驚愕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネコの驚いた表情

驚愕(きょうがく、: surprise)または驚き(おどろき)とは、動物が予期しない事象を体験したときに起こる瞬間的な感情をいう。驚きには好ましいものも好ましくないものもある。むしろ、怒りや恐怖などの爆発的な感情変化を、分類する以前の状態が驚きかも知れない。驚いた状態をびっくりしたという。

身体的特徴[編集]

驚きを感じると、がつりあがり、が縦に開かれ、が下がるなどの表情が顔に表れる。驚きに対する反応として叫んだり泣いたりすることもある。さらに、飛び上がる、硬直するなどの全身の動きを伴うこともある。さらに強い場合、気絶する、貧血を起こすなどの場合もある。極端な場合、ショックによって心臓が止まり、死に至る例もある。また、パニックにつながる場合もある。

このような身体的影響も与えるため、例えばしゃっくりはしている者を驚かせてしゃっくりを止めるなどの利用例もある。エレキテルなど初期の電気は治療に使われたが、これも電気の性質と言うより、驚かせるための装置であったと見られる。このような衝撃を治療に使うのを時にショック療法というが、どちらかと言えば通俗的表現である。

驚きは瞬間的な状態であり、すぐに喜び悲しみ恐れといった感情に変化する。危険に結びつかない驚きは楽しみであり、遊びの大きな要素のひとつである。びっくり箱は名前までそのままである。また、恐怖や怒りに転化しない驚きは好奇心を引き起こす。教育の現場における理科の実験には時にそのような効果が求められる。いわゆる理科離れに対して起こった科学実験のブームには特にそのような面があり、米村でんじろう実験などにそれが見られる。

関連項目[編集]