同潤会アパート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
建設後まもない青山同潤会アパート
(東京・表参道

同潤会アパート(どうじゅんかいアパート)は、財団法人同潤会大正時代末期から昭和時代初期にかけて東京横浜の各地に建設した鉄筋コンクリート造(RC造)集合住宅の総称である。

同潤会は1923年大正12年)に発生した関東大震災の復興支援のために設立された団体であり、同潤会アパートは耐久性を高めるべく鉄筋コンクリート構造で建設され、当時としては先進的な設計や装備がなされていた。

概要[編集]

関東大震災では木造家屋が密集した市街地が大きな被害を受けたため、不燃の鉄筋コンクリート造で住宅を供給することをその目的としていた[1]。近代日本で最初期の鉄筋コンクリート造集合住宅[2]として住宅史・文化史上、貴重な存在であり、居住者への配慮が行き届いたきめ細かな計画などの先見性が評価されている。

電気都市ガス水道ダストシュート水洗式便所など最先端の近代的な設備を備えていた。大塚女子アパートは、完成時はエレベーター食堂共同浴場・談話室・売店洗濯室、屋上には、音楽室・サンルームなどが完備されていて当時最先端の独身の職業婦人羨望の居住施設であった。

居住者として想定されていたのは主に都市の中間層(サラリーマンなど)だった[3]が、職業女性向けのアパートや、スラム地区対策(不良住宅改良事業)として建設されたアパートもあった。

設計組織[編集]

最初期の中之郷アパートの設計は東京帝国大学建築学科教授内田祥三(同潤会理事)の研究室で行われ、岸田日出刀が関与したという[4]。その後本部組織が独立してからも、建築部長を務めた川元良一をはじめ、鷲巣昌・黒崎英雄・拓殖芳雄・土岐達人ら東京帝国大学建築学科出身者(内田の教え子たち)が多く在籍した。「建築非芸術論」で知られる野田俊彦も一時期嘱託として籍を置き、大塚女子アパートの設計に関与した[5]

同潤会解散後[編集]

1941年昭和16年)、戦時体制下に住宅営団が発足すると、同潤会はこれに業務を引き継いで解散した。大東亜戦争末期の1945年昭和20年)5月、アメリカ軍による東京大空襲山の手地区は激しく被災したが、街路樹が全焼した表参道では同潤会アパート前のケヤキだけが焼け残り、防火壁としての同潤会アパートの機能を実証した[6]

日本の敗戦後に住宅営団が解散すると、東京都内の同潤会アパートは東京都に引き継がれた。それらの大部分は後に居住者に払下げられた。大塚女子アパートの場合は個人に払い下げると男性が住むようになることを懸念した住民の要望を受け、都営住宅として存続した。

同潤会アパート[編集]

同潤会アパートは次の16か所である。


アパートの名称
竣工年
解体年
所在地
位置
備考
1 中之郷アパートメント 1926年大正15年) 1988年昭和63年) 本所区向島中之郷町
(現・墨田区押上二丁目)
位置
2 青山アパートメント 1926年(第1期)
1927年(第2期)
2003年平成15年) 豊多摩郡千駄ヶ谷町穏田
(現・渋谷区神宮前四丁目)
位置 ※当初の名称は「渋谷アパートメント」
※現在は表参道ヒルズ
3 代官山アパートメント 1927年(昭和2年) 1996年(平成8年) 豊多摩郡渋谷町大字下渋谷字代官山
(現・渋谷区代官山町
位置 ※現在は代官山アドレス
4 柳島アパートメント 1926年(第1期)
1927年(第2期)
1993年(平成5年) 本所区横川橋
(現・墨田区横川)
位置
5 住利共同住宅 1927年(第1期)
1930年(第2期)
1992年(平成4年) 深川区猿江裏町
(現・江東区住吉・毛利)
位置 ※当初の名称は「猿江裏町共同住宅」
6 清砂通アパートメント 1927年(第1期) -
1929年(第5期)
2002年(平成14年) 深川区東大工町
(現・江東区白河・三好)
位置位置
位置位置
※当初の名称は「東大工町アパートメント」
7 山下町アパートメント 1927年(昭和2年) 1987年(昭和62年) 横浜市中区山下町 位置
8 平沼町アパートメント 1927年(昭和2年) 1982年(昭和57年) 横浜市神奈川区平沼町
(現・西区平沼
位置
9 三ノ輪アパートメント 1928年(昭和3年) 2009年(平成21年) 北豊島郡日暮里町大字日暮里
(現・荒川区東日暮里二丁目)
位置
10 三田アパートメント 1928年(昭和3年) 1986年(昭和61年) 芝区三田豊岡町
(現・港区三田五丁目)
位置
11 鶯谷アパートメント 1929年(昭和4年) 1999年(平成11年) 北豊島郡日暮里町大字日暮里
(現・荒川区東日暮里五丁目)
位置 ※当初の名称は「日暮里アパートメント」
12 上野下アパートメント 1929年(昭和4年) 2013年(平成25年) 下谷区北稲荷町
(現・台東区上野五丁目)
位置
13 虎ノ門アパートメント 1929年(昭和4年) 2000年(平成12年) 麹町区霞ヶ関
(現・千代田区霞ヶ関一丁目)
位置 ※同潤会本部
14 大塚女子アパートメント 1930年(昭和5年) 2003年(平成15年) 小石川区大塚窪町
(現・文京区大塚三丁目)
位置
15 東町アパートメント 1930年(昭和5年) 1992年(平成4年) 深川区住吉
(現・江東区毛利)
位置 ※住利共同住宅の隣り
16 江戸川アパートメント 1934年(昭和9年) 2003年(平成15年) 牛込区(現・新宿区)新小川町二丁目 位置

