多幸感

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

多幸感(たこうかん、:Euphoria)とは、通常短い間続く、非常に強い幸福感およびそれに伴う興奮。多幸感は特定の薬物の副作用として生じる場合がある。脳で快楽などを司るA10神経の脳細胞間のシナプス間で幸福感を司る神経伝達物質であるセロトニンが大量に放出されている状態。(Euphoria: an extremely strong feeling of happiness and excitement which usually only lasts for a short time.)

多幸感を起こす薬物[編集]

† で示されているものは法律で使用が禁止されているものである。‖ で示されているものは医薬品として使われている。

関連項目[編集]