元宵節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
元宵節
ChiangKaiShek-MemorialHall-LanternFestival.jpg
各種表記
繁体字 元宵節
簡体字 元宵节
拼音 Yuánxiāojié
注音符号 ㄩㄢˊ ㄒ|ㄠ ㄐ|ㄝˊ
発音: ユエンシャオジエ
テンプレートを表示

元宵節(げんしょうせつ)は、正月の望の日(満月の日、旧暦一月十五日。日本でいうところの小正月にあたる)を祝う中華圏での習慣である。正月は別に元月とも称され、元月の最初の宵(夜)であることより元宵節と命名された。過年は元宵節を迎えて終了する重要な一日である。

由来[編集]

元宵節の由来は漢代にまでさかのぼることができる。漢朝の実権を掌握した呂后が崩御すると国内では諸呂の乱が発生、これを平定した陳平等により劉桓が皇帝に推戴された。反乱平定を達成したのが正月15日であったことより、以降皇帝は毎年この日に宮殿を出て民衆と共に祝賀したことに由来する。この日を文帝により元宵節或いは元夜元夕と命名された。

また道教も元宵節に大きな影響を与えている。道教における三元神、即ち上元天官、中元地官、下元水官をそれぞれ正月15日、7月15日、10月15日に割り当て、それぞれ上元節、中元節、下元節として祭祀が行われ、そのため元宵節は上元節とも称される。元宵節に天官を祭祀するにあたり、人々はランタンを作り華やかな雰囲気を創出し吉祥、邪気払いを行っていた。これらの宗教性が次第に希薄になったが、現在でも元宵節には色とりどりのランタンが用いられ、そのため灯節とも称される。『史記』楽書には武帝の時代には、元宵節には太一神の祭祀が行われていたと記載され、夜通しランタンが灯されていたと記載されている。

元宵節が民間の風俗となったのは仏教の影響を受けた後である。後漢になると仏教が中国に伝播し、明帝の時代には蔡愔がインドより帰国しインドでは正月15日に仏舎利を祭ることを伝えたことによる。仏教では灯明が仏具に用いられていたため、元宵節には各寺院で灯明を灯し法会を開くようになった。

ランタンの歴史[編集]

元宵節にランタンが用いられるようになって以来、歴代の中国王朝では元宵節は盛大な年中行事となった。南北朝時代簡文帝による元宵節の様子を描写した『列灯詩賦』なども残されている。また隋代になると外国使節の参内を元宵節に定め、多くのランランを用いた元宵節を見学させることで国力の充実を内外に示した[1]

中唐になると更に盛大な行事となった。唐代にランタンを用いるのは元宵節及び前後一日とされ、漢代から1日とされた元宵節が3日間とされた。唐朝では都城である長安では夜間の外出が禁じられていたが、元宵節に限ってはこの禁令が解かれ、民衆がランタンを見るために賑わった。また国力が充実していた時期には王侯貴族が自らの富を表現する場として元宵節が選ばれ、『開元天宝記事』には玄宗により高さ150尺のランタンを、楊貴妃の姉に当たる韓国夫人も「百枝灯樹」なる大規模なランタンを製作したと記録[2]されている。

宋代になると元宵節は更に盛大になり、太祖により期間も正月14日から18日の5日間に延長された。ランタンも唐代のものに比べて精巧且つ豪華なものとなり、辛棄疾の『青玉案・元夕』[3]に当時の元宵節の盛大さが描写されている。宋代の元宵節は朝廷より民衆に酒が下賜されたことで更に多くの人出を見るようになった。またこの時期よりランタンに謎掛けを行う習慣も登場している。

清代になると満洲より氷灯が中原に紹介され、ランタンの製作に影響を与えたと言われている。

湯円[編集]

元宵節には湯円を食べる習慣がある。zh:湯圓はもち米を原料とした団子であり、中には様々な具が入れられる。甘いものとしては砂糖、胡桃、ゴマ、小豆餡、氷砂糖などが、塩辛いものとしては肉や野菜で作られた具が入れられる。

熱湯の入れられた鍋で茹でる際、湯の中で団子が踊る姿を天に輝く満月に見立てた。そして家庭が団円(円満の意味)と音が似ている「湯円」という漢字が使用され、宋代の周必大も『元宵煮浮円子」という詩の中で「今夕是何夕、団円事事同」と表現し、現在でも台湾では「吃了湯円好団円」という民謡が広く知られている。