保存運動[編集]

同潤会アパートは老朽化のため順次、建て替えが進められた。歴史的建築物として、代官山・青山・大塚女子・江戸川などでは取り壊しに際して保存運動も起こった。しかし、老朽化に伴う建物の劣化の著しさと耐震性などの建物機能の問題で住人にも建て替え希望者が多かった。立地条件が良い場所が多く、高層化することにより個人負担なしで建て替えが可能など、建て替えによるメリットが大きいと考えられたこともあって保存は困難であった。

1999年には、日本の近代建築20選(DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築)にも選定されている。

同潤会アパートの現在[編集]

同潤会上野下アパート
同潤会三ノ輪アパート
表参道ヒルズ一角に再現された同潤会青山アパート

三ノ輪と上野下が最後に残っていたが、前者は2009年平成21年)、後者は2013年(平成25年)に取壊し[7]となり、全ての同潤会アパートが姿を消した。

跡地が大規模に再開発された事例として、代官山アパート跡地に2000年平成12年)に完成した「代官山アドレス」、青山アパート跡地に2006年平成18年)に完成した「表参道ヒルズ」などがある。

代官山アパートの部材は都市機構の集合住宅歴史館(八王子市)に移設され、室内が復元されている。また、青山アパートは表参道ヒルズにおいて東端の1棟が安藤忠雄の設計によって外観が忠実に再現され、「同潤館」として商業施設の一部となっている。

江戸川アパート取壊しの際には、部材を江戸東京博物館に移し室内を再現するという新聞報道がされたが実現しなかった。

同潤会アパートに関連した作品[編集]

映像作品
小説
  • 大いなる幻影(大塚女子:戸川昌子
  • よみがえる星座―the scene of 表参道同潤会アパート
  • 終わらざる夏(浅田次郎
  • ナラタージュ(島本理生
漫画
  • ACONY(しきみ野アパートのモデル)

元住人[編集]

※カッコ内は住んでいたアパート名など

住人ではないが、えにしの深い人物

  • 林家彦六(上野下アパートメントの向いの棟割長屋〈一部現存〉に永年住み、金子満広の選挙応援の際には、アパート住人に向かって街宣車上から「長屋の皆さん!」と呼び掛けた)

脚注[編集]

  1. ^ 東京府と横浜市が震災前に建設した鉄筋ブロック造の集合住宅の事例があり、不燃の集合住宅の必要性自体は震災前から既に認識されていた
  2. ^ 先行事例としては、1916年以降に建設された軍艦島の集合住宅群がある。
  3. ^ マルク・ブルディエ「同潤会アパート原景」P53に、目標として「中流階層のために実用的で最新の住宅の建設」がまず挙げられている。
  4. ^ マルク・ブルディエ「同潤会アパート原景」P185
  5. ^ 藤岡洋保「建築は非芸術と主張した論客 野田俊彦」(「近代日本の異色建築家」所収)
  6. ^ アイランズ 『東京の戦前 昔恋しい散歩地図 2』 草思社 平成16年10月30日発行第1刷
  7. ^ 「築84年、最後の同潤会アパート解体工事始まる」産経ニュース2013年5月19日[1]
  8. ^ a b c d 草柳大蔵『実力者の条件』p.38
  9. ^ 大久保房男『終戦後文壇見聞記』紅書房、2006年、44頁。
  10. ^ 四方田犬彦『映画のウフフッ』フィルムアート社、1992年。
  11. ^ 江戸英雄『すしやの証文』中公文庫、1990年、72頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]