チクロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サイクラミン酸ナトリウム
チクロ 構造式
IUPAC名 N-シクロヘキシルスルファミン酸ナトリウム
別名 チクロ
分子式 C6H12NNaO3S
分子量 201.22
CAS登録番号 [139-05-9]
形状 わずかにベージュ色を帯びた板状結晶
融点 >300 °C

チクロサイクラミン酸ナトリウム)は、人工甘味料のひとつ。IUPAC名N-シクロヘキシルスルファミン酸ナトリウム sodium N-cyclohexylsulfamate。甘さは砂糖の30倍から50倍といわれる。後味がわずかに苦い(特に高濃度の場合)が、サッカリンアセスルファムカリウムほどではなく、それらの高甘味度甘味料に比べてすっきりした砂糖に近い甘味をもつ。1937年にアメリカのMichael Svedaが発見した。

製法[編集]

スルファミン酸シクロヘキシルアミンの混合物に水酸化ナトリウムを反応させて得られる。

危険性[編集]

チクロはFDAにより発癌性催奇形性の疑いが指摘されたため、アメリカ日本1969年食品添加物の指定を取り消し、使用が禁止された。ただしこれらの結果を否定する一部の研究結果や、アボット・ラボラトリーズ社の働きかけにより、中国カナダEU圏など約55ヶ国では現在でも使用されている。このように各国の食品行政の対応が異なるため、輸入食品回収事件の原因となることもある。

日本においては1969年の使用禁止をきっかけに、いくつかの食品菓子で甘味料が変更されることになった。当時に、砂糖のみを使用した商品では砂糖使用であることを明示するためラベルに「全糖」という表示が付けられた。しかし、味が変化したり、廉価なチクロが使えなくなったことによる価格上昇で売上を落とし、姿を消した商品もある。他方で、これを機に砂糖や天然由来の甘味料、アミノ酸ベースの甘味料に切り換え、現在に至るまで販売されている商品もある。

関連項目[編集]