フォルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フォルムラテン語: Forum, 複数形は Fora)は、古代ローマ都市の公共広場[1]のことである。帝政時代のフォルムは四周をバシリカ元老院神殿などの公共施設や列柱廊で取り囲まれた計画的なオープンスペースとなり、屋根のない公共建築の観を呈するのが普通であった[2]

フォルムは、幹線道路上に集落が形成されるとき、その中心に商店などが集まる広場として造られた場所を起源としている。町が発展し都市となると、フォルムは商業活動の中心だけでなく、政治・司法の集会、宗教儀式、その他の社会活動が行われるオープン・スペースであり、また市民生活の上で最も重要な都市施設となっていった。

古代ローマの都市は、フォルムを中心として東西・南北の大通りであるデクマヌス・マクシムスおよびカルド・マクシムスが造られ、その軸線を基準とした碁盤の目状の都市計画がなされた[3]。フォルムの広さは市民の人口に応じ、形は3対2の比率の長方形とされた。フォルムの北端にはユピテル神殿などの神殿やバシリカが建てられるとともに、フォルムに面した神殿の階段は選挙演説を行う場所としても使われた。こうした典型的なフォルムは、帝政時代の計画都市であった北アフリカのローマ都市に多く、東方属州の都市は、むしろこ古代ギリシアのアゴラに近い自然発生的な広場が多かった。

古代ローマの首都である都市ローマには、最も初期に形成されたフォルム・ボアリウム共和政期に国家の中心として整備されたフォルム・ロマヌム、フォル・ロマヌムが手狭になったため、帝政期に新たに整備されたフォラ・インペラトラムがなどがある。

フォルムの機能は、古代ギリシア都市の『アゴラのそれとほぼ同じであった。アゴラとの違いは、規模がフォルムの方が際だって大きいこと、空間が都市化の進展にともなって矩形に整備されたこと、周囲に列柱廊をめぐらせるようになったことなどである。 現代において似た機能を果たす都市施設としては、イタリアではピアッツァ、スペイン語圏のプラザ、ドイツ文化圏のマルクト広場などがある。

フォルムの主要施設[編集]

参考文献[編集]