マイケル・アーント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・アーント
Michael Arndt
Michael Arndt
出生地 バージニア州マクレーン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 脚本家
主な作品
リトル・ミス・サンシャイン
トイ・ストーリー3

マイケル・アーントMichael Arndt)は、アメリカ合衆国の映画脚本家。以前は俳優のマシュー・ブロデリックのアシスタントをしていたこともあった[1]。双子の兄弟がいる。

略歴[編集]

父親が外交関連の職に就いていたため、スリランカやインドなど様々な土地に住んだことがある。ニューヨーク大学のフィルム・スクール卒業[2]

初執筆となった『リトル・ミス・サンシャイン』の脚本で早くも認められ、アカデミー賞など多くの賞に輝く。この作品は2001年に書き上げたが、映画化の実現は難航し、完成して公開されるまで、5年の年月が費やされた。ちなみにこの作品のように、少年時代に家族でVWバスで長距離に渡る旅をしたことがある[3]

この成功の後、ディズニーピクサーによる大ヒットCGアニメ『トイ・ストーリー』シリーズの10年ぶりの新作となる『トイ・ストーリー3』の脚本家として抜擢された[4]

参照[編集]

  1. ^ Wood, Jennifer (2007年2月3日). “Family Values”. MovieMaker Magazine. 2008年7月9日閲覧。
  2. ^ Wloszczyna, Susan (2007年3月5日). “Writing for an Oscar”. USA Today. 2008年7月9日閲覧。
  3. ^ http://www.academyawards.com/oscarnight/winners/?pn=detail&nominee=LittleMissSunshineWritingOriginalScreenplayNominee アカデミー賞でのスピーチより
  4. ^ Daly, Steve (2007年2月16日). “'Toy'’s Out of the Attic”. Entertainment Weekly. 2008年7月9日閲覧。

外部リンク[編集]