六方二十面体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
六方二十面体

六方二十面体(ろっぽうにじゅうめんたい、hexakis icosahedron)、または二重二方三十面体(にじゅうにほうさんじゅうめんたい、disdyakis triacontahedron)とは、アルキメデス双対の一種で、斜方切頂二十・十二面体双対多面体である。正二十面体または正十二面体の各面と各辺の中心を持ち上げ、三角形に分けたような形をしている。

  • 構成面:不等辺三角形(角度 58.24°,88.99°,32.77°,辺の比率 1:\begin{matrix} \frac{3(3+ \sqrt{5})\ }{10} \end{matrix}:\begin{matrix} \frac{7+ \sqrt{5}\ }{5} \end{matrix})120枚
  • 辺:180
  • 頂点:62
  • 双対:斜方切頂二十・十二面体