ドーパミン作動性ニューロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
脳: ドーパミン作動性ニューロン
Dopamine Pathways.png
ドーパミン経路の一部
名称
日本語 ドーパミン作動性ニューロン
英語 dopaminergic neuron
関連情報
NIF 総合検索
テンプレートを表示

ドーパミン作動性ニューロン(—さどうせい—、dopaminergic neuron)は神経伝達物質としてドーパミンを放出するニューロンである。

哺乳類のドーパミン作動性ニューロン[編集]

以下のような分類整理がなされている[1]

  • A8細胞群 赤核後方部 (RRF) の中脳辺縁系投射をするドーパミン作動性ニューロン。A10とともに大脳辺縁系に投射し、中脳辺縁系を構成する。
  • A9細胞群 黒質緻密部 (SNc) の中脳線条体投射をするドーパミン作動性ニューロン。一部はA10とともに前頭前皮質に投射し、中脳皮質系を構成する。
  • A10細胞群 腹側被蓋野 (VTA) の中脳辺縁系投射をするドーパミン作動性ニューロン。
  • A11細胞群 尾側中脳間脳水道周囲灰白質 (caudal mesodiencephalic periaqueductal gray, PAG) のドーパミン作動性ニューロン。A13, A14とともに視床下部に投射、また脊髄側角に投射し、視床下部脊髄路を構成する。
  • A12細胞群 弓状核から正中隆起、下垂体中間葉下垂体後葉に終わり、隆起漏斗ドーパミン作動系を構成する。
  • A13細胞群 不確帯 (zona incerta, ZI) のドーパミン作動性ニューロン。A11の一部とともに視床下部に投射し、不確帯視床下部ドーパミン作動系を構成する。
  • A14細胞群 視床下部のドーパミン作動性ニューロン。A11の一部とともに視床下部に投射し、不確帯視床下部ドーパミン作動系を構成する。
  • A15細胞群 視床下部のドーパミン作動性ニューロン。
  • A16細胞群 嗅球の periglomerular cell。
  • A17細胞群 網膜のドーパミン作動性ニューロン。

脚注[編集]

  1. ^ Dahlstroem, A; Fuxe, K (1964). “Evidence for the existence of monoamine-containing neurons in the central nervous system. I. Demonstration of monoamines in the cell bodies of brain stem neurons”. Acta Physiol Scand Suppl SUPPL 232: 1-55. PMID 14229500. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]