元宵節に湯円を食べる由来は唐代に元宵節に食べられていた麺蚕にさかのぼることができる。宋代になると乳糖円子と称されるようになりこれが湯円の前身であると考えられる。宋代の詩人周必大による『元宵煮浮円子』という漢詩の中に「星爛烏雲里、珠浮濁水中」という一文があり、現在の湯円に近い形態であったと想像される。

明代になると元宵の名称で呼ばれることが多くなる。劉若愚の『酌中志』にその製法が記載[4]されている。また清代になると八宝元宵と称される湯円が美食として知られるようになり、元宵節に欠かせない料理として定着していくこととなった。

元宵節にまつわる故事[編集]

元宵節の由来[編集]

一羽の天鵞が天より人間界に舞い降りた際、一人の猟師の放った矢で傷ついてしまった。それを知った玉皇大帝は、自ら大切にしていた天鵞に変わって正月15日に天より兵を遣わし地上を焼き払うことを計画した。その計画を知った一人の仙人は民衆を救うために地上に降り、正月15日に家々で松明を燃やしランタンを灯すことで厄災を逃れることができると伝えた。

人々は仙人の言葉の通りに正月15日に松明を燃やしランタンを灯すと、その仙人は玉皇大帝に対し既に地上は焼き払ったと報告、玉皇大帝は衆神を率いて南天門より地上を見下ろすと、地上は赤々とした炎に包まれており、既に地上を焼き払ったと錯覚したため人間界が焼き払われなくて済んだ。このことから毎年正月15日にランタンを灯す習慣ができたといわれている。

老学庵筆記の故事[編集]

宋代に州官となった田登という人物がいたが、「登」と「灯」が同音であったことから任地でその使用を禁じ、それを犯した者は処罰するという通達を出した。住民たちは「灯」の文字が使用できないために「灯」を「火」、「点灯」を「点火」と称するようになった。

元宵節を迎えた際に田登も習慣に従いランタンを準備し民衆に観賞させることにし、その通達文を作成することとなった。しかし「灯」の文字が使用できないため、官衙の官人は悩み、その結果「灯」を「火」と改めることし、「本州依例、放火三日」と通知を出した。

たまたま他の土地からやってきた者はこの通達を見て、3日間にわたって「放火」するものと勘違いし逃げ帰ったという故事が記録されている。

この故事より中国語で官民差別を風刺する際に使用する「只許州官放火、不許百姓点灯」という言葉が生まれ、現在でも使用されている。

牡丹燈籠[編集]

牡丹燈籠の原作である剪燈新話では、主人公二人は元宵節のランタン見物で出会うことになっている。これを牡丹燈籠では、盂蘭盆会に移し変えた。

地域の風習[編集]

対罵[編集]

四川省開県に「対罵」という習慣がある。これは元宵節の夜、人々が戸外に椅子を出し何時も憎く思っていた相手を力いっぱい罵倒し、罵倒された相手はそれに反論してはいけないというものである。

走老貌[編集]

山東省莒県では老若男女が元宵節に戸外で活動する習慣があり「走老貌」と称される。年に一度かならず外出することで若さを保つとされる。

石合戦[編集]

福建省南部では村同士の子供たちが石を投げ合う習慣がある。石を投げないと村に疫病が流行ると言われている。

偷青[編集]

広東省文昌県には「偷青」と称される習慣がある。これは他人の屋敷の裏庭で栽培されている野菜を盗み、盗まれた人に避難されることを吉祥とする風習である。台湾でもネギを盗み吉兆を占う風習が古くは存在していた。現在でも「偷挽蔥、嫁好翁。偷挽菜、嫁好婿」というこの風習に由来する俗語が残されている。

注釈[編集]

  1. ^ 隋書 音楽志』每當正月、萬國來朝、留至十五日於端門外建國門内、綿亙八里、列戯為戯場
  2. ^ 竪立高山、上元夜點之、百里皆見、光明奪目
  3. ^ 東風夜放花千樹、更吹落、星如雨。寳馬雕車香満足路。風簫聲動、玉壼光転、一夜魚龍舞
  4. ^ 其製法、用糯米細麺、内用核桃、白糖、玫瑰為餡、撒水滚成、如核桃大、即江南所湯円也

関連項目[編集]

外部リンク[編集]