春日丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
春日丸
Kasuga.jpg
春日丸
艦種 外輪船
艦歴
発注 J. Samuel White&Cowes 社
ワイト島造船所
就役 1860年(「キャンスー」として)
1867年11月3日(薩摩藩が購入)
1868年1月(日本に到着)
主な所属 明治政府軍(薩摩藩)
除籍 1894年2月2日
その後 1896年 雑役船
1902年 売却
性能諸元
排水量 常備:1,015トン
全長 74.0m
全幅 9.0m
機関 形式不明石炭専焼水管缶2基
+形式不明レシプロ機関1基1軸
外輪推進 300hp
最大速度 17.0ノット
乗員 134名
兵装 大砲6門
テンプレートを表示

春日丸(かすがまる)は、幕末明治初期の日本の軍艦で、木製外輪船。本艦は当初、イギリス船籍のキャンスー号Kiangsu、中国の江蘇省の「江蘇」の事)という貨物船であったが、それを1867年11月3日薩摩藩赤塚源六が約16万両で購入し、春日丸と改名させて就役させた。

戊辰戦争での春日丸[編集]

阿波沖海戦[編集]

春日丸の乗組員達(1869年8月)
後列右側の白い服が東郷平八郎

1868年1月、春日丸は幕府海軍の軍艦「開陽丸」、「蟠龍丸」、「翔鶴丸」が封鎖する兵庫港に入港した。後に海軍提督になる東郷平八郎は、この時(1月3日)に三等砲術士官として春日丸に乗船している。

1月3日夜、春日丸は僚艦「翔凰丸」、「平運丸」と共に兵庫港を出港し、平運丸は明石海峡方面に、本艦と翔凰丸は紀淡海峡方面に向かったところ、1月4日早朝に春日丸・翔凰丸を開陽丸が発見、開陽丸と春日丸は1,200 - 1,500mの距離で砲撃戦を行った。これが日本史上初の近代的蒸気船同士の海戦である(阿波沖海戦)。

春日丸はこの海戦の後、鹿児島に帰港している。

宮古湾海戦[編集]

箱館湾海戦を描いた絵。手前の艦隊の戦闘艦が「甲鉄」、後続する外輪船が「春日丸」

1869年3月、春日丸は旧幕府軍討伐の遠征隊に参加する。旧幕府軍の残党は、北海道でジュール・ブリュネ等のフランス軍アドバイザーも合流して「蝦夷共和国」を樹立していた。

1869年3月25日宮古湾の北に停泊している時に、遠征隊は幕府の軍艦「回天丸」の奇襲を受けた。回天丸は明治政府の新鋭装甲艦甲鉄」を急襲し、接舷切込みを仕掛けたが、甲鉄のガトリング砲と春日丸の大砲により撃退された(宮古湾海戦)。30名の戦死傷者を出した。

この後、春日丸は箱館湾海戦等、1869年5月の旧幕府軍降伏までの海事に参加していた。

その後の春日丸[編集]

  • 1870年4月 春日丸は薩摩船籍から明治新政府に移管され「春日(艦)」となる。
  • 1872年 使節の花房義質を乗せて朝鮮に派遣される。「洋服を着た軍人と使節が乗る蒸気軍艦」であったため、折からの朝鮮の攘夷運動に拍車がかかった(詳しくは「江華島事件#経過」の項目参照)。
  • 1875年 江華島事件にいたる外交交渉の段階で「雲揚」や「第二丁卯」などとともに釜山に派遣。
  • 1877年 鹿児島に「清輝」と共に派遣。
  • 1894年2月2日 除籍。対馬水雷団付属となる。
  • 1896年 雑役船となる。
  • 1902年 売却。

艦長[編集]

船将
艦長
  • 柳楢悦 少佐:明治4年2月17日(1871年4月6日) - 明治4年9月12日(1871年10月25日)
  • (代理) 伊東祐亨 大尉:明治4年(1871年)9月 - 明治4年(1871年)11月
  • 伊藤雋吉 少佐:1871年10月27日 - 1872年4月15日
  • 伊東祐亨 大尉:明治5年(1872年)2月 - 1872年12月14日
  • 井上良馨 少佐:1872年12月15日 - 1874年10月14日
  • 磯辺包義 少佐:1875年4月14日 - 1880年6月17日
  • 松村正命 少佐:1881年6月17日 - 1883年8月16日
  • 浅羽幸勝 少佐:1883年8月16日 - 1884年1月21日
  • 佐藤鎮雄 少佐:1884年1月21日 - 1884年2月8日
  • 五藤国幹 少佐:1884年2月8日 - 2月21日
  • 青木住真 中佐:1884年5月19日 -
  • (心得)窪田祐章 大尉:1885年12月25日 -
  • 森又七郎 少佐:1887年3月28日 - 1889年4月17日
  • 遠藤増蔵 少佐:1889年4月17日 - 1890年7月15日
  • 伊藤常作 少佐:1890年7月15日 - 1891年12月14日
  • 小田亨 少佐:1891年12月14日 - 1893年5月20日
  • 副島種藤 少佐:1893年5月20日 -

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報