ホシザキ電機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホシザキ電機株式会社
HOSHIZAKI ELECTRIC CO., LTD.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6465 2008年12月10日上場
名証1部 6465 2008年12月10日上場
本社所在地 470-1194
愛知県豊明市栄町南館3-16
設立 1947年昭和22年)2月5日
(星崎電機株式会社)
業種 機械
事業内容 全自動製氷機、業務用冷凍冷蔵庫食器洗浄機をはじめとする各種業務用厨房機器の開発・製造および販売
代表者 代表取締役会長兼社長 坂本精志
資本金 78億50百万円
発行済株式総数 72,212,250株
売上高 連結:1788億63百万円
単体:603億92百万円
2012年12月期)
純資産 連結:1263億89百万円
単体:924億58百万円
(2012年12月期)
総資産 連結:2017億87百万円
単体:1358億80百万円
(2012年12月期)
従業員数 連結:10267名
単体:1222名
(2012年12月31日現在)
決算期 12月31日
主要株主 財団法人ホシザキグリーン財団 8.03%
ホシザキグループ社員持株会 6.09%
坂本ドネイション・ファウンデーション(株) 4.40%
(2012年12月31日現在)
主要子会社 関連会社参照
関係する人物 歴代社長
外部リンク http://www.hoshizaki.co.jp/
テンプレートを表示

ホシザキ電機株式会社(ホシザキでんき、: HOSHIZAKI ELECTRIC CO., LTD. )は、全自動製氷機を中心に厨房機器を製造・販売している日本の業務用厨房機器メーカーである。

特徴[編集]

業務内容は、全自動製氷機(マーケットシェア70%)、業務用冷蔵庫(マーケットシェア50%)、食器洗浄機(マーケットシェア46%)、ビールサーバー(マーケットシェア75%)等、各種厨房、飲食、鮮度管理に関わる機器の他、電解水生成装置をはじめとして農業医療福祉などに関わる分野の製品を開発、製造、販売、サービスを行っている。

2005年平成17年)、業務用冷蔵庫に初めてインバータ制御を導入し、約60%もの省エネルギーを実現させ、業務用冷蔵庫としては初となる「省エネルギーセンター会長賞」を受賞。

海外では、アメリカオランダイギリスシンガポール中国に現地法人を有する。アメリカイギリスに工場、8ヶ国に販売拠点を有する。2006年(平成18年)、米国2位の飲料ディスペンサーメーカーであるランサー社を買収した。

子会社として、日本国内に15の販社と約450の営業所がある。営業マンが足を使って訪問販売に走る、いわば人海戦術で販売し続けるのが、ホシザキの営業スタイルである。

歴代社長[編集]

  • 初代社長 坂本薫俊
  • 二代目 稲森總一郎
  • 三代目 坂本精志

沿革[編集]

関連会社[編集]

日本国内[編集]

  • ホシザキ北海道株式会社
  • ホシザキ東北株式会社
  • ホシザキ北関東株式会社
  • ホシザキ関東株式会社
  • ホシザキ東京株式会社
  • ホシザキ湘南株式会社
  • ホシザキ北信越株式会社
  • ホシザキ東海株式会社
  • ホシザキ京阪株式会社
  • ホシザキ阪神株式会社
  • ホシザキ中国株式会社
  • ホシザキ四国株式会社
  • ホシザキ北九株式会社
  • ホシザキ南九株式会社
  • ホシザキ沖縄株式会社
  • 株式会社ネスター
  • サンセイ電機株式会社

海外[編集]

  • ホシザキアメリカ
  • ホシザキホールディングス
    • ホシザキヨーロッパ(イギリス・オランダ)
    • ホシザキシンガポール
  • 星崎冷凍機械有限公司(上海)

スポンサー[編集]

現在はなし。 過去の提供番組

など各スポンサーとして企業CMを流していた。

スポーツ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • 東芝機械 - 一時期、販売を委託していた。製品にはTOSHIBA・HOSHIZAKI両ブランドが併記されていた。
  • 噴水型ジュース自動販売機 - ホシザキ電機が開発・製造・販売していた「オアシス」が日本中を席巻していた。上部に付いている透明ドーム状ディスプレイに商品であるジュース(備え付けの紙コップに注いで飲用するスタイル)液体が噴水状に噴出し、一見、内部のジュースを汲み上げて循環させているかの様に見えるが、実際は完全に分離されている。人工甘味料チクロ使用が認められていた頃の一杯分の料金は10円。法規制後は20円に値上げされた。 参考画像
  • 名古屋デザイン博 - ホシザキ電機も出展していた。創業者出身地(島根)でも同社のCMを流しているため、山陰中央テレビなど山陰の放送局のローカル枠でデザイン博の映像を使ったCMが流れた。

外部リンク[編集]