ラスタンサーガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラスタンサーガ
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケードゲーム[AC]
MSX
ゲームギア[GG]
PlayStation 2[PS2]
PlayStation Portable[PSP]
開発元 タイトー
発売元 タイトー
人数 1~2人交互プレイ
発売日 [AC]:1987年
[GG]:1991年8月9日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
その他 PS2版はタイトーメモリーズ 上巻に、PSP版はタイトーメモリーズ ポケットに収録
テンプレートを表示

ラスタンサーガ』(Rastan Saga)は1987年タイトーから稼働されたアーケードゲームである。

概要[編集]

ヨーロッパ風ファンタジー世界を舞台に、たくましい鋼の肉体を持つ蛮人の戦士ラスタンを操り、敵の城に乗り込みドラゴンを倒すアクションゲーム。4方向レバーで移動と、2ボタンによる攻撃・ジャンプでラスタンを操作する。

シリーズ作として、1988年稼働の『ラスタンサーガ2』、1992年稼働の『ウォリアーブレード』がある。また、アメリカのSaffire2002年に開発した、PlayStation 2ニンテンドーゲームキューブXbox用ソフトとして『Barbarian』と言うタイトルで発売された、3D格闘アクションがある。日本ではタイトーから2003年にPlayStation 2版とニンテンドーゲームキューブ版にて、『ウォーリアーブレイド ラスタンvsバーバリアン編』のタイトルで発売されたが、タイトーが開発したゲームではない為、ラスタンサーガシリーズとのゲームの関連性は殆どなかった。

またラスタンは、その肉体を生かし、1989年に稼働されたチャンピオンレスラーには選手として出場している。

ラスタンサーガ[編集]

ミスの条件[編集]

以下の条件でミスとなる

  • 体力が0のときにラスタンがもう一度ダメージを受ける。
  • 火の海や底なしの池、穴などに落ちる。
  • 地面から生える槍とタケノコに接触する。

ステージのボス[編集]

  • ステージ1 クラトン
ハルバードと5本以上の剣を持っている。
  • ステージ2 スライ
アクスで3回攻撃すれば倒せる。外見はただの人間の剣士の様に見えるが、まれに悪魔の様な翼が生え、飛ぶ事もある。
  • ステージ3 シュムプレーガデス
5方向に弾を撃つ魔法使い。
  • ステージ4 ラーイオス
竜騎士。攻撃力が高いため、強敵。
5頭の蛇。

アイテム[編集]

アイテムはステージの決まったところに設置されている他、特定の敵を倒すと出現するものがある。 武器、防具、強化アイテム、その他アイテムに分かれており、武器や防具は同時に1種類しか持てない。 武器は手に入れてから約1分間有効で、設置場所が決まっているためパターン化しやすくなっている。

武器[編集]

武器は初期装備を含めて4種類ある。

ラスタンの初期装備。
  • 斧(アクス)
剣の2倍の攻撃力を持つ。
  • 炎の剣(ファイアソード)
剣の3倍の攻撃力を持つ。剣の先端から炎を飛ばすことができる。
  • ハンマー(鉄球)
剣と同等の攻撃力だが、攻撃が遠くまで届くようになる。

武器は一瞬後方に振りかぶってから前方に突き出すため、一瞬だが背中から後頭部付近にかけても攻撃判定が生じる。 ツルに捕まって崖を上ったところに敵がいる場合は、これを利用して、敵に背中を向けた状態で剣を振ることで、安全に敵を倒せるといったテクニックがある。

防具[編集]

防具は以下の3種類がある。

  • マント
敵との接触によるダメージを半減する。
  • シールド
敵から受けた攻撃によるダメージを半減する。
  • アーマー
敵の接触によるダメージ、及び攻撃によるダメージを半減する。

強化アイテム[編集]

  • 指輪
攻撃速度がアップする。武器と合わせて取る事で、炎の剣から出る炎の連射が出来るようになる。
防具の有効時間が延びる。

その他のアイテム[編集]

その他のアイテムは以下の通り。

  • 宝石
3種類あり、色によって得られる得点が異なる。
  • 体力回復剤
体力が少し回復する。
  • 毒薬
体力が少し減るが、代わりに高得点が得られる。
  • ゴールドシープ
体力が全回復する。特定の敵を倒した時のみ出現する。

備考[編集]

PlayStation 2版(タイトーメモリーズ 上巻収録)には、スコアを100万点以上にしてメモリーカードにセーブすると、次回ゲーム起動時に百万の位が切り捨てられ、7桁の得点になるというバグが存在する。

ラスタンサーガ2[編集]

ラスタンサーガ2
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケードゲーム[AC]
PCエンジン[PCE]
メガドライブ[MD]
PlayStation 2[PS2]
開発元 タイトー
発売元 タイトー
人数 1~2人協力プレイ
発売日 [AC]:1988年
[PCE]:1990年7月6日
[MD]:1990年8月10日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
その他 PS2版はタイトーメモリーズ 下巻に収録
テンプレートを表示

ラスタンサーガ2』(Rastan Saga2)は、1988年タイトーから稼働されたアーケードゲームラスタンサーガシリーズの第2弾である。主人公が「ラスタン」の称号を得る前であり、時系列的には前作よりも以前の話である。

基本ルール[編集]

8方向レバー、2ボタン(攻撃、ジャンプ)でラスタンを操作して、ボスを倒す。全5ステージ+1構成。制限時間あり。

ラストバトルの条件[編集]

ステージ5のボスを2人で倒すと1Pと2Pのプレイヤー同士の決闘になる。どちらか一方が勝った後エンディングへ。

前作との違い[編集]

2人協力プレイが可能になっている(PCエンジン版、メガドライブ版は1人プレイ専用)ため、1人がやられてもその場で復活できる仕様になった。

ミスの条件[編集]

  • ライフが0
  • タイムオーバー
  • 火や穴に落ちた時

外部リンク[編集]