台湾の文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
台湾の福建系漢族の農家(リトルワールド・愛知県犬山市)
玉山
台湾
人口 - 経済
教育 - 交通
言語 - 軍事
政治
文化
遺跡 - 映画
芸術 - 文学
演劇 - 舞踊
宗教 - 民俗
地理
温泉 - 国立公園
歴史
先史時代
オランダ統治時代
鄭氏政権
清朝統治時代
台湾民主国
日本統治時代
中華民国統治時代
カテゴリ
政府機構 - 社会 - 文化
生物 - 博物館 - 台湾人
スポーツ - 原住民 - 古跡
行政区分 - メディア - 交通
食文化 - 教育 - 経済
組織 - 言語 - 地理
歴史 - 画像 - 政治
土地公廟(リトルワールド)

台湾の文化(たいわんのぶんか)

本項では台湾文化全般について幅広く過去から現在への事象を取り上げ、概要の説明やリンクを示す。

分類については、まだ発展・整理の途上であり、正式なものではない。台湾発祥のもの以外でも、台湾に深く根付いているものはこの記事に含まれる。

概要[編集]

台湾の文化は台湾の地理的な特殊性により他民族の文化が長期間にわたり融合し形成されたものである。一般に漢文化を主体としていると考えられているが、台湾原住民による南島文化や日本文化の影響を強く受け、また最近では欧米文化の影響もあり変化に富む多様性のある文化がその特長である。

歴史[編集]

各民族の文化[編集]

原住民の文化[編集]

台湾原住民は現在40数万人が台湾内に居住している。人類学や民俗学の視点より原住民の建築、焼畑農業、刺青、被服、舞踊などが研究され、南島文化に近い文化を有していることが明らかとなっている。平野部に居住する原住民は漢化が進んでいるが、それでも部落組織に関しては独自の習慣が残っている場合がある。ブヌン族では父系社会、アミ族では母系社会と原住民の間でも異なる文化を有している。

原住民は祖霊信仰を重視し、山上に祖霊が居住するとともに族人の豊穣を見守っていると信じられている。各原住民はどれぞれ独自の豊穣祭の祭祀を行い、ブヌン族射耳祭小米祭サイシャット族が隔年に行う矮霊祭タオ族飛魚祭パイワン族五年祭プユマ族有海祭猴祭鋤草祭などが存在している。

このほか原住民の工芸品に関してはルカイ族の陶器や瑠璃工芸、ブヌン族の皮衣、サオ族の皮革工芸が、音楽はブヌン族やアミ族の無半音五声音階などそれぞれ特色を有している。

ホーロー文化[編集]

客家文化[編集]

移民系である客家はその開墾事業を行うために一族の団結が求められ、そのため古代中国の中原地区の言語、風俗、習慣などの特徴を残した文化を現在に伝えている。

建築面では台湾客家は宗祠公庁等などの独自の建築様式を有している。建材はその土地で入手可能な土、レンガ、木材、竹材などを利用しており、台湾では福建系の「紅磚紅瓦」が多用された建築が一般的である。代表的なものとしては新竹県の北埔天水堂姜屋、屏東県の佳冬蕭屋、六堆夥房、美濃菸楼などが挙げられる。

衣服面では以前は独自の「藍杉」を日常着用していたが、現在では殆ど見ることがなくなっている。しかし近年では「客家花布」を用いてデザインした「客家杉」が登場し新しい客家文化として紹介されている。

現在でも客家人の族群意識は高く、台湾では2001年内政部内に客家委員会が設置され、また「台湾客家文化芸術節」、「客家桐花祭」、「客家電視台」など独自文化を継承すべく積極的な活動を行っている。

日本文化の影響[編集]

日本による台湾統治は50年に及び、その過程で日本文化が流入、糖業鉄道や塩業鉄道や鉱業鉄道や林業鉄道どな、嘉南大圳と日月潭水庫。更に太平洋戦争中は台湾総督府が主導する皇民化運動が推進され、日本語の普及や、日本姓への改姓、神社の建立等を通じて日本文化が台湾人の家庭に定着することとなった。

当時流入した日本語は現在でも台湾の社会において使用されており中国大陸との単語の差異を生じている。その例を挙げれば(括弧内は大陸での表記)、日本語での漢字表記が定着した弁当(飯盒)、刺身(生魚片)、看板(招牌)、注文(預定)、気持(きもちと発音、心情)、日本語の発音を音訳(括弧内日本語)した甜不辣(天婦羅)、黒輪(おでん)などがあり、現在でも逮就捕(大丈夫)や甘芭茶(頑張って)などのように新しい表現が誕生している。

言語[編集]

宗教[編集]

祭事[編集]

台湾には中国福建省広東省より大量の移民が入植したことで、漢文化の影響を強く受け、祭事に関しては華南地域と類似している。それら祭祀の中でも春節(台湾では過年と呼ばれることが多い)、端午節中秋節は台湾の三大節慶と称され、それ以外に元宵節清明節(客家人の一部などは祝わない)、中元節七夕(乞巧節)などの漢人の伝統的な節日が祝われている。しかし台湾独自の祭祀として迎媽祖塩水蜂炮東港焼王船頭城搶孤等も存在している。

食文化[編集]

文学[編集]

映画[編集]