レジー・アバークロンビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レジー・アバークロンビー
Reggie Abercrombie
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ジョージア州コロンバス
生年月日 1980年7月15日(34歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1999年 ドラフト23巡目
初出場 2006年4月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

レジー・アバークロンビーReginald Damascus Abercrombie, 1980年7月15日 - )は、メジャーリーグベースボールの右投右打の外野手アメリカ合衆国ジョージア州出身。

経歴[編集]

コロンバス高校(Columbus High School)在学中の1999年、ドラフト23巡目でロサンゼルス・ドジャースから指名を受け、翌2000年にドジャースに入団する。

入団後はマイナーリーグでプレイしていたが、2004年7月31日にはアリゾナ・ダイヤモンドバックスへ、更に2005年4月6日フロリダ・マーリンズへと移籍する。

2005年にはダブルAで25本塁打、68打点を記録し、また2006年のスプリング・トレーニングでは打率.358という好成績を残す。これらが評価され、2006年はトリプルAをパスして一年間メジャーでプレイし、111試合に出場した。しかし打率.212、5本塁打、24打点という低調な数字に終わり、またマイナーでは毎年26個以上記録していた盗塁も11回走って6度しか成功出来ないなど、メジャーの洗礼を受ける年となった。

前年の不振を受けて、2007年はマイナーで出直しということになった。この年、トリプルAでは93試合の出場で打率.323、17本塁打、55打点、41盗塁、OPS.944という過去最高の数字を残したが、メジャーでは相変わらず結果を残すことが出来ず、35試合の出場で打率.197に終わった。

シーズン終了後、マーリンズから見切りをつけられたアバークロンビーは、10月11日ヒューストン・アストロズへと移籍する。

2008年はメジャーとマイナーを行き来し、メジャーではわずか60打数ながら打率.309を記録した。しかし一方マイナーでは前年に比べて軒並み成績が低下した。

続く2009年はメジャー昇格のチャンスに恵まれず、丸一年をマイナーで過ごした。そのマイナーでも、134試合で打率.271、11本塁打、52打点と、特別目を見張る数字を残すことは出来なかった。

2009年11月9日にフリーエージェントとなり、2010年スーフォールズに本拠地を置く独立リーグのスーフォールズ・フェザンツ(Sioux Falls Pheasants)でプレイしたが、メジャー復帰はならず。翌2011年2月23日には、メキシコカンクンのマイナーリーグのチームである、クィンタナ・ルー・タイガース(Quintana Roo Tigers)と契約した。

その他[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2006 FLA 111 281 255 39 54 12 2 5 85 24 6 5 4 1 18 2 3 78 2 .212 .271 .333 .604
2007 35 80 76 16 15 3 0 2 24 5 7 1 0 0 2 0 2 22 1 .197 .238 .316 .554
2008 HOU 34 60 55 10 17 5 0 2 28 5 5 2 1 1 1 0 2 23 0 .309 .339 .509 .848
通算:3年 180 421 386 65 86 20 2 9 137 34 18 8 5 2 21 2 7 123 3 .223 .274 .355 .629

関連項目[編集]

外部リンク[編集]