比亜迪汽車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BYD Auto
比亜迪自動車株式会社
企業形態 Public
(SEHK: 1211)
業種 輸送用機器
設立 2003
本拠所在地 中華人民共和国の旗 中国広東省深圳市
代表者等 王伝福(総裁)
製品 自動車
株主 比亜迪
ウェブサイト www.byd.com
世界初の量産型プラグインハイブリッドカーBYD F3DM
自動車展での様子

比亜迪自動車販売株式会社BYD Auto拼音: Bǐyàdí Qìchē)は、広東省深圳市に拠点を置く中華人民共和国の自動車メーカー。

概要[編集]

中華人民共和国のバッテリーメーカー比亜迪股份有限公司の子会社である。会社の前身は、西安秦川自動車責任株式会社であり、同社が倒産したため、比亜迪により現社名に変更され、新会社として2003年に設立された。創業者で現会長の王伝福は、2009年度版の胡潤百富榜の評価では総資産350億元(日本円で約4,556億円)と、中国一の資産家である [1]

2008年12月15日に世界初の量産型プラグインハイブリッドカーBYD F3DM」を発売した。エンブレムは当初はBMWに似たデザインだったが、同社からクレームが付いたため、改められた。

2010年4月1日、日本の金型メーカーオギハラの館林工場を買収し、館林工場の土地、建物、設備と従業員約80人を引き継いだ。今後、オギハラが開発した金型を中国本土に持ち込み、中国人社員への技術移転を進める[2]

主要株主[編集]

世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイ会長CEOウォーレン・バフェットが、MidAmerican Energy社を通じて親会社の比亜迪に出資している。

車種[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

ギャラリー[編集]