitzuka fukuoka chapter.JPG 「イイヅカ」を組み合わせて図案化したもの[11][4] 2006年3月26日[4] 旧飯塚市章として1932年1月20日に制定され、新飯塚市に継承される[12]
田川市 Symbol of Tagawa Fukuoka.svg 「田川」・タカの羽を図案化したもの[13][14] 1944年11月3日[14][15]
柳川市 Symbol of Yanagawa Fukuoka.svg 「Y」を図案化したもの[16] 2005年3月21日[16] 2代目の市章である
八女市 Yame Fukuoka chapter.JPG 「八女」を表したもの[16] 1955年10月20日[16]
筑後市 Chikugo Fukuoka chapter.JPG 「ち」を図案化したもの[14] 1954年10月1日[14] 市民の協調を象徴したもの[17]
大川市 Okawa Fukuoka chapter.JPG 「大川」を三角形にして、翼形にして図案化したもの[4] 1954年6月15日[4]
行橋市 Yukuhashi Fukuoka chapter.JPG 「行」を図案化したもの[16] 1954年10月10日[16] 円満な市政を表すと同時に伸びゆく大樹と燃ゆる炎をも表し、
熱意のある市民の市として躍進と繁栄を象徴したもの[18]
豊前市 Buzen Fukuoka chapter.JPG 「ぶ」を舞鶴型に図案化したもの[19][10] 1955年11月3日[10]
中間市 Nakama Fukuoka chapter.JPG 半円を「ナ」・上部の半円が「カ」・中央部が「マ」を組み合わせて図案化したもの[20][10] 1958年11月1日[10]
小郡市 Symbol of Ogori Fukuoka.svg 「小」を鳥の形に図案化したもの[21][22] 1959年10月15日[22] 小郡町章として制定されて、市制施行後に継承される
筑紫野市 Symbol of Chikushino Fukuoka.svg 「ち」を図案化しかつ意匠化たもの[23][14] 1958年10月6日[14][24][23] 筑紫野町章として制定されて、市制施行後に継承される
春日市 Kasuga Fukuoka chapter.JPG 「春」と合口甕棺勾玉に合わせて図案化したもの[25][22] 1963年1月20日[22] 1963年4月1日に再制定される[26]
春日町章として制定されて、市制施行後に継承される
大野城市 Onojo Fukuoka chapter.JPG 「大」を三角形にして図案化したもの[27][22] 1970年10月1日[22] 全体を「大」の字で表して中心の三角形が「躍進」、両側の三角形が「協調」を表す[28]
大野町章として制定されて、市制施行後に継承される
宗像市 Symbol of Munakata Fukuoka.svg 「m」と「g」を図案化したもの[16] 2003年4月1日[16] 赤色・緑色・青色が指定されている[29]
2代目の市章である
太宰府市 Dazaifu Fukuoka chapter.JPG ウメの花の中央部に「大」を入れて図案化したもの[30][14] 1982年4月1日[14]
古賀市 Symbol of Koga Fukuoka.svg 「こ」を図案化したもの[2] 1971年7月8日[2] 古賀町章として制定され、市制施行に継承される
福津市 Symbol of Fukutsu Fukuoka.svg 「F」を図案化したもの[10] 2005年1月24日[10] 橙色・青色・緑色が指定されている[31]
うきは市 Ukiha Fukuoka chapter.JPG 「う」を図案化したもの[4] 2005年3月20日[4]
宮若市 Miyawaka Fukuoka chapter.JPG 「み」を図案化したもの[16] 2006年2月11日[16] 緑色と橙色が指定されている[32]
朝倉市 Symbol of Asakura Fukuoka.svg 「A」と「S」を図案化したもの[4] 2006年3月20日[4] 青色と緑色が指定されている[33]
嘉麻市 Kama Fukuoka chapter.JPG 「か」を図案化したもの[22] 2006年3月27日[22] 赤色・緑色・青色が指定されている[34]
みやま市 Miyama Fukuoka chapter.JPG 「M」を図案化したもの[35] 2007年1月29日[35] 花開くまちを表している[35]
緑色が指定されている[35]
糸島市 Itoshima Fukuoka chapter.JPG 「いと」を図案化したもの[36] 2010年1月1日[37] 青い海、美しい山並と自然、そこで生活する人々をモチーフにしている[36]
