切頂六面体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
切頂六面体

切頂六面体(せっちょうろくめんたい、truncated hexahedron)、または切頭六面体(せっとうろくめんたい)、切隅六面体(せつぐうろくめんたい)、切頂立方体(せっちょうりっぽうたい)、切頭立方体(せっとうりっぽうたい)、切隅立方体(せつぐうりっぽうたい)とは、半正多面体の一種で、正六面体の各頂点を切り落とした立体である。

  • 構成面:正三角形8枚、正八角形6枚
  • 辺:36 (3-8:24, 8-8:12)
  • 頂点:24の各頂点に、正三角形1枚と正八角形2枚が集まる。
  • 頂点形状:3,8,8Truncated cube vertfig.png
  • シュレーフリの記号:t{4,3}
  • ワイソフ記号:2 3|4
  • 双対多面体三方八面体
  • 外接球半径:\frac{\sqrt{7+4\sqrt2}}{2}a
  • 中接球半径:\frac{2+\sqrt2}{2}a
  • 内接球半径 (正三角形):\frac{\sqrt\frac{17+12\sqrt2}{3}}{2}a
  • 内接球半径 (正八角形):\frac{1+\sqrt2}{2}a
  • 表面積:2(6+6\sqrt2+\sqrt3)a^2
  • 体積:\frac{21+14\sqrt2}{3}a^3
  • 二面角 (3-8):125.2643897°
  • 二面角 (8-8):90°
  • 星型の数:42(表面のみ…15、裏面使用…27)
  • 展開図:Truncated hexahedron flat.svg

外部リンク[編集]