首振り式エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

首振りエンジン(くびふりエンジン)、別名オシレーチングエンジン (oscillating engine) は蒸気機関の一種である。揺動するシリンダーの側面に給排気口があり、揺動により交互に吸気、排気する。初期の蒸気船に使用されたが現在では一部の模型蒸気機関に使用されるにとどまる。

長所としては、機構が単純で部品点数が少なくて済むということがある。また製作しやすい。

短所としては、高圧の蒸気を加えると側面から漏れる。しかしこのことが、一部の模型では安全弁の役割も兼ねている。さらに大型化、高出力化に適さない。

oscillating cylinder diagram

reversible oscillating cylinder
首振り式エンジン


関連項目[編集]