古市橋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
古市橋駅
駅舎
駅舎
ふるいちばし - Furuichibashi
下祇園 (1.4km)
(1.2km) 大町
所在地 広島市安佐南区古市三丁目31-1
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線   B   可部線
キロ程 5.3km(横川起点)
広島から8.3km
電報略号 フイ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,700人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1910年明治43年)11月19日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
広 広島市内

古市橋駅(ふるいちばしえき)は、広島県広島市安佐南区古市三丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)可部線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持ち、行違い可能な地上駅である。駅舎は広島方面行きホームの可部寄りにあり、反対側の可部方面行きホームへは構内踏切で連絡している。自動改札機は簡易式。

可部駅が管理し、JR西日本関連会社のジェイアール西日本広島メンテックが駅業務を受託する業務委託駅であり、早朝と夜間は無人となる。ICOCA(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)が利用可能。JRの特定都区市内制度における「広島市内」の駅である。

のりば[編集]

古市橋駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1   B   可部線 上り 横川広島方面
2   B   可部線 下り 緑井可部方面

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

以下の情報は、広島市統計書及び広島市勢要覧に基づいたデータである。

年度 1日平均
乗車人員
年度毎
総数
定期券
総数
普通券
総数
1968年(昭和43年) 1,223.9 893,468 758,258 135,210
1969年(昭和44年) 1,187.5 866,887 736,836 130,051
1970年(昭和45年) 1,275.5 931,092 760,870 170,222
1971年(昭和46年) 1,285.3 940,832 774,254 166,578
1972年(昭和47年) 1,175.4 858,044 703,590 154,454
1973年(昭和48年) 1,537.9 1,122,679 874,368 248,311
1974年(昭和49年) 1,655.5 1,208,486 939,774 268,712
1975年(昭和50年) 1,611.1 1,179,327 853,890 325,437
1976年(昭和51年) 1,704.8 1,244,534 906,612 337,922
1977年(昭和52年) 1,563.3 1,141,210 803,704 337,506
1978年(昭和53年) 1,570.4 1,146,366 826,482 319,884

以上の1日平均乗車人員は、乗車数と降車数が同じであると仮定し、年度毎総数を365(閏年が関係する1971・1975年は366)で割った後で、さらに2で割った値を、小数点第二位で四捨五入。小数点一位の値にした物である。

年度 1日平均
乗車人員
1979年(昭和54年) 1,467
1980年(昭和55年) 1,357
1981年(昭和56年) 1,225
1982年(昭和57年) 1,153
1983年(昭和58年) 1,104
1984年(昭和59年) 1,183
1985年(昭和60年) 1,262
1986年(昭和61年) 1,479
1987年(昭和62年) 1,801
1988年(昭和63年) 2,115
1989年(平成元年) 2,119
1990年(平成2年) 2,521
1991年(平成3年) 2,852
1992年(平成4年) 3,177
1993年(平成5年) 3,515
1994年(平成6年) 2,669
1995年(平成7年) 1,795
1996年(平成8年) 1,697
1997年(平成9年) 1,613
1998年(平成10年) 1,620
1999年(平成11年) 1,642
2000年(平成12年) 1,633
2001年(平成13年) 1,607
2002年(平成14年) 1,581
2003年(平成15年) 1,613
2004年(平成16年) 1,595
2005年(平成17年) 1,580
2006年(平成18年) 1,617
2007年(平成19年) 1,655
2008年(平成20年) 1,673
2009年(平成21年) 1,685
2010年(平成22年) 1,617
2011年(平成23年) 1,628
2012年(平成24年) 1,700
乗車数グラフ

Huruichibashi sta graph.jpg

かつてはアストラムライン沿線に高校・大学のある方面へむけて路線バスが多数運行され、ラッシュ時には古市橋駅折り返しの列車も設定されるなど、定期利用客の非常に多い駅だったが、1994年8月のアストラムライン開業により、その役目を隣の大町駅及びアストラムラインに譲り、夕方ラッシュ時に運行されていた快速「通勤ライナー」も通過するようになった(2012年3月17日ダイヤ改正で廃止)。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
  B   可部線
下祇園駅 - 古市橋駅 - 大町駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 8月16日から続く大雨等による被害状況について(第6報) (PDF) - 国土交通省 災害情報、2014年8月20日 15:00現在
  2. ^ 広島大規模土砂災害で可部線など不通 - レスポンス 2014年8月20日

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 各 広島市統計書
  • 各 広島市勢要覧

外部リンク[編集]