緑色・赤色・青色が指定されている[36]

町村部[編集]

町村 町村章 由来 制定日 備考
筑紫郡 那珂川町 Nakagawa Fukuoka chapter.JPG 那珂川と「ナ」を表している[10] 1973年8月10日[10] 色は緑色が指定されている[38]
糟屋郡 宇美町 Umi Fukuoka chapter.JPG 「ウミ」を図案化したもの[4] 1975年11月1日[4]
篠栗町 (著作権存続) 「さ」を図案化したもの[2] 1975年11月[2]
志免町 Shime Fukuoka chapter.JPG 「シメ」を鳩の形に図案化したもの[2] 1979年4月1日[2]
須恵町 Suetown Fukuoka chapter.JPG 「す」を飛ぶ鳥の形に図案化したもの[39][14] 1973年3月1日[40] 1973年5月20日に再制定される[14]
新宮町 (著作権存続) 「し」を図案化し、二つの点はミカンを表したもの[2] 1977年8月[2]
久山町 (著作権存続) 「ヒ」を図案化したもの[10] 1970年7月30日[10] 色はコバルトブルーが指定されている[41]
粕屋町 Kasuya Fukuoka chapter.JPG 「か」を新しい感覚で鳥の形に意匠化したもの[22] 1983年12月7日[22]
遠賀郡 芦屋町 Ashiya Fukuoka chapter.JPG 外郭は四つの「ア」で「芦」・内側には「屋」を抽象的に図案化したもの[42][4] 1974年2月19日[4]
水巻町 (著作権不明) 遠賀川が三つ巴になり、渦巻きながら流れる様を「水巻」と図形化したもの[16] 不明[16]
岡垣町 Okagaki Fukuoka chapter.JPG 「オ」を鳥の形に意匠化したもの[22] 1971年7月28日[22]
遠賀町 Symbol of Onga Fukuoka.svg 「オ」を意匠化したもの[22] 1972年4月1日[22]
鞍手郡 小竹町 Kotake Fukuoka chapter.JPG 「小竹」を意匠化したもの[2] 1938年1月1日[2] 色は緑色が指定されている[43]
鞍手町 Kurate Fukuoka chapter.JPG 「くらて」を図案化したものです[2] 1956年10月1日[2] 1970年4月1日に再制定される[44]
嘉穂郡 桂川町 Keisen Fukuoka chapter.JPG 「ケ」を想像し、ケの三画目の線で「川」を表したもの[2] 1971年1月1日[2]
朝倉郡 筑前町 (著作権存続) 「ち」を基にしたもの[14] 2005年3月22日[14] 色は赤色・青色・緑色が指定されている[45]
東峰村 (著作権存続) 山里の智と技から創造する新しいむらづくりを想像したもの[10] 2005年3月28日[10] 2005年2月9日に公表され、同年3月28日に制定される[46]
三井郡 大刀洗町 Tachiarai Fukuoka chapter.JPG 「タ」を扇形かつ末広がりにして意匠化したもの[14] 1972年4月1日[14]
三潴郡 大木町 Oki Fukuoka chapter.JPG  「大木」 の文字を図案化したもの[4] 1959年1月[4] 色は赤色・白色・緑色が指定されている[47][48]
八女郡 広川町 Hirokawa Fukuoka chapter.JPG 「ヒ」を鳥の姿に図案化したもの[10] 1965年12月1日[10][49] 色は緑色と青色が指定されている[49]
田川郡 香春町 Kawara Fukuoka chapter.JPG 香春岳三山(一の岳・二の岳・三の岳)を表し、「かわら」と表したもの[22][50] 1958年8月[22]
添田町 Soeda Fukuoka chapter.JPG 「ソエ田」を図案化し、カシの葉を配したもの[14] 1920年1月29日[14]
糸田町 Itoda Fukuoka chapter.JPG 「糸田」を図案化し、黒い部分は石炭を表したもの[51][4] 1951年3月[4]
川崎町 Kawasaki Fukuoka chapter.JPG 中央部は「川」・尖部は「さき」を表したもの[22] 1988年3月10日[22] 2代目の町章である
大任町 (著作権存続) 「大」を鷹が羽ばたく姿に表したもの[22] 1980年12月[22]
赤村 Aka Fukuoka chapter.JPG 「赤」を図案化したもの[4] 1984年10月1日[4] 2代目の村章である
福智町 (著作権存続) 「F」と福智山を意匠化したもの[10] 2006年3月6日[10] 色は緑色と水色が指定されている[52]
京都郡 苅田町 Symbol of Kanda Fukuoka.svg 「苅」を図案化したもの[22] 1955年1月1日[22]
みやこ町 Miyako Fukuoka chapter.JPG 「ミ」を基にしたもの[16] 2006年3月20日[16] 色は青色・橙色・緑色が指定されている[53]
築上郡 吉富町 Yoshitomi Fukuoka chapter.JPG 「よし」を図案化したもの[16] 1982年5月19日[16] 2代目の町章である
上毛町 Koge Fukuoka chapter.JPG 「毛」を意匠化したもの[2] 2005年10月1日[2] 色は赤色・青色・緑色が指定されている[2]
築上町 Chikujo Fukuoka chapter.JPG 「ち」を難問の課題を達成する人を想像したもの[14] 2005年11月2日[14] 色は緑色が指定されている[54]

廃止された市町村章[編集]

市郡 町村 市町村章 由来 制定日 廃止日 備考
八幡市 Symbol of Former Yahata Fukuoka.png 八つの日章旗を表したもの[55] 1903年9月24日[55] 1922年 八幡町章として制定され、市制施行後に初代の市章として制定される
色で表す場合は中央の小円内は青色・日の丸を黒色・旗の地色を水色・旗竿は黒白が指定されている[55]
当時の八幡町長である池田常三郎の作品である[55]
門司市 Symbol of Former Moji Fukuoka.jpg 「門司」を図案化したもの[56] 不明[56] 不明 初代の市章である
直方市 Nogatatown Fukuoka chapter.JPG 不明 1925年6月[57] 1932年7月26日[57] 初代の市章である
小倉市 Kokura Fukuoka chapter.png 「小」を変形したもの[58] 1900年4月1日[58] 1963年2月1日 小倉町章として制定され、市制施行後に継承される
門司市 Symbol of Moji Fukuoka.png 不明 不明 2代目の市章である
戸畑市 Symboo of Tobata Fukuoka.png 不明 不明
八幡市 Symbol of Yahata Fukuoka.png 八つの日章旗を表したもの 1922年 2代目の市章である
若松市 Symbol of Wakamatsu Fukuoka.png 不明 不明
築上郡 吉富町 Former Yoshitomi Fukuoka chapter.png 不明 1962年1月1日[59] 1982年5月19日 初代の町章である
京都郡 犀川町 (著作権不明) 「犀」を図案化したもの[60] 不明 不明 初代の町章である
宗像市 (著作権存続) 「宗」を意匠化したもの[61] 1966年2月[24][61] 2003年4月1日 宗像町章として制定され、市制施行後に継承された
初代の市章である
宗像郡 玄海町 (著作権存続) 「玄」を「カ」の装飾文字五つ(い)で囲み、「げんかい」を読み、図案化したもの[62] 1966年[62]
宗像郡 福間町 (著作権存続) 全体は「フク」を図案化し、九つの「フ」が組み合わされ、その内三つの「フ」は旧・福間町・神興村上西郷村の合併を象徴したもの[63] 1968年7月1日[63] 2005年1月24日 2代目の町章である
津屋崎町 (著作権不明) 「つ」を八つ組み合わせたもの[64] 不明
三井郡 北野町 Symbo of Kitano Fukuoka.gif 「北」をハトの形に表し、図案化したもの[65] 1959年[66] 2005年2月5日
三潴郡 三潴町 (著作権不明) 「み」を翼型に図案化したもの[67] 不明
城島町 (著作権存続) 「じ」を簡単にして図案化したもの[68] 1965年10月[68]
浮羽郡 田主丸町 Symbol of Tanushimaru Fukuoka.gif 「田主丸」を意匠化したもの[69] 1964年[69]
浮羽郡 吉井町 (著作権存続) 「吉」を鳩の翼の形に図案化したもの[70] 1965年10月1日[70] 2005年3月20日
浮羽町 (著作権存続) 「う」を果実の形に図案化したもの[70] 1968年6月[70]
柳川市 Former Yanagawa Fukuoka chapter.JPG 「や」をヤナギの形に図案化したもの[71] 1956年2月2日[15][71] 2005年3月21日 初代の市章である
山門郡 三橋町 (著作権存続) 「み」を形どったもの[71] 1967年[71]
大和町 (著作権存続) 「や」を図案化したもの[71] 1966年9月[71][72]
朝倉郡 夜須町 (著作権不明) 中心部の円は穀物を表し、「す」を配したもの[73] 不明 2005年3月22日
三輪町 (著作権不明) 「三」で三輪を表したもの[74] 1971年[74]
宗像郡 大島村 (著作権不明) 「大」を玄界灘の荒波を図案化したもの[75] 不明 2005年3月28日
朝倉郡 小石原村 (著作権不明) 「小」をスギを想像し、図案化したもの[76] 不明
宝珠山村 (著作権不明) 「宝」を宝珠(円)の形に図案化したもの[77] 不明
築上郡 大平村 Symbol of Ohira Fukuoka.png 「大平」を図案化したもの[78] 1957年[79] 2005年10月11日
新吉富村 (著作権存続) 「シンヨシ」を図案化したもの[80] 1978年6月[79]
築上郡 椎田町 Symbol of Shida Fukuoka.gif 四つの「イ」で「椎」・全体で「田」を円形に表したもの[81] 1961年9月[81] 2006年1月10日
築城町 (著作権存続) 「ツイキ」を組み合わせて図案化したもの[82] 1971年1月[82]
鞍手郡 若宮町 Symbol of Wakamiya Fukuoka.gif 「ワ」を下向き半円で「カ」を半円と上の横線で現し、全体が「宮」の字を形どっているもの[83] 1956年9月21日[83] 2006年2月11日
宮田町 Symbol of Miyata Fukuoka.jpg 三つの「ヤ」を組み合わせて想像したもの[84] 1928年10月27日[85]
田川郡 赤池町 (著作権存続) 「あ」を図案化したもの[86] 不明 2006年3月6日
金田町 (著作権不明) 「金田」を図案化したもの[86] 不明
方城町 (著作権存続) 「方」を図案化し、中央部の三角はボタ山と植林を表したもの[87][86] 1973年7月[87] 色は緑色が指定されている[88]
甘木市 Symbol of Amagi Fukuoka.gif 「甘木」を二重の円形で表したもの[89] 1954年4月1日[89][90] 2006年3月20日
朝倉郡 朝倉町 Symbol of Asakura-town Fukuoka.png 「アサ倉」を三角形の形に表したもの[89] 1956年1月[89]
杷木町 (著作権存続) 「ハ」を円形にし、「キ」を両翼の形にしたもの[89] 1981年4月[89]
京都郡 犀川町 (著作権不明) 不明 不明 2代目の町章である
豊津町 (著作権存続) 三階菱の中に四つの「ト」を配したもの[91] 1972年[91]
勝山町 (著作権不明) 「カツ山」を図案化したもの[92] 不明
嘉穂郡 筑穂町 Chikuho Fukuoka chapter.jpg 「チクホ」を配列して図案化したもの[93][94] 1955年3月31日[94] 2006年3月26日
穂波町 Honami Fukuoka chapter.jpg 「ホナミ」を図案化したもの[95] 1921年[95] 穂波村章として制定され、町制施行後に継承された
庄内町 (著作権不明) 「庄内」を図案化したもの[96] 不明[96] 作者は不明である
頴田町 (著作権不明) 円の中に「カイタ」を入れ、「イ」は上を向き全身を表し、図案化したもの[97] 不明
山田市 Yamada Fukuoka chapter.svg 「山田」を図案化したもの[98] 1954年4月1日[8] 2006年3月27日 1938年4月に山田町章として制定され、市制施行後に継承され、1973年12月28日に再制定された[99]
嘉穂郡 稲築町 Inachiku Fukuoka chapter.JPG 「イネツキ」を全円形にして表したもの[95][98] 1937年[95][98] 稲築村章として制定されていたものを町制施行後に継承された
碓井町 Usui Fukuoka chapter.JPG 「ウ」を象ったもの[98] 1958年12月[98] 色は黄金色が指定されている[98]
嘉穂町 (著作権存続) 「カ」を力強く図案化したもの[100][98] 1968年6月1日[98]
八女郡 上陽町 (著作権存続) 「上」を図案化したもの[101] 1968年4月1日[102] 2006年10月1日
山門郡 瀬高町 Setaka Fukuoka chapter.jpg 「セ」を図案化したもの[14] 1966年9月30日[14][103] 2007年1月29日
山川町 Yamakawa Fukuoka chapter.jpg 「山川」を蜜柑の形に表したもの[104][16] 1972年8月[16][104] 色は蔕部分は緑色・果肉部分は橙色が指定されている[16]
三池郡 高田町 (著作権存続) 「た」を図案化したもの[14] 1970年4月[14]
前原市 Maebaru Fukuoka chapter.JPG 「マ」を表したもの[10] 1957年3月29日[10] 2010年1月1日 前原町章として制定され、市制施行後に継承された
糸島郡 二丈町 Nijo Fukuoka chapter.jpg 「2」を表し、三角形と三本の筋を配したもの[105][10] 1955年11月[10] 二丈村章として制定され、町制施行後に継承された
志摩町 Shima Fukuoka chapter.gif 「志」を便化し、図案化したもの[106][2] 1955年6月[106] 1965年3月12日に再制定された[2]
志摩村章として制定され、町制施行後に継承された
八女郡 黒木町 Kurogi Fukuoka chapter.JPG 「クロギ」を鳩が羽ばたく形に図案化したもの[107][2] 1963年12月10日[2] 2010年2月1日
立花町 Tachibana Fukuoka chapter.JPG 「立」と蜜柑を図案化したもの[14] 1955年4月1日[14]
矢部村 (著作権存続) 全体は翼を表し、「矢」の古文字でる「夫」を図案化し、「矢」を意味している[108][16] 1968年11月[16]
星野村 (著作権存続) 「ほ」を意匠化したもの[16] 1972年3月10日[16]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

書籍[編集]

  • 『図典 日本の市町村章』 小学館辞典編集部、小学館2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113
  • 近藤春夫 『都市の紋章 : 一名・自治体の徽章』 行水社、1915年NDLJP:955061
  • 中川幸也 『シリーズ人間とシンボル第2号「都市の旗と紋章」』 中川ケミカル、1987年10月11日
  • 丹羽基二 『日本の市章 (西日本)』 保育社、1984年5月5日
  • 望月政治 『都章道章府章県章市章のすべて』 日本出版貿易株式会社、1973年7月7日
  • NHK情報ネットワーク 『NHKふるさとデータブック9 [九州 1]』 日本放送協会、1992年5月1日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NHKふるさとデータブック p16
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 図典 日本の市町村章 p207
  3. ^ NHKふるさとデータブック p19
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 図典 日本の市町村章 p205
  5. ^ 福岡市徽章
  6. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p532
  7. ^ NHKふるさとデータブック p22
  8. ^ a b c シリーズ人間とシンボル2 都市の旗と紋章 p51
  9. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p533
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 図典 日本の市町村章 p209
  11. ^ NHKふるさとデータブック p31
  12. ^ 飯塚市徽章
  13. ^ NHKふるさとデータブック p32
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 図典 日本の市町村章 p208
  15. ^ a b 都章道章府章県章市章のすべて p535
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 図典 日本の市町村章 p210
  17. ^ 筑後市章
  18. ^ 行橋市徽章
  19. ^ NHKふるさとデータブック p51
  20. ^ NHKふるさとデータブック p53
  21. ^ NHKふるさとデータブック p55
  22. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 図典 日本の市町村章 p206
  23. ^ a b 都章道章府章県章市章のすべて p540
  24. ^ a b シリーズ人間とシンボル2 都市の旗と紋章 p52
  25. ^ NHKふるさとデータブック p59
  26. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p541
  27. ^ NHKふるさとデータブック p62
  28. ^ 大野城市章
  29. ^ 宗像市章
  30. ^ NHKふるさとデータブック p65
  31. ^ 福津市章について
  32. ^ 宮若市章
  33. ^ 朝倉市のプロフィール
  34. ^ 嘉麻市市章の制定について
  35. ^ a b c d みやま市の市章の制定について
  36. ^ a b c 糸島市の市章の紹介
  37. ^ 糸島市章
  38. ^ NHKふるさとデータブック p68
  39. ^ NHKふるさとデータブック p73
  40. ^ 須恵町章
  41. ^ NHKふるさとデータブック p79
  42. ^ NHKふるさとデータブック p89
  43. ^ 小竹町の概要
  44. ^ 鞍手町章の制定
  45. ^ 筑前町の概要
  46. ^ 新村「東峰村」村章デザイン決定
  47. ^ NHKふるさとデータブック p143
  48. ^ 大木町の町章・花・木
  49. ^ a b 広川町章の制定
  50. ^ NHKふるさとデータブック p166
  51. ^ NHKふるさとデータブック p171
  52. ^ 福智町章・町木・町花・町鳥
  53. ^ みやこ町の町章及び町旗を定める規程
  54. ^ 築上町概要
  55. ^ a b c d 都市の紋章:一名・自治体の徽章 p88
  56. ^ a b 都市の紋章:一名・自治体の徽章 p86
  57. ^ a b 直方市の市章・市旗
  58. ^ a b 都市の紋章:一名・自治体の徽章 p84
  59. ^ 第20回福岡県公民館大会 冊子 p86
  60. ^ NHKふるさとデータブック p182
  61. ^ a b NHKふるさとデータブック p63
  62. ^ a b NHKふるさとデータブック p86
  63. ^ a b NHKふるさとデータブック p81
  64. ^ NHKふるさとデータブック p83
  65. ^ NHKふるさとデータブック p138
  66. ^ 北野町の概要
  67. ^ 三潴町を知る
  68. ^ a b 城島町の概要
  69. ^ a b 田主丸町の概要
  70. ^ a b c d 吉井町・浮羽町課題調整案 慣行の取り扱い
  71. ^ a b c d e f 柳川市・大和町・三橋町合併協議会 慣行の取り扱い
  72. ^ 大和町 - 大和町の紹介
  73. ^ NHKふるさとデータブック p119
  74. ^ a b NHKふるさとデータブック p118
  75. ^ NHKふるさとデータブック p88
  76. ^ NHKふるさとデータブック p121
  77. ^ 宝珠山村章
  78. ^ NHKふるさとデータブック p194
  79. ^ a b 新吉富村・大平村合併協議会協議調整内容 慣行の取り扱い
  80. ^ NHKふるさとデータブック p193
  81. ^ a b NHKふるさとデータブック p187
  82. ^ a b NHKふるさとデータブック p191
  83. ^ a b 宮田町のシンボル
  84. ^ NHKふるさとデータブック p99
  85. ^ 宮田町章
  86. ^ a b c 赤池町・金田町・方城町合併協議会の調整内容 慣行の取扱い
  87. ^ a b NHKふるさとデータブック p175
  88. ^ NHKふるさとデータブック p176
  89. ^ a b c d e f 甘木市・朝倉町・杷木町合併協議会 慣行の取り扱い
  90. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p536
  91. ^ a b 豊津町勢要覧 裏表紙
  92. ^ NHKふるさとデータブック p184
  93. ^ NHKふるさとデータブック p109
  94. ^ a b 筑穂町章
  95. ^ a b c d NHKふるさとデータブック p104
  96. ^ a b NHKふるさとデータブック p112
  97. ^ NHKふるさとデータブック p113
  98. ^ a b c d e f g h 嘉穂南部1市3町合併協議会 慣行の取り扱い
  99. ^ 山田市き章の制定について
  100. ^ NHKふるさとデータブック p106
  101. ^ NHKふるさとデータブック p147
  102. ^ 2006年9月広報じょうよう(No.546)p2 上陽町の誕生から48年の歴史を振り返って①
  103. ^ 瀬高町の町章
  104. ^ a b NHKふるさとデータブック p163
  105. ^ NHKふるさとデータブック p127
  106. ^ a b NHKふるさとデータブック p128
  107. ^ NHKふるさとデータブック p146
  108. ^ NHKふるさとデータブック